意外と知らないアンチエイジングの真実!これさえ知っていれば老けない肌になれる!?

“アンチエイジング”と聞くと、どういうイメージを持ちますか?
肌にいい事は何となくわかるけど、具体的には説明できない…。

女性でも多くの人のアンチエイジングの印象はそんな感じです。
でもちゃんと調べて見ると、意味は別にむずかしくありません。

今では髪や洗濯物にまでアンチエイジングという言葉が使われています。
では具体的にアンチエイジングの言葉の意味と美容に対する意味を見てみましょう。

そもそもアンチエイジングの意味とは

アンチエイジングの言葉の意味としては【抗老化】という意味になります。
肌や髪について使う場合は肌や髪の抗老化対策&再生対策になりますが、洗濯物など無機質のものに対しては主に“再生”という意味で使われているのではないかと思います。

つまりは傷んでしまった洗濯物を洗剤の力で“再生”する、という意味が含まれています。
化粧品においては肌を再生、あるいは若々しく保つ、という意味で使われます。

アンチエイジング化粧品とは?

化粧品においてアンチエイジングという言葉を使う場合、ほとんどが【エイジングケア】化粧品として使われ、アンチエイジングとは呼びません。

これは薬事法に則った言い方で、アンチエイジングという言葉は化粧品において、使ってはいけないと薬事法で定められているためです。

なので基本的にはアンチエイジング化粧品、というものはありません。
エイジングケアができる化粧品、が正しい言いまわしになります。

エイジングケアとは、“年齢に合ったお手入れ”であるとメーカーのPR記事に小さく注意書きが記載されています。
これも薬事法で決まっているので、わざわざ小さくこんな文言を乗せているんですね。

私がどこかのメーカーの商品を名指しで紹介する場合にも、薬事法が適用されるので同じ書き方になってしまう、という事でもあります。
では実際に【肌を再生】してくれる化粧品は存在しないのか、と聞かれると答えは“NO”で、実際に肌の再生を促してくれる化粧品は存在します。

ただ、薬事法に則っているからこの化粧品は肌が再生しますよ!とは書けないというだけです。
ここでポイントなのが、実際に肌を再生できる化粧品でも、ただお手入れするだけの化粧品でも、同じく“エイジングケア”化粧品、という文言が使われているという点。

何故そんな事になってしまっているのかというと、エイジングケア化粧品はこうでなければならない、という規定が存在していないからなんです。
では本当に肌が再生する化粧品と、年齢に応じたお手入れだけしか出来ないエイジングケア化粧品はどう見分ければいいのでしょう?

これはもう成分で見分けていくしかありません。
といっても、実際に肌の再生を促してくれる成分は多くありませんので覚えるのは簡単です。

アンチエイジングに繋がる成分と、実際に肌の再生を促す成分の両方が、今のエイジングケア化粧品と呼ばれるものです。
もちろんそのどちらの成分も入っているのが理想的ではあるので、出来ればいくつか覚えてしまった方が化粧品選びの時には効率的です。

では実際にエイジングケアと呼ばれる成分を紹介していきますので、自分が気になった成分名だけは覚えておきましょう!

ハリと弾力をアップしてくれる成分

・ビタミンC誘導体…コラーゲン修復
・ビタミンC誘導体APPSやAPIS…コラーゲン修復
・レチノール…別名ビタミンA。肌のハリアップや肌荒れを防止
・ナイアシン…血行促進でターンオーバー促進
・レスベラトール…ターンオーバー促進
・アロエステロール…コラーゲン分解抑制

ターンオーバーを促進する事で細胞を活性化出来るので、コラーゲンやエラスチンを作っている繊維芽細胞にも働きかけてくれます。

たるみ予防をしてくれる成分

・アスタキサンチン…抗酸化作用
・リコピン…抗酸化作用
・ビタミンE…抗酸化作用
・コウキエキス…抗酸化作用
・プラチナ…抗酸化作用
・ツモツケソウエキス…抗酸化作用
・フラーレン…抗酸化作用

抗酸化作用のある成分は、肌を酸化から守りあらゆるエイジングから肌をケアしてくれます。

肌を保湿してくれる成分

・加水分解コラーゲン…保湿と保護膜生成
・ヒト型セラミド…高い保水力
・ヒアルロン酸Na…保湿成分
・アセチルヒアルロン酸…高い保湿成分
・プラセンタエキス…高い保湿成分と血行促進、抗酸化作用

肌の弾力とハリのケアに合わせて保湿の高い成分が配合されている化粧品を選びましょう。
肌の乾燥はエイジングを加速させ、肌をたるませる原因になります。

肌を再生してくれる成分

・ヒト幹細胞培養液…幹細胞を活性化

ヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品は少しお値段は張りますが、肌を根本から再生する事の出来る成分です。
幹細胞を強制的に活性化させる事によってターンオーバーを理想的な周期に近付け、あらゆるエイジングをケアする事が可能です。

コラーゲンやエラスチンを作っている繊維芽細胞も幹細胞なので、ヒト幹細胞培養液によって活性化し、コラーゲン生成を促す事が可能です。


上で紹介した中で、肌の再生を促してくれる成分は【ヒト幹細胞培養液】が配合されている化粧品だけになります。
ただ、もっと細かくいうと、ヒト幹細胞培養液は成長因子であるたんぱく質の事で、成長因子の種類はいくつも存在し、その多くが含まれているのがヒト幹細胞培養液であり、成長因子の中の一つ、あるいは二つだけを配合している、という化粧品もあります。

アンチエイジングにおすすめ成長因子の種類

EGF 上皮成長因子 細胞と成長の増殖の調節に重要な役割
FGF 繊維芽細胞成長因子 真皮層を構成する繊維芽細胞に働き掛け、コラーゲンやエラスチンの組織を整える
HGF 幹細胞成長因子 肌組織の細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、形態形成誘導、血管新生などの組織再生に関わる
PDGF 血小板由来成長因子 損傷を受けた表皮細胞の再生を促進、コラーゲン合成促進に関わる
KGF ケラチン細胞成長因子 ターン―バーを正常な状態に戻し古い角質を除去する働きに関わる
VEGF 血管内皮細胞成長因子 新生血管を形成するための大きな役割に関わる

 

老化原因を知れば効果的なアンチエイジングができる

アンチエイジングに繋がる成分については大方説明しました。
けどアンチエイジングを効果的に行うには老化原因を知らなければなりません。

というか老化原因を知っていれば高い化粧品に頼らなくても自分でケアする事が可能です。
肌が老化する原因というと難しく感じますが、実はとっても簡単です★

肌が老化する原因はこれだけ!

肌が老化する原因は20%が加齢による衰え、では残り80%が何かと言うと、太陽による太陽光なんです!
太陽光とは【紫外線】【近赤外線】の事で、中でも近赤外線が肌にもたらすダメージは最近の研究により明らかになりました。

これまで、私たち人間は時間の経過と共に肌は衰え老化していくのだと考えていました。
しかし、実際にはそうではなく、太陽の光に当たり続けていたからこそ、肌はダメージを受け続け老化するという事が明らかになりました!

地球上には太陽光が長くあたる場所と、そうではない場所があり、その二か所に住む人の皮膚を調べたところ、老化スピードに大きな違いがある事が分かったのです。
それにより、人間の皮膚は加齢で老化が進むのではなく、太陽光によって顕著な老化現象が起こっている事が発見出来ました。

紫外線にはA派とB派の二種類が地上10%ほど達しており、近赤外線はなんと50%も地上に達しています。
実は近赤外線は皮膚の皮下組織にまで浸透してしまい、筋肉をたるませる原因に!

紫外線B派はメラニンを生成するメラノサイトがある基底層にまで達し、肌を黒く焼いてしまいます。
紫外線A派はコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を司っている真皮にまで達し、コラーゲンやエラスチンを破壊するだけでなく、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生みだしている繊維芽細胞まで破壊してしまいます!

これら太陽光のダメージは、私たち人間の肌の80%もの老化原因になっていたんです。
そして紫外線や近赤外線は一年を通して降り注いでおり、紫外線が強く感じる時期以外にも地上に沢山降り注いでいます。

夏場に強く感じる紫外線は、主に肌を黒く焼く紫外線B派であり、A派や近赤外線は一年中同じ様に地上に降り注いでいるのでUVケアは実は一年を通して行わなければなりません。
夏場だけ日焼け止めなどでUVケアを行っても、肌が黒くならないだけで塗っていない間中、肌を老化させる太陽光は降り注いでいるんです!

さらに日焼け止めによっては紫外線A・B派だけはカット出来ても近赤外線まではカット出来ないものもあります。
日焼け止めを選ぶ時は、A・B・近赤外線・大気汚染までカット出来るものが一番望ましいです。

というのも排気ガスなどによる大気汚染も肌にダメージを与えているからなんです。
この三つをしっかりカット出来る日焼け止めはこちらがおすすめ。

ナチュラグラッセ【UVプロテクションベース】30ml ¥3200(税抜)
商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

何故ナチュラグラッセにおいて不動の人気を誇っているのか、その理由を徹底的に探ってみました!
まずUVプロテクションベースは紫外線吸収剤は使われていません!

配合されているのは紫外線散乱剤のみ!
実は紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めがハワイで使用禁止になったって知ってましたか?

詳しい事は分かりませんが、もしかしたら紫外線吸収剤の危険性を考慮しているのかもしれません。
紫外線吸収剤は肌に塗るととても見た目が良く使い心地に優れてはいるのですが、肌に合わない人も結構いて、肌トラブルを引き起こしてしまう人もいるんです。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱に変換して肌の外に放出するという機能があるのですが、熱に変換する際に化学反応が起きています。
化学反応を起こしている時に、肌に刺激を感じる人もいるとか。

さらに紫外線吸収剤はアレルギーを引き起こしてしまう場合もあるそうです。
ナチュラグラッセが採用する肌に優しい紫外線反射材は【酸化チタン】を使用しています。

酸化チタンは危険!という煽りブログもある様ですが日焼け止めとして使う分には特に問題はありません。
肌への刺激も少ないので敏感肌の人にもおすすめです。

ただ、紫外線散乱剤は効果が薄いとも言われています。
しかしナチュラグラッセのUVプロテクションベースはカット率がかなり高いのが特徴。

光ダメージの種類 カット率
紫外線カット SPA50+ PA+++
ブルーライトカット 97.2%カット
近赤外線カット 92.9%カット


SPAとは肌が日に当たりだした15~20分で肌が焼け始めるのに対し、何分肌が焼けるのを遅らせる事が出来るかを示しています。

SPA20なら日焼けにかかる時間を二倍にできるという意味なので、15~20分×2=日焼けまでにかかる時間となる訳です。

ナチュラグラッセのUVプロテクションベースはSPA50+なので5倍以上日焼けまでにかかる時間を延ばせるという訳です。
ちなみにSPAは紫外線B波に対しての効果ですが、PAは紫外線A波に対する効果になります。

*PAとは紫外線A波の防止効果を示す数値です。

PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある

 

ナチュラグラッセの日焼け止め、UVプロテクションベースはPA+++なので非常に効果があるという訳です。
実際炎天下に長時間いる訳ではないので、PA++くらいあれば事足りるらしいですよ。

アンチエイジングで重要なのは2つだけ

アンチエイジングで重要な1つ目は、上で説明したとおり、一年中UVケアを行う事と、あともう一つ。
保湿ケアをしっかり行う事です!

アンチエイジングには保湿ケアが重要!

一番上のイラストが簡単な肌の構造です。
肌の構造の一番上の角質層は、死んだ細胞の層で出来ており、死んだ細胞が重なって出来た角質層の隙間には、水分と脂分であるセラミドの層が出来ています。

肌の薄皮だけが切れたり取れたりしても痛みを感じないのは、死んだ細胞の層で出来た角質層が取れているだけだからなんです。
死んだ細胞には神経が通っていないので痛みはありません。

髪や爪も死んだ細胞で出来ているので切っても痛くないのと一緒ですね。
そして角質層にはバリア機能が存在しています。

死んだ細胞である角質細胞の隙間にある水分と油分であるセラミドが、様々な菌や水滴、有害な太陽光の侵入を阻んでくれているんですが!
実はここが乾燥してしまうと干からびた大地の様にカラカラになる事によって、細胞間に隙間が出来てしまい太陽光などのエイジングの元となるダメージが肌の奥に侵入しやすくなってしまうんです!

紫外線により基底層を破壊されてしまうと、致命的なシワが出来てしまいます。
そうならない為には、肌をしっかりと保湿しバリア機能を向上させる必要があります。

角質細胞の隙間にある水とセラミドはキレイに層になっています。
水分は体の中からどんどん補填されていきますが、セラミドはターンオーバーの過程で作られます。

加齢とともに肌が乾燥する原因は、実はターンオーバーの遅れが原因なんです!
ターンオーバーとは基底層で生まれた細胞が最終的に死んで角質細胞となり、アカとして肌から剥がれおちるまでの一連の働きの事で、理想的な周期は28日間とされています。

このターンオーバーが理想的に働いていると、メラニンによって黒くなったりシミになってしまった肌も最終的に角質細胞となり肌の外に剥がれおちてなくなってくれるのですが、加齢と共にターンオーバーが遅れていくと、古い細胞がいつまでも肌に残ってしまい、何だかくすんでゴワゴワとした肌になってしまうんです。

それどころかターンオーバーと共に作られるセラミドの量も減ってしまう為、肌は徐々に保湿されなくなってしまいます。
水分は水分単体では肌に留まっている事が出来ません。

油分であるセラミドが水分を抱え込み閉じ込めているからこそ、肌は保湿され柔らかく動かす事が出来るんです。
つまり、肌をしっかり保湿しようとするなら、水分と油分、両方を補填する事が必要です。

セラミドが配合されている化粧水やクリームが中でもおすすめです。
天然のヒト型セラミドなら、肌に馴染みやすくしっかりと肌の水分を抱え込んでくれます。

アンチエイジングを行うには、まずこの保湿をしっかり行わなければいけません。
いくら肌の再生を促しても、肌が保湿されていなければエイジングは加速の一途をたどってしまいます。

肌再生に繋がるアンチエイジング化粧品は?

肌の再生に繋がるアンチエイジング化粧品として紹介できるものは、ヒト幹細胞培養液や成長因子が配合されている化粧品だけです。
その中でも私がおすすめするエイジングケア化粧品をいくつか紹介します!

おすすめヒト幹細胞化粧品①アクティバート

公式サイト→幹細胞コスメ【アクティバート】

アクティバートの基礎化粧品は3種、そしてスカルプケアが一種展開していますが全てにヒト幹細胞培養液が配合されています!
中でもおすすめなのが01のブースターローション★

お値段は¥12800とそこそこしますが、ヒト幹細胞培養液だけではない凄い化粧水なんです!
まず化粧水に配合されている美容成分の全てが荷電処理されています。

荷電処理とは美容成分同士がくっつくのを防ぐ技術の事です。
なぜわざわざ美容成分同士がくっつくのを阻止しているのかというと、実は美容成分は他の成分とくっつく事で効果が低下してしまうんです!

それを阻止するためにアクティバートは荷電処理を設けています。
さらにこの化粧水、ブースターの役割もあるので一番最初に使う事でその後に使う基礎化粧品の浸透力をアップしてくれるんです!

アンチエイジングにおいて成分の浸透率はとても重要です。
せっかくいい成分が配合されていても、成分同士がくっついてしまったり、浸透せず肌の上に乗っているだけでは意味がなくなってしまうんです。

ヒト幹細胞培養液だけでもアンチエイジング化粧品として優秀なのに、さらに荷電処理までされている上、セラミド3も配合されています!
セラミドには4種類ほどあるのですが、中でもセラミド3は一番保水力が高く希少なんです。

他にも美白の有効成分であるエラグ酸も配合されているので、細胞の活性化プラス美白にもおすすめの化粧水です。

公式商品ページ→SCブースターローション

おすすめヒト幹細胞化粧品②ディアガイア

ディアガイア【ナイトリペアエッセンス】¥12,000(税抜)
公式サイト→【DEAGAIA ナイトリペアエッセンス】

これは完全にヒト幹細胞培養液の美容液ですね。
なので幹細胞に直接働きかけてくれる美容液です。

しかもオールインワンセラムって書いてあるから、美容液系はこれ一つで済むという事ですね。
これ、何が凄いって本体の美容液がフリーズドライになってるんですよ。

だからビンの中にふわふわしたものが入ってて、そこに専用の液体を加えて液状化するんです。
で、使用後は冷蔵庫にいれておくとまたフリーズドライになるという。

つまり使う度に新鮮なヒト幹細胞を摂取する事が出来るという事です。
私はこういう形の美容液は初めて見ました。

しかもこの美容液、リピート率がとても高い!
リピート率87.9%です!

さらにディアガイアには【DDS】が配合されています。
DDSとは医薬品を目的の部位に必要な量、必要な時間だけ送り込むという考えのもと作られたシステムの事です。

まあ要はめちゃくちゃ小さなカプセルなんです。
このDDSカプセルに美容成分を入れる事で、肌の欲しい場所に欲しい分、欲しい時間だけ成分を届ける事が出来るという訳です。

だから持続力もあり浸透力も高いヒト幹細胞培養液配合の美容液なんです。
さらに完全無添加な点も嬉しいですね!

おすすめヒト幹細胞化粧品③レナセル

ハーバーリンクスジャパン【レナセル】美容液¥44600(税抜)遺伝子検査費付き
公式サイト→【レナセル 】

値段に目玉飛び出ますよね、私は飛び出ました。
ただこれ、遺伝子検査が付いているお値段なんです。

美容液自体は¥19800。
まあそれでも高いんですが、定期購入するなら初回は¥5980(税抜)で試せるので検査費が無料になります。

遺伝子検査って何?ってなりますよね。
遺伝子検査する事で自分の肌が何に弱いかが分かります。

たとえば弾力が弱い、シミが出来やすい、シワが出来やすいなど、その人の肌が何を求めているかを調べる事ができ、尚且つその検査を元にその人の肌に合った美容液を送ってきてくれるんです。

もはや次世代エイジングケアの先を行く美容液ですね。
上のヒト幹細胞培養液のランキングには敢えて入れませんでした、ちょっと物が違い過ぎるので。

遺伝子検査と言ってもとっても簡単なんです。
長い面棒の様な棒で水で濯いだ口の中の頬をゴシゴシ擦って瓶に戻すだけ。

これで遺伝子検査をします。
結構強い力で頬を擦った方がいいみたいです。

再検査は滅多にないみたいなのですが一応。
中には遺伝子検査申込書も同封されているのでそれに必要事項を記載します。

これですね、たいして書く事はない簡単な申込書です。

必要事項を書いてキットをもとに戻して返送すると2.3週間後に検査の結果が出て、そこから2.3日で自分専用の美容液が送られてきます。
ちなみに初回を¥5980で定期購入する場合、4回までは続けないと検査料金が発生してしまうらしいので、最低でも4回までは定期購入する事をおすすめします。

公式サイト→【レナセル 】

 

レナセルに配合されいてるヒト幹細胞培養液以外の成分

送られてくる美容液にはヒト幹細胞培養液はもちろんの事【プロテオグリカン】【アクアタイド】【ロイヤルビオサイト】など、コラーゲンやヒアルロン酸生成促進、保湿、シミ、シワ、たるみケアに適した美容成分も配合されています。

遺伝子検査では大きく分けて三つのタイプに分かれるそうです。
一つ目が【シミ】です。

シミに弱い肌の場合、上記の成分に加え【APPS浸透型ビタミンC】【AA-2G複合型ビタミンC】【アミトース保湿型ビタミンC】などが配合されます。
ビタミンCは肌の美白に適した成分なので沢山入ってきます。

APPS浸透型ビタミンCは往来のビタミンC誘導体の100倍もの浸透率があると言われています。
AA-2Gはヒアルロン酸の生成を促進してくれる働きがあります。

アミトースには高い保湿力があり、べた付きのない使用感が特徴です。
そしてもう一つのタイプが【シワ】です。

シワに弱い肌の場合【ナールスゲン】【プロジェリン】【リフトニン】が配合されます。
ナールゲンは肌のコラーゲンを健やかな状態に保ちます。

コラーゲンって実は傷付いたものも肌に残っていたりして、そういったコラーゲンは健やかなコラーゲンの邪魔をしてしまうんです。
コラーゲンを健やかな状態に保つ事も肌の弾力に欠かせない要因です。

プロジェリンは加齢により不要になった溜まってしまったたんぱく質を除去してくれ、年齢サインを貯め込まず除去してくれる働きがあります。
リフトニンは肌のコラーゲン同士を密接にくっ付けてくれる働きがあります。

コラーゲンって実は一種類じゃないんです。

4つのコラーゲンが上手く絡まり合う事で肌は弾力を保っています。
このコラーゲンがバラバラになってしまうと肌がたるみシワが出来てしまうんです。

リフトニンはこのコラーゲン同士の密着力を向上させてくれる働きがあるんですよ!

最後の三つ目は【乾燥】です。
乾燥に弱い肌には【HA-4】【ヒト型ナノセラミド2.3.6】【ヒアロオリゴ】【ヒアロリペア】が配合されます。

HA-4は世界最小クラスのヒアルロン酸の事で肌との親和性が高く、浸透力が高いのが特徴です。
肌に水分をあたえ、水分が逃げていかない様に働きかけます。
ヒト型ナノセラミドは人の持つセラミドと同じ形をしたヒト型ナノセラミドは肌に馴染みがよく、浸透も良いんです。

外部からの刺激から肌を守ってくれる働きもあるので乾燥肌の人にはもってこいの成分ですね。
ヒアロオリゴはキューピーが開発した浸透型ヒアルロン酸の事で、ナノ化されたヒアルロン酸の事です。

ヒアロオリゴは肌の中に入ると自重の約6000倍の水を蓄え、細胞と細胞の間に道を作り、肌の中の栄養がめぐりやすくしてくれます。
ヒアロリペアはキューピーが開発した修正型ヒアルロン酸の事で、保湿力のあるヒアルロン酸に肌のバリア修復機能を付加した成分なんです!

さらにレナセルは7つの無添加!
無添加にこだわる事で肌への負担を軽減しています。

気になった人は公式サイトで詳細を確認してみて下さいね!

公式サイト→【レナセル 】

 


★こっちの記事も合わせて読む★
アンチエイジングはヒト幹細胞が配合された化粧品を使うしかない!おすすめ化粧水
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です