フリーラジカルとは?アンチエイジングとも関わりがあるフリーラジカルの対処法

最近きく様になってきたフリーラジカルについて分かりやすく説明していきます。フリーラジカルが肌に及ぼす影響と、ケア方法も一緒に紹介★


フリーラジカルとは?

フリーラジカルとは分子の中の電子が対をなしていない、一対の電子のみの分子の事です。
通常は分子の中に対をなして存在している電子は、対になっている事で安定して存在しているのですが、フリーラジカルと呼ばれる分子は分子の中に電子が一対しか存在しないため、とても不安定で、対をなそうとする為、他の電子を奪おうとします。

フリーラジカルの前に肌の酸化について

肌が酸化するって聞いた事ありませんか?
肌は過度のストレスや紫外線、大気汚染の影響により肌の細胞が酸化し、錆びてしまう現象の事です。

細胞が錆びてしまうと再生が出来なくなり、老化が加速するとされています。
肌をくすませたりシミを作っているメラニンにも働きかける事で、シミやくすみも促進されてしまいます。

ではアンチエイジングの邪魔をする肌の酸化を進めているモノとは一体なんなのでしょうか?
その原因が今回紹介するフリーラジカルです。

フリーラジカルは大きく分ければ【活性酸素】になりますが、実は活性酸素には4種類存在しており、そのうち二つがフリーラジカルである活性酸素なんです。

フリーラジカルの種類

フリーラジカルには二種類あります。
【スーパーオキシド】と【ヒドロキシラジカル】がそれに当たります。

簡単に言ってしまうとこの二つは活性酸素の仲間です。
フリーラジカルより活性酸素の方が耳にする機会は多いのではないでしょうか?

まずスーパーオキシドですが、電子が対になっておらず高い反応性を持っています。
他の活性酸素に比べ活性力はそれほど強くないとはいえ、体内に存在しているスーパーオキシドティスムターゼという抗酸化酵素で還元され【過酸化水素】に変わります。

過酸化水素になると電子が二つになるのでフリーラジカルではなくなりますが、高い酸化力を持っており、肌を酸化させてしまいます。
過酸化水素となってフリーラジカルではなくなったスーパーオキシドは、安定感を得て動きが良くなり、生体膜も通貨してしまいます。

肌の中に入るとさらに【ヒドロキシラジカル】へ変化します。
肌の中でヒドロキシラジカルとなり、肌の細胞を損傷されるのです。

フリーラジカルである活性酸素は二種類存在しますが、最初はスーパーオキシドであり、肌の中に侵入した時点で細胞を破壊するヒドロキシラジカルに変化するという訳です。

活性酸素とは?

そして活性酸素ですが、フリーラジカルである二種類とは違いこちらは電子がしっかり対になっている活性酸素です。
種類としては【一重項酸素】と【過酸化水素】になります。

過酸化水素についてはスーパーオキシドが変化した存在で、次にヒドロキシラジカルになる物質の事です。

活性酸素の一種、一重項酸素とは?

スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカルについては説明しました。
残りの一重項酸素とは一体なんなのでしょう?

一重項酸素とはフリーラジカルではありませんが、電子が一つ足りない訳ではなく、二つ足りない状態の活性酸素です。
電子が二つ足りない分、酸化活性が強く細胞を酸化させるだけでは飽き足らず、コラーゲンなどのたんぱく質さえ破壊します。

老化の最もな原因となっているのがこの一重項酸素なんです!
とはいえもちろん細胞を破壊するヒドロキシラジカルも無視は出来ません。

フリーラジカルで老化する原因は?

フリーラジカル・活性酸素で肌が老化する原因は、肌が酸化する為です。

若いころは抗酸化酵素が働いているけれど?

肌にはフリーラジカル・活性酸素を除去する働きがしっかり備わっています。
しかし30代に突入すると活性酸素を除去してくれる抗酸化酸素の働きが弱ってしまい、フリーラジカル・活性酸素を完全に除去する事が出来なくなっていきます。

除去しきれなかったフリーラジカル・活性酸素はコラーゲンや肌の細胞を破壊し、メラニンを生成しているメラノサイトにも働きかけ、メラニンを大量に作らせてしまうんです。

フリーラジカル・活性酸素が発生する原因

上でも紹介したとおり、フリーラジカル・活性酸素が発生する原因は主に3つです。
【紫外線】【ストレス】【大気汚染】が主な原因とされています。

紫外線によるフリーラジカルと活性酸素の活性化

紫外線が肌にあたる事でフリーラジカル・活性酸素が発生するとされています。
紫外線による肌への刺激を軽減するために活性酸素は発生します。

紫外線には二種類あり、表皮にまで到達する紫外線B波と真皮にまで到達する紫外線A波です。
表皮に到達した紫外線B波によって表皮でフリーラジカル・活性酸素が発生し、真皮にまで到達した紫外線A波により、真皮でもフリーラジカル・活性酸素が発生します。

真皮には肌の弾力を司るコラーゲンとエラスチンがあり、この二つを作り出している繊維芽細胞も存在しています。
紫外線A波により発生したフリーラジカル・活性酸素はコラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、表皮に到達した紫外線B波によって発生したフリーラジカル・活性酸素で細胞を破壊されます。

ストレスによるフリーラジカルと活性酸素の活性化

体はストレスを受けるとそのストレスに対抗する為のホルモンを発生させます。
このホルモンの分泌と分解の過程でフリーラジカル・活性酸素が発生すると考えられています。

実はストレスによる影響を一番受けやすいのが30代。
ストレスは肌トラブルにも繋がり、エイジングを早める原因にもなってしまうんです。

大気汚染によるフリーラジカルと活性酸素の活性化

そもそも活性酸素とは外部の刺激から細胞を守ってくれる筈の存在です。
しかしその防御力が高すぎる為、多すぎてしまうと逆に細胞を傷つける事になってしまいます。

大気汚染を多く受け続ける事によって、活性酸素が大量に作られ、結果肌にまでダメージを与えてしまいます。

フリーラジカル・活性酸素を軽減する対処法

フリーラジカルと活性酸素を軽減するには、紫外線によるダメージ・大気汚染・ストレスを軽減させる必要があり、中々大変です。
ストレスについては自分に合ったストレス発散方法で軽減していくしか方法がありませんが、紫外線と大気汚染は軽減する方法がちゃんとあります。

紫外線と大気汚染から肌を守る方法は二つあります。
一つは肌のバリア機能を向上させる事、もう一つが大気汚染もカット出来る日焼け止めを一年中使う事です。

個人的には肌のバリア機能を高める事を推奨します。
肌のバリア機能を高める事で、あらゆる刺激から肌を守る事が可能ですし、日焼け止めを年中使うよりも断然肌に良いからです。

フリーラジカル・活性酸素・大気汚染をカット!

とはいえ直ぐにバリア機能を向上させるのも難しいですし、加えて日焼け止めを使う事でさらに肌の防御力をアップ出来ますので、肌に優しくて大気汚染もカット出来るおすすめの日焼け止めも紹介します。


このブログでも何度も紹介している商品【ナチュラグラッセ UVプロテクションベース】
公式商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN 3,456円(税込)

ナチュラグラッセの日焼け止めは紫外線・近赤外線・大気汚染のトリプルカットが可能です!
近赤外線は筋肉にまで浸透し、顔の筋肉からたるみ肌を作ってしまう危険な光です。

さらに紫外線吸収剤を使用していないノンケミカルでアレルギーや肌トラブルの心配もありません。
通常、ノンケミカルの日焼け止めは白浮きしてしまうのですが、ナチュラグラッセの日焼け止めは独自技術により白浮きせず、キレイに肌の上に均一に伸びるので密着感にも優れており、下地として使う事も可能です。

洗顔石鹸で落とせるのも嬉しいところです。
紫外線カット率もトップクラスです。

公式商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN 3,456円(税込)

公式サイト↓

バリア機能を高めてフリーラジカル・活性酸素を発生させない肌に

肌の断面図は一番上のイラストの様になっています。
バリア機能が低下していると紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまい、フリーラジカル・活性酸素も沢山発生してしまいます。

肌のバリア機能を高め、紫外線や大気汚染に負けない肌を作る事がフリーラジカル・活性酸素を発生させない一番いい方法です。
では肌のバリア機能とはどうやって向上させればいいのでしょうか?

肌のバリア機能は正しいスキンケアで向上できます。
え?そんな簡単な事なの?って思いますよね?

そうなんです、実は簡単な事なんです。
でも意外とこれが出来ていない人って多いんですよ!

スキンケアは基礎化粧品を正しい順番に、正しい数だけ使う必要があります。
べた付くのが嫌だから乳液やクリームは使わない…そんな人は要注意!

化粧水だけでは肌の保湿が低下し、結果バリア機能の低い肌になってしまうんです。
バリア機能とは肌の角質層にあるラメラ構造の事。

肌のバリア機能がしっかり機能していれば、紫外線も大気汚染もちゃんとカット出来るんです!
けど肌が乾燥してしまう事でバリア機能は低下してしまいます。

ラメラ構造が何で出来ているかというと【水分】と【油分】なんです!
この二つをしっかりケアしないと肌は保湿されません。

油分とはセラミドの事で、セラミドが肌の水分を閉じ込めて抱え込んでいます。
肌を保湿するとは水分と油分をバランスよく肌へ与える事であり、水分だけでは不十分なんです。

また、適量をしっかり使う事も重要です。
500円玉一個分や、100円玉一個分と化粧品には書かれていますよね?

その量を守らないと肌はしっかり保湿出来ません。
適量って思っているより結構多いんです。

またヒト型セラミド入りの化粧水を使うのもおすすめです。
ヒト型セラミドとは肌にあるセラミドと同じ形をしているので、肌に馴染みやすく手っ取り早くバリア機能を向上させる事が可能です。

セラミド入りのおすすめ基礎化粧品はこちら↓


ピュアセラ美容オイルミニボトル ¥500(初回限定)


クレチュールジェレローション ¥1980(初回限定)


エセナ リペアローション ¥2500(初回限定)


グラングレースローション ¥2800(初回限定)


オールインワン トリニティライン ¥1900(初回限定)

どれもセラミド入りで保湿力の高い基礎化粧品です。
自分の肌に合いそうなものを選んでみて下さいね★






★こっちの記事も合わせて読む★
お金をかけずにアンチエイジング!すぐに出来るお手軽ケア方法10選で若返り
アンチエイジングにアスタキサンチンが良い訳|おすすめ化粧品や食べ物も紹介
アンチエイジングには医薬品がいい?医薬部外品&アンチエイジング化粧品7選
アンチエイジングにはヒト幹細胞を使うべし!美容ライターおすすめ化粧品3選
アンチエイジングの美容オイルはどれがいい?本当にいい美容オイルだけを紹介
美容ライターおすすめのアンチエイジングスキンケアはこれ!若返り化粧品の最高峰
30代美容ライターが本気で推す【たるみ・毛穴】に効く化粧品&ケア方法2019
アンチエイジングで若々しい肌を保つ!化粧品・食べ物・運動・マッサージ方法まとめ
30代・40代のアンチエイジングと美容ライターおすすめ化粧品30選|2019
30代から始めたい美肌作りまとめ【2019】美容ライターおすすめ化粧品30選
脂性肌におすすめスキンケア方法と基礎化粧品まとめ|人気オイリー肌化粧品19選
脂性肌の特徴とオイリー肌におすすめスキンケア化粧品|テカリ肌を改善!
【2019】脂性肌におすすめ乳液12選|上手な使い方とオイリー肌のケア方法も紹介
【テカリ防止化粧下地12選】オイリー肌をなかった事にする優秀下地は?
脂性肌の特徴とオイリー肌を改善するスキンケア化粧品33選!2019最新版
オイリー肌の朝洗顔の仕方は?おすすめの洗顔料と肌質チェック方法の紹介
オイリー肌とインナードライの違いは?それぞれのおすすめスキンケアも紹介
テカリ防止化粧水まとめ|見苦しいテカテカ、ギトギト肌は女子力低下の元!
インナードライ肌にはアルージェ!実際に使用したレビューとおすすめスキンケア
インナードライを改善するならクレンジングと洗顔料の見直しから始めよう!
インナードライは下地を使う前にスキンケアでしっかり保湿するのが一番重要!
【2019/6/発売】テカリ防止の優秀アイテム|コーセー新作コスメを試したのでレビューまとめ
インナードライの化粧水は保湿力で選ぶ!保湿力が高いおすすめ化粧水10選|2019
アンチエイジングは何からすればいいの?エイジングケアの前にお肌の準備をしよう
意外と知らないアンチエイジングの真実!これさえ知っていれば老けない肌になれる!?
アンチエイジングはヒト幹細胞が配合された化粧品を使うしかない!おすすめ化粧水
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?
【2019】美容ライターのおすすめ化粧水12選|乾燥肌用や口コミ、プロ御用達も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です