最新型のハイドロキノンが配合されたモンドセレクション受賞美白化粧品はこれ!

ハイドロキノンは今やポピュラーな美白美容成分になってきました。
耳にする事も多く、認知も高まっています。

日本では化粧品への配合は2%までと定められています。
シミの予防と既に出来てしまっているシミを薄くする漂泊機能のあるハイドロキノンですが、実際に美白効果と問題点も踏まえて紹介します★

公式サイト↓

公式サイト↓

ハイドロキノンの美白効果と問題点

美白化粧品においてもっともポピュラーの美白成分の一つ!
ハイドロキノンの美白効果とは具体的にどういうものなのか…ハイドロキノンの問題点も一緒に解説していきます★

ハイドロキノンの美白効果について

そもそもシミの原因である【メラニン】がどうやって出来るか知っていますか?

肌の層の中に基底層と呼ばれる表皮と真皮の間にある層があります。
表皮は角質層などのある上の層で、真皮はコラーゲンやエラスチンがある肌の弾力を司っている層です。

基底層は表皮と真皮の間にあり、基底細胞と呼ばれるものでできています。
基底細胞の10個のうち1個がメラニンを作っているメラノサイトと呼ばれる細胞です。

メラノサイトは肌を紫外線の刺激から守る為に、紫外線の刺激を感じるとメラニンの元である【チロシン】や【チロシナーゼ】を放出します。
チロシンがメラニンの元となるもので、このチロシンを酸化させて黒くするのがチロシナーゼです。

初めは透明のチロシンも、チロシナーゼにより酸化するたび変化してチロシン→ドーパ→ドーパキノン→メラニンと変わっていきます。
そもそもチロシンが黒くならなければ肌はくすみませんしシミも出来ないんです!!

ハイドロキノンの働きは、このチロシナーゼの邪魔をして、チロシンを酸化させず、黒くさせないというもの!
いくらチロシンが作られたとしても、黒くならなければシミやくすみ原因にはなりません★

ハイドロキノンの問題点について

ハイドロキノンは高い美白効果がある半面、とっても不安定という問題点がありました。
酸素に触れると酸化しやすく、光や熱にも弱かったんです。

これでは化粧品にそのまま配合しても、空気に触れる度に酸化してしまいますし、熱にも光にも晒される事で働きがどんどんと弱っていきます。
この問題点を克服しない限り、化粧品に配合しても本来の働きは出来ません。

そこでハイドロキノンを新たな成分へと進化させる必要性が出て来たのですが!
その前に、美白化粧品について間違った知識を持っている人がかなり多いので、少しシミと美白化粧品について説明したいと思います。

公式サイト↓

公式サイト↓

知っておこう!美白化粧品で改善出来るシミの種類

そもそも美白化粧品を使っていれば全てのシミが消える!という訳ではありません。
さらに「シミが消える!!」という文言は薬事法により使う事が出来ません。

本当にシミに効果的な美白化粧品であっても、シミをケアする!シミを薄くする!とは宣伝出来ても「シミが消える!」とは宣伝出来ない訳です。
さらにシミの種類によってはどんな美白化粧品を使っても薄くならないシミもあります。

ここが勘違いしやすいところで、美白化粧品に配合出来る成分には限りがあり、全てのシミに適応していないという事です!!
過度な期待はNG!!

まずは自分のシミが美白化粧品で消す事の出来る種類なのかを確認してみて下さい★

シミの種類と原因

□老人性色素斑

特徴…濃淡や大きさにそれぞれ違いはあるが境界線がくっきりと分かるシミの代表格
一般的にシミと呼ばれるのはこのタイプ。
小さい物は日光性ホクロとも呼ばれ、大きいものだと2cm以上になる場合もあります。
色は薄い茶褐色から濃い茶色と様々あり、境界線がはっきりしているのが特徴的です。
老人性と付いてはいますが20代でも出来る事はあります。
最大の原因は紫外線によるものです。
シミになった後も、紫外線を浴び続ける事でどんどん濃くなっていく傾向にあります。
他にも洗顔やマッサージの際、肌を擦り過ぎる事による摩擦が原因になる事や、代謝が低下する事も原因になります。

□肝斑

特徴…女性ホルモンや摩擦が引き起こす左右対称広範囲に広がるシミ
左右対称に出るのが一般的で、目の際を避ける様に頬骨からこめかみに向かってコの字型に発生します。
額や口元にできたり、左右で大きさや位置が異なる場合もあります。
色は薄い褐色で、老人性色素斑よりももやっとした境界線をしています。
昔から第二子出産後に出やすいと言われており、30代から40代の女性に多いのも特徴です。
原因は紫外線の他、女性ホルモンが大きく関わっている事が分かっており閉経後、しばらくすると治る。
摩擦などの微弱炎症もこのシミを悪化させる要因になります。

□脂漏性角化症

特徴…盛り上がったシミで美白化粧品は効かない!
もともとあったシミの部分の角質が必要以上に分厚くなり、茶色く盛り上がってしまったもの。
長い年月のあいだ紫外線ダメージを受け続け、細胞のDNAがエラーを起こす事で発生。
歳を重ねるほどに出来やすく、30代で出来てしまう場合もあり。
顔や手といった紫外線にあたり易い場所にできる。

□雀卵斑

特徴…遺伝的な要素が強くメラニン生成過剰によって出来る
通称ソバカスと呼ばれるシミ。
小さくて茶色い点状のシミが鼻を中心にして左右の頬に広がる様に発生している。
親が出来ている場合は子供も出来やすく、色白の人に多く3歳頃から見られはじめる。
思春期の頃になると顕著になる場合が多い。

□炎症性色素沈着

特徴…ニキビ痕や掻きむしった跡が残る事で出来る
ニキビや虫さされ、かぶれ、傷、火傷などの炎症が起きたあとに、メラニンが沈着してできるシミ。
特にニキビを潰したり掻いたりした場合に起こりやすく、炎症が原因のため年齢に関係なく全身にできる可能性がある。
下着などがこすれる部分に現れる黒ずみもこのタイプのシミと同じ。

□花弁状色素斑

特徴…うっかり日焼けの結果、背中にできるシミ
急激な日焼けのあと、赤みが落ち着いてから発生するシミで、顔には出にくいのが特徴的。
老人性色素斑の様なシミもあれば、花弁の様な形をしていたりと様々な形状で現れるシミ。
色白人種などの色が白い人に多くみられる。

シミの種類ごとのケア方法

シミの種類①老人性色素斑

老人性色素斑のケア方法

美白化粧品で未来のシミを減らす事は可能で、今あるシミの改善も見込める。UVケアをしっかり行う事で、シミの悪化も防げる。
サプリや治療薬でビタミンCとEを摂取するのもおすすめです。レーザー治療も有効。

シミの種類②肝斑

肝斑のケア方法

美白化粧水でケアしながら肌を擦らないようにして摩擦を起こさない事が大事。マッサージ系の美顔器なども使用は厳禁。
擦らないようにしているだけで治る事もある。さらに微弱炎症の誘発をコントロールするトラネキサム酸の内服も効果的。

シミの種類③脂漏性角化病

脂漏性角化症のケア方法

美白化粧品は一切効かない、シミの進化系。クリニックでCO2レーザーや液体窒素などを用いて除去するのが一般的。
UVケアをしっかりと行えばなりにくいため、紫外線対策がマスト。

シミの種類④雀卵斑

雀卵斑のケア方法

メラニンが過剰に生成されてできるシミなので老人性色素斑と同じで理論上では美白化粧品は効くはずだが、消えない場合が多い。
UVケアと美白ケアはマスト。レーザー治療をして一時的に消えるものの、再発する事が多い。

シミの種類⑤炎症性色素沈着

炎症性色素沈着のケア方法

美白化粧品は有効で、できたばかりの場合はすぐにケアをする事で消す事も可能。レーザー治療をしてしまうと余計に濃くなってしまったり、広範囲に出来ている場合は肌の色ムラを起こす場合もある。
ハイドロキシンなどの塗り薬が効果的。

シミの種類⑥花弁状色素斑

花弁状色素斑のケア方法

美白化粧品によって多少の軽減は見込めるがあまり効果は期待できない。レーザー治療が確実で一番効果的。
急激な日焼けが原因で出来るので、海など強い紫外線に長時間あたる場合はしっかり日焼け止めを塗り、ウォータープルーフであっても2.3時間置きに塗り直す事で予防できる。

シミの種類まとめ!

老人性色素斑…もっとも消しやすいシミ。美白化粧水もレーザー治療も有効!

肝斑…美白化粧品でケア可能だけど摩擦を与えると悪化するので注意が必要!

脂漏性角化症…美白化粧品が一切効かないシミ…。レーザー治療のみ有効。しっかり紫外線ケアしていれば起きにくいシミ。

雀卵斑…美白化粧品は有効だけど効きにくい。レーザー治療しても再発する場合が多い。紫外線ケアと美白ケアの両方を行うと◎

炎症性色素沈着…美白化粧品のみ有効!レーザー治療で悪化する場合も!ハイドロキノンがもっとも適しているシミ。

花弁状色素斑…美白化粧品の効きは△、レーザー治療の方が効果的!日焼け止めをしっかり塗って予防するのが大事!

公式サイト↓

公式サイト↓

最強美白成分【新安定型ハイドロキノン】が登場!

新安定型ハイドロキノンって聞いた事ありますか?
美白ケアに有効な成分ハイドロキノンですが、上で説明したとおり不安定な成分なので中々効果的に働いてくれません。

そこで不安定なハイドロキノンを改良し、安定させたものが新安定型ハイドロキノンなんです★

安定型ハイドロキシンの美白効果

酸化や光、熱に弱いハイドロキノン…そのハイドロキノンをBCDACと呼ばれる物質で囲む事でハイドロキノンは酸化や熱、光によるダメージを受けなくなり安定したまま肌に浸透させる事が可能になりました!!
その名も【新安定型ハイドロキシン】!

肌に浸透すると徐々にBCDACがポコポコと取れていき、最終的に肌の奥でハイドロキノンが働きだすので、メラニンを作っているメラノサイト近くで本領発揮をしてくれます★
これにより今までハイドロキノンとは比べ物にならない程、美白に効果的な成分へと生まれ変わりました!

往来のハイドロキノン

・酸化しやすく不安定
・長持ちしないので効果も低い
・肌に浸透しにくいので効果が出にくい
・肌への刺激が強い

 

新安定型ハイドロキノン

・酸化の影響を受けにくい
・長持ちするので効果が高い
・肌に浸透しやすいので効果が出やすい
・肌への刺激が少ない

公式サイト↓

公式サイト↓

最新美白化粧品はモンドセレクションも受賞!

新安定型ハイドロキノンを配合している化粧品はこちら★

新安定型ハイドロキノン配合美白化粧品アンプルール

アンプルール【ラグジュアリーホワイトシリーズ】
トライアルセットなら¥6500相当を¥1500(税込)でお試し出来ます★

ハイドロキノンを2003年に初めて新安定型ハイドロキノンとして化粧品に配合したメーカーがアンプルールです!
アンプルールは全国のエステやクリニックでも採用されている信頼ある化粧品メーカーで、ウォブクリニックと協力のもと、最新テクノロジーを駆使して基礎化粧品を展開しています。

実はアンプルールのラグジュアリーホワイトには二種類のハイドロキノンが配合されています!

新安定型ハイドロキノン×ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノン誘導体とは美白有用成分であり、メラニンの生成を抑制しシミ・そばかすを防ぎます。
新安定型ハイドロキノンと合わせて使う事で働きが更に発揮されるんです★

さらにハイドロキノンをマイクロカプセルに内包する事で、肌への刺激を抑えて化粧品へ高配合する事に成功!
角質層ではマイクロカプセルが溶け、さらに深く浸透していく内にBCDACが解けて深い場所にまで美白効果を与える事が出来るんです★

さらにマイクロカプセルにはトリプルセラミドと呼ばれるセラミド1.2.6-2が配合されており、乱れた肌バリアを修復し、乾燥や刺激から肌を守ってくれ、潤いが長時間続きます。
さらにコラーゲン生成を手伝ってくれる浸透型ビタミンCや、肌を酸化と糖化から守り老化を防ぐ成分【アルファリポ酸】まで配合されています!!

アルファリポ酸の働き

紫外線や大気汚染によって肌内部には活性酸素が発生…活性酸素の発生により糖化原因となるAGFsまで発生してしまいます!!
AGEsとは上でも説明した強力な老化成分であり、活性酸素の大量発生によっても作られてしまうとっても危険なものです。

アルファリポ酸の優れた所はなんと言っても【酸化】と【糖化AGEs】の両方を抑制できるところ!!
肌に浸透したアルファリポ酸は肌細胞にダメージを与え老化を進めようとする活性酸素と糖化から肌細胞を守ってくれます★

これがいわゆる【抗酸化作用】と呼ばれるもので、アンチエイジングを行う際にはもっとも重要な要素になります。

公式サイト↓

公式サイト↓

最新ハイドロキノン配合の美白化粧品の口コミ

では実際に新安定型ハイドロキノン配合化粧品、アンプルールのトライアルセットを使った人の口コミを見てみましょう★

美白化粧品トライアルセットの口コミ

こちらはアンプルールの美白化粧品一週間分トライアルセットを使用した人達の口コミです!

・お値段は張りますが気になっていたシミが薄くなって欲しいので使い続けたいなと思っています。美白と保湿で、アラフォーエイジング対策にはほんとにおすすめです。

・美白スキンケアは乾燥するというイメージがありましたが、高保湿力ということも無いですが、乾燥もしません。意外な効果で、鼻の脂が抑えられて、ほとんど皮脂浮きしませんでした。

・30代になってから、シミと顔のくすみ?なのか、顔のトーンが暗いのが気になっていました。このトライアルを使い始めてから顔全体が明るくなり、旦那さんにも白くなった、と言われました!私のシミは時間がかかりそうですが、こんなにすぐに肌が明るくなる実感をしたのは初めてで、少しお値段が高めなのも納得です!!

・まだ目に見える効果は無いけどくすみが抜けて肌調子は良好。じっくり様子を見ながら使い切ってみようと思います!

・美白には期待出来ると思います◎1トーン明るくなったように感じました。続けていくうちに、お肌がふわふわになり、すべすべになったのがとても嬉しかった。1つだけでも普段のスキンケアに取り入れたい一品。

・とても好きなセットです。ぷるぷる、つやつや、という使用感はもちろんのこと、肌のトーンが明るくなったと思います。シミが気になる私にはぴったりのキットでした。もっと使いたいな~。

・最後まで使いきりましたが、美白効果が得られたと思います。スポット集中美容液はやっぱり高いだけあって、翌日あれ?ちょっとシミ薄くなってるかも??と思えました。

・私の肌にはあったようで、乾燥は気にならず三日目位から、わずかに肌が明るくなったように思いました。

アットコスメより引用

美白化粧品アンプルール美容液の口コミ

こちらは現品美白美容液を使った人達の口コミです!基本、美白化粧品は使い続ける事に意味があるので7日分のトライアルセットでは効果を感じにくい人も多いです。

・使用して4ヶ月程経過しましたが、少しずつシミが薄くなってきています。まだ1本目を使い切っていないので、コスパも良いと思います。

・スポット的に使用出来て、シミが徐々に薄くなってきた気がします。年齢と共に増えているのが、少しづつても効果が会われてる感じがして、嬉しいです。

・特に香りもなく、気になる箇所にピーポイントでピタッと密着アプローチしてくれるので使いやすい。箇所により差は出ますが、使う度に薄くなっていく気がします。

・両頬のあたりにシミのような影ができ気になっていました。夜洗顔後に頬と目周りのシミに少量塗って使っています。2週間経ち少しずつ薄くなってきました。効果が期待できそうなので、続けて使っていきたいアイテムです。

・現在2本目ですが、シミが薄くなってきました。普段コンシーラーを使用してますが、ある日つける部分が減ってきたな、と気が付き、気づきました。

・ハイドロキノンというと肌が弱い人は赤くなると聞いたこともあったので心配していましたが、まったく肌荒れはなく、シミもすこしずつ気にならなくなっている気がするので使い続けて様子を見ようと思います。

・1本使いきっていないので効果はまだわかりませんが、ニキビ跡は少し薄くなったようにも感じます。お店にいらっしゃった担当の方には、シミは最低半年は必要と言われたので気長に継続使用してみます。

・半信半疑で使い始めましたが、とにかく夜のお手入れに使い続けて、3番目。今まで進行して濃くなることが恐怖でしたが、ボヤーと浮き出てくる程度になりました!!やめたらまた元に戻ってしまうかもしれないので、信じて使い続けます!

・1本を夜、頬のスポット使用のみで約3か月にて使い切りました。使い切ったあたりから効果を感じました。毎年、夏はシミが濃くなりますが、今年は気にならない程度で収まりましたし、薄くなったような気がします。

アットコスメより引用

効果を感じた人の多くは1本~2本を使いきっている人と、やはり長く使う事で効果を得ていますね!

公式サイト↓

公式サイト↓

最新美白化粧品アンプルールの購入方法

美白化粧品アンプルールのお得な購入方法を紹介します★
公式で購入するのが多くの特典を受けられてお得です^^

新安定型ハイドロキノン配合美白化粧品購入方法

アンプルール【ラグジュアリーホワイト】トライアルセット一週間分 ¥1500(税込)送料無料

★セット内容★
・コンセントローションHQ110(3ml) ・ローションAOⅡ(20ml) ・薬用アクティブフォーミュラⅡ(8ml)
・エマルジョンゲルEX(10g) ・クレンジングミルクN(2包) ・ウォッシングフォームN(2包)


¥6500相当が初回限定で¥1500で購入可能!!

夜専用集中美白美容液は11ml ¥11000(税込)

口コミによるとワンポイント美容液なので三ヶ月は持つという声が!
コスパは悪くなさそうですね^^

まずは肌に合うかどうかを確かめる為にもお得なトライアルセットを購入するのがおすすめです★
今ならプレゼントも付いてきてお得ですよ♪


★関連記事★
飲む美容液で口コミ高評価なのはこれ!美白&ハリ&弾力まで叶える紫外線ケアサプリ
美白と保湿をWで叶える革命的な化粧品★超乾燥肌でも有効成分配合だから大丈夫!
化粧水おすすめランキングBEST30!たるみ・シワ・美白・ニキビそれぞれのベスト化粧水も
化粧品トライアルセットのおすすめ33選!美白・たるみ・乾燥など肌悩み別に紹介
日焼け後の正しいケアが美肌を作る!冷やすだけじゃ足りない?美白を取り戻す方法
スキンケア化粧品まとめ|シワ・たるみ・美白ケアにいい化粧品を美容ライターが28選紹介
30代の肌に透明感&弾力肌を取り戻す美肌トライアルセット!口コミ高評価★
スキンケアでくすみを払拭!誰でもできる簡単ケアで透明美肌を目指す方法

公式サイト↓

公式サイト↓


記事執筆にあたり参考にした専門書籍

『化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』著者…久光一誠
1997年、東京理科大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。

『おもしろサイエンス 美肌の化学』著者…福井寛
1972年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1974年広島大学大学院工学研究科修士課程修了。福井技術士事務所代表。受賞歴多数。

『いちばんわかるスキンケアの教科書』著者…高瀬 聡子
皮膚科医。ウォブクリニック 中目黒総院長。
慈恵医科大卒業後、同大に皮膚科医として勤務。2003年に化粧品「アンプルール」を開発。

『美容皮膚科ガイドブック第2版』著者…川田暁
1979年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部皮膚科医員。1988年防衛医科大学校皮膚科講師。1990~1992年カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。1997年帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授。

『化粧品成分検定公式テキスト』編…一般社団法人
化粧品成分検定協会

『スキンケアの化学』著者…田上八朗
1977年 – 1983年、浜松医科大学助教授。1983年- 2003年、東北大学医学部教授。皮膚科領域で多方面の研究を多数国際雑誌に発表し、皮膚科学にインパクトを与えた。

『美肌のために必要なこと』著者…北條元治
株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。

『日本化粧品検定1級対策テキスト』著者…小西 さやか
日本化粧品検定協会R代表理事。

『必要なのはコスメではなくテクニック』著者…長井かおり
ヘアメイクアップアーティスト。

『医者が教える食事法』著者…牧田善二
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です