APPSとは?肌への効果をイラスト付きで詳しく解説!APPS配合の化粧品も紹介

今回はAPPS(アプレシエ)についてイラスト付きで詳しく解説していきます!
お肌に良いのはなんとなくわかるけど、何がどうお肌にいいのか、具体的に解説していきます★

アンチエイジングとAPPS(アプレシエ)の関係、ダメージを負った肌についても詳しく解説!

APPSとは何で出来た成分?

APPS(アプレシエ)とはビタミンCの事です。
ビタミンCを肌に浸透しやすくし、化粧品に配合出来る様に修飾したものがビタミンC誘導体であり、ビタミンC誘導体が更に進化したものがAPPSなんです!

ビタミンCの肌への効果

美白効果
シミやニキビ跡で出来てしまった色素沈着を緩和し、色素沈着しにく肌にしてくれます。

コラーゲン生成
肌のハリに必要不可欠なコラーゲン生成を手助けしてくれる他、肌を滑らかに整えてくれます。

抗酸化作用
活性酸素を防ぎ、肌が酸化するのから守ってくれるためアンチエイジングにも最適です。

ターンオーバー促進
年齢と共に遅れがちになるターンオーバーを助け、くすみのない肌へ導いてくれます。

ビタミンCの進化系成分APPSの構造

ビタミンCは肌のコラーゲン合成に不可欠なビタミンで肌の再生にも必要な成分です。
しかしビタミンCは体内で作る事が出来ません。

なので口径摂取によって体内に必要なコラーゲンを摂取しなければならないのですが、口径摂取だと範囲の広い皮膚全体には中々行き届かないんです。
ビタミンCは臓器は骨などにも必要なビタミンなので、口から摂取したとしても肌に使われる前に内蔵なで全て消費されてしまい、お肌までは中々届きません。

そのため、ビタミンCを肌に与えようとするなら化粧品として肌に塗るのが一番効果的です。
しかしビタミンCは肌にあるバリアを突破する事が出来ず、肌に浸透してくれません。

さらに不安定で酸化しやすいという特徴があり、肌へ効果をもたらす前に酸化し使いものにならなくなってしまうんです。
それでもビタミンCが肌に与える美肌効果を何とかして化粧品として使用出来ないかと研究が進んだ結果、ビタミンを化学的に修飾する事で安定感のあるビタミンC誘導体に生まれ変わりました。

肌のバリアは水と油で形成されているため、同じ様に水と油である水溶性と油溶性の両方を持っている成分しか突破する事が出来ないんです。
ビタミンC誘導体となったビタミンCは酸化はしなくなりましたがバリアを突破する事が出来ません。

そこで油溶性のビタミンC誘導体と水溶性のビタミンC誘導体を合成し、両方の性質をもったビタミンCを作りました。
それが【APPS】なんです★

APPSに進化した事により、ようやく肌へ浸透するビタミンCを化粧品に配合する事が出来る様になりました!

水と油で出来た肌のバリア機能との親和性があり、尚且つ肌に塗った時に壊れたり酸化しない様に修飾されたものがAPPSなんですね★

APPSとコラーゲンの関係

では、実際APPSは肌の中でどういった働きをしてくれているのでしょうか?
そもそも、何故肌にはAPPSが必要なのでしょう?

まずはAPPSが必要な肌について解説していきます。

APPSが必要な肌とは?

そもそもどういった肌にAPPSが必要なのでしょう?
APPSの効果は上で説明しました。

まず美白効果についてですが、美白化粧品には大きく分けて二種類存在します。
一つはそもそもシミやくすみの原因となるメラニンの抑制を抑えるもの。

次に既にメラニンが生成され透明感が失われてしまった肌をターンオーバーを促進する事によって細胞を生まれ変わらせ、透明感の肌にするもの。
APPSには両方の効果が期待できる事から、美白化粧品によく配合されています。

シミやくすみの原因は肌に溜まってしまっているメラニンです。
APPSはターンオーバーを促進する働きがあるので、出来てしまっているシミやくすみを払拭する事が出来るという訳です。

ターンオーバーは28歳頃から低下していき、理想的な周期である28日を大きく上回ってしまう為に細胞の再生が追いつかず、ダメージを負った細胞がいつまでも肌の表面に残り、シミやくすみ、エイジングが加速してしまうんです。

APPSにはさらにコラーゲン生成を促進する働きと、コラーゲンを修復する働きがあります。
コラーゲンは肌の真皮にあります。

真皮にあるコラーゲンは何によって減少しているか知っていますか?
真皮にはコラーゲンとコラーゲン支えているエラスチン、さらにコラーゲンとエラスチンの隙間を満たすヒアルロン酸があります。

これら三つは肌のハリを保つのに不可欠な成分達で、この三つが不足すると肌はハリのない、シワが目立つ萎れた肌になってしまうんです。
コラーゲンたちが減少する原因は加齢と紫外線です。

実は加齢による肌老化の原因はたったの20%。
残り80%は全て太陽光によるものなんです!

真皮の上には真皮と表皮の境になっている基底層があり、この基底層は表皮と真皮を繋げている大事な層です。
この層が紫外線で破壊されると真皮にまでダメージが浸透するばかりか、基底層が破壊され表皮が真皮に沈み込む事で深いシワが出来てしまいます。

APPSがアンチエイジングにいい理由

紫外線によってダメージを受けたコラーゲンは、他のコラーゲンの邪魔もしてしまいあってはならないものです。
そこでAPPSがとっても重宝するんです!

APPSのハリ肌への効果

APPSはなんと真皮にまで到達し、壊れてしまったコラーゲン修復を手助けしてくれるんです!
コラーゲンが破壊され、ハリが失われた肌にAPPSはとっても有効です。

さらにAPPSには抗酸化作用があるので肌を酸化から守ってくれます。
肌が酸化すると肌細胞の働きを邪魔し、エイジングを加速させてしまいます。

活性酸素が何故発生するか知っていますか?
多くは紫外線を肌に受けた時、または大気汚染やストレス、喫煙などでも活性酸素は発生してしまい防ぎきるのはかなり困難です。

そこで抗酸化作用のある成分が配合された化粧品を毎日使う事で、活性酸素の量を減らす事が出来ます。
活性酸素を防止する事はそのままアンチエイジングにも繋がります。

活性酸素を除去する抗酸化酸素が元から肌にあるのですが、抗酸化酸素は年齢と共に減少してしまうため、徐々に活性酸素を除去しきれなくなってしまいます。

活性酸素はコラーゲンを破壊し細胞を攻撃し、さらにメラニンを生成しているメラノサイトを誤作動させ、不要なメラニンを沢山作らせてしまいます。
これが活性酸素により肌が酸化する現象です。

抗酸化作用とコラーゲン修復効果のあるAPPSは初期老化の始まる20代後半から使いたい成分です。

APPSの更に上をいくAPISとは?

実はまだあまり知られていませんが、APPSの上を行く、さらに進化したビタミンCが存在します。
それがAPISと呼ばれるビタミンCなんです!

APPSとAPISの違い

APPSがコラーゲンを修復したり、活性酸素を抑制してくれるのは事実ですが、まだまだ不安定で壊れやすいという弱点がありました。
そのためAPPSは粉で売られている事がよくあります。

何故粉の状態で販売されているのかというと、化粧品を使う直前に化粧水などに粉を混ぜて使う事で、壊れていない新鮮なAPPSを直ぐに肌に使う事が出来るからです。
しかし裏を返せばAPPSは壊れやすいため、こういった売り方がされていると言えます。

APIS(最新型ビタミンC誘導体)とは、APPSの弱点を克服したビタミンCなんです。
つまりまだまだ壊れやすかったAPPSというビタミンCを更に安定させ、壊れにくくしたものがAPISなんです!

APISが配合されている化粧品はまだあまり多くありません。
二つほど見つけたので紹介します!

APIS配合の化粧水|グラングレースローション

APISが配合されているローション【グラングレース】¥4200 (初回のみ¥2800)送料無料
美容液レベルのエイジングケア化粧水です★

公式サイト→美容液レベルの化粧水【グラングレース ローション】

APISの他にも保湿成分としてセラミドとヒアルロン酸、次世代型機能性ペプチドも配合!
このペプチド、糖化と炎症を抑えてくれます!

APISで酸化を防ぎ、機能性ペプチドで糖化を防げてしまう理想的な化粧水なんです!
肌の糖化は扱げとも言われており、糖化すると顔が黄ばんだ印象になるばかりか、細胞を劣化させてしまうんです。

糖化は糖の取り過ぎで起きます。
甘いお菓子が好きな人は要注意です!

APIS配合の化粧品|シーボディ

APIS配合プラチナVCスターターセット ¥1800(送料無料)
シーボディが誇るAPIS配合のプラチナVCのスターターセットです!

公式サイト→プラチナVCスターターセット

●セット内容●
化粧水7包 美容液5ml クリーム7包 一週間分

強い抗酸化作用のある【プラチナナノコロイド】、シミに効果的な【安定型ハイドロキノン】、高い美白効果のある【アルブチン】、エイジングケアが期待できる【プラセンタエキス】などなど、アンチエイジングや美白に効果的な成分が配合されています。

さらに保湿力の高いヒト型セラミドを5種類、ケイ素が豊富な銀河水まで配合された化粧品です!

APPSが配合されたおすすめ化粧品

APPSとアンチエイジング効果の高い成分が同時配合された優秀化粧品だけを厳選して紹介します!

APPSが配合された美容液|ドクターソワAPP-Cフラセラム

超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム¥8640 (初回¥6048)*定期購入
フラーレンが高配合された美容液【APP-Cフラセラム】

こちらの美容液はAPPSに加え、高い抗酸化作用のある【フラーレン】が高配合されています!
フラーレンは高配合された化粧品にだけ記載する事の出来るロゴマーク【R.S】が存在します。

ドクターソワのAPP-C美容液はこのロゴマークがしっかり記載されているんです!
フラーレンは肌の中で発生してしまった活性酸素をスポンジの様に吸収し、ターンオーバーと共に肌から排出する事が出来るんです。

活性酸素をしっかり除去する事によって肌サイクルが整い、美肌へと促してくれるという優れた成分です。
フラーレンは1996年にノーベル賞を受賞している美容成分なんですよ★

知っておこう!APPSのデメリット

APPSにはまだまだ不安定な要素があるというデメリットの他にもう一つ、マイナスな点が存在するので一緒に説明しておきます。

APPSは肌を乾燥させる!?解決策は?

実はAPPSには皮脂分泌をコントロールする作用もあります。
この皮脂分泌コントロールで肌が乾燥してしまう場合があります。

そのため、APPSが配合されている化粧品には保湿成分が一緒に配合されているのですが、保湿化粧品に比べて保湿力が劣ってしまいます。
皮脂分泌をコントロールするという事は、肌内部の乾燥よりも肌表面が乾燥しやすいという事です。

肌の構造で一番上の表面を覆っているのが皮脂膜で、皮脂分泌が少なくなるとこの皮脂膜が足りない状態になります。
皮脂膜は肌内部の水分を外に逃がさない役割と、空気中にある菌や埃などが肌に入らない様にカットする働きがあります。

皮脂膜が乾燥してしまうと肌内部も結局は乾燥してしまうという事です。
乾燥肌でなければAPPSによる乾燥はそこまで気にしなくても大丈夫とは思いますが、少しでも肌の乾燥を感じる場合、オイル系の美容液を併用する事をおすすめします。

中でも【アルガンオイル】や【ホホバオイル】がおすすめです。
この二つのオイルは人の持つ皮脂膜と似た構造をしているので、皮脂膜と同じ働きをしてくれます。

アルガンオイルは人の持っている皮脂と似た成分をしているので、肌に馴染みがよく、浸透しやすいんです。
人が持っている皮脂は肌の上にあり、外部からの汚れをガードしたり、肌の中の水分を外に逃がさない様にする働きがあります。

アルガンオイルが皮脂と馴染む事でアルガンオイルの成分が肌に浸透し、他の美容成分を抱え込む働きをしてくれます。
そのためアルガンオイルにはブースターとしての役割もあるんです。

アルガンオイルに含まれている必須脂肪酸やビタミンEはエイジングケアにも打ってつけです。
必須脂肪酸はオレイン酸、リノール酸が中心に含まれています。

中でもおすすめなのがこちら★

ビオオイル アルガンオイル50lm ¥3780(税込)

メルヴィータのビオオイル・アルガンオイルはモロッコの木であるアルガンから低温圧搾された一番搾りの100%オーガニックオイルです。

肌への効能
アルガンオイルを使う事で、化粧水や乳液、クリームなどのうるおいを抱え込み、ブースターとして働きかけてくれます。
つまり他のスキンケア品と一緒に使う事で、その効果を上げてくれる働きがあります。

良いスキンケアを使っているのにあまり効果を感じられない場合、ブースターとして肌に働きかけてくれるビオオイルアルガンオイルを一緒に使うと良いですよ。


★こちらの記事も合わせて読む★
OLがやるべきスキンケア方法とメイク直しの方法!エアコンによる乾燥から肌を守る!
エイジングケアを始めるのにおすすめのスキンケア化粧品の紹介とレビューまとめ
ほうれい線を消したいなら使うべきスキンケア化粧品!実際に使用したレビューも
ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などのたるみ肌に特化した化粧品は?
すぐ始めたいエイジングケア!基礎化粧品の選び方とエイジングケアに欠かせない成分は?
エイジングケアは今すぐ始めるべし!トライアルセットのアットコスメ第1位はこれ!
オルビスユーで大人のエイジングケア!プチプラ優秀トライアルキットの口コミは?
エイジングケアに一番大事なのは?失敗するとエイジングが加速するスキンケアとは?
アンチエイジングで効果が出ない人必見!ドクターズコスメで医学的なエイジングケアを
30代のスキンケアって?若い時と一緒じゃダメ?そのままにしておくと醜い老け顔に!
クレンジングが丸分かり!種類によって落とせるメイクが違う事実!グラフあり
肌に優しいミネラルファンデーション!カバー力のあがる使い方をくわしく解説
30代の保湿クリームはどう使う?正しい使い方をすればアンチエイジング効果もアップ
保湿の鬼と化した30代の私によるスーパースキンケア|保湿クリーム乱用編
30代のアンチエイジングに必要なスキンケア化粧品を徹底調査!実際に使用した感想も
美容ライターおすすめ保湿クリーム2019|アンチエイジングにも優れた優秀クリーム
30代からのスキンケア化粧品でバカを見ない為の正しい成分の見分け方を詳しく解説!
気になるほうれい線にはドクターコスメ!老け顔を回避する優秀コスメを発見!
ダブル洗顔不要のミルククレンジングで美肌を作る方法とヴェレダの紹介
UV対策するならナチュラグラッセ最強日焼け止めがおすすめ!危険な近赤外線とは?
おすすめ美容液は肌をふっくらとエイジングケアしてくれるrms!ハリ&弾力アップ!
アンチエイジングも出来る優秀美容オイルで老化とおさらばしましょう!
ホホバオイルでツヤ肌を作る方法!オイルパックや化粧直しの方法も詳しく図解

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です