30代の肌をスキンケアで美肌にする方法まとめ|正しいスキンケアでエイジングケアも

30代で既に肌にダメージや衰えを感じている場合、そのままにしておくと40代では取り返しのつかないくらいエイジングが進んでしまう可能性が!
いつものスキンケアを見直して少しでも美肌に近づく方法をまとめました!

肌はスキンケアで美肌にする!

30代の肌トラブルのトップ5は…?

①シミ 失われ始める透明感が原因
②乾燥 年齢により肌が老化して乾燥が始まる
③毛穴 溜まってしまった汚れや皮脂が原因
④ハリと弾力 紫外線と加齢によるエイジングが原因
⑤シワ 乾燥とハリ不足が原因

この中にあなたの悩みはありますか?
私が一番気になるのは④のハリと弾力です。

とはいえ後数年もすれば全ての項目に全ての女性があてはまってくる筈です。
今の内にしっかりとスキンケアをしてエイジングケアに取り組みましょう!

目指すべき理想の美肌とは?

ずばりそれは赤ちゃん肌!
赤ちゃんの様なプルプルとした弾力に満ちた肌は女性が誰でも願う理想の肌状態ではないでしょうか?

ではどうすれば赤ちゃん肌の様なツルツルプルプルの肌になれるのでしょう?
赤ちゃんの肌はまだ肌細胞が新しく、肌の水分量もたっぷりと保持されています。

人は歳を重ねるごとに細胞が老いていくのでそれに伴い肌機能も低下していきます。
30代の肌は特に角質層の乾燥が進んだ状態。

理想の肌水分は40%と言われています。
これを下回ると肌の水分が減り、同時に肌の大事なバリア機能も低下していきます。

バリア機能が低下すると外部からの刺激や紫外線によるダメージをもろに受けてしまいます。
特に危険なのが紫外線です。

紫外線は美肌にとって大事な透明感・ハリ・保湿の全てを奪っていきます。
紫外線対策をする事が美肌に近づく大きな要因となります。

そして30代で加速する乾燥は、進むとメイク乗りも悪くなり、毛穴も目立ってしまいシワの原因にもなります。
角質層の乾燥を緩和させる事も美肌に近づく大きな要因となるのです。

さらに肌の透明感の無さも美肌から遠ざかる要因の一つです。
透明感を上げるには血行を上げる事が重要になります。

透明感の無さ=くすみ肌ですが、くすみ肌は何故できるのでしょう?
答えは紫外線による日焼けと、ターンオーバーの乱れです。

紫外線を受けると肌の基底層にあるメラノサイトが肌を守る為にメラニンを大量に作ります。
これがシミやくすみの原因になります。

ターンオーバーとは28日間かけて肌の細胞が新しく入れ替わるサイクルの事で、ターンオーバーが遅れると古い細胞がいつまでも顔に残ってしまい、くすみの原因になります。

そして肌のたるみが原因で起こるフェイスラインの衰えやほうれい線ですが、これは肌の奥、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が衰えて起きるエイジングです。
肌のたるみは一度起きてしまうと治すのがかなり難しいと言われています。

これらの要因が重なる事によって、30代の肌は赤ちゃん肌から遠ざかり、カサカサとしたくすんだ肌になっていきます。
とはいえ原因が分かればケアの仕方もおのずと分かってきます。

スキンケアでシミを見直して美肌を目指す

30代の肌悩みトップ5の①であるシミから解説していきます。
シミは上で記載したとおり、紫外線によるダメージが原因で起きています。

シミには実は二種類あるって知っていましたか?
一つはターンオーバーと共に外へ剥がれおち消えていくシミ、もう一つがソバカスの様な宿命的なシミです。

この宿命的なシミは生まれ持っていなくても紫外線による肌ダメージによって出来てしまう事があります。
若い時に頻繁に海などで日焼けしたり、外で長く運動する事が多かった人に多いシミです。

恐らくそういった人は顔以外にも腕や首にもシミが出来ている筈です。
ターンオーバーと共に消えるシミは気にする必要はありませんが、宿命的なシミはまず消えるという事はありません。

はっきり言ってしまうと、化粧品であるスキンケアでは消す事はできません!
化粧品はあくまで肌を清潔に保ち、補うという役割でしかなく、【治す】事は出来ないのです。

どうしてもシミを消したい場合、病院に通うしか手はありません。
もうひとつは医薬部外品であるスキンケアに頼る事です。

スポンサーサイト

それでも完全に消す事は難しいのでどうしても消したい場合はお医者さんにかかる事をおすすめします。

シミは予防がもっとも大事!!

少しでもシミが出来そうだと不安に感じる場合は事前のケアでシミを抑える事は出来ます。

既にシミが出来てしまっている場合、それ以上シミを増やさない為にや医薬部外品のスキンケア化粧品を頼る事をおすすめします。

スポンサーサイト→シミ・そばかすを防ぐ!ホワイピュア薬用美白クリーム

もちろん紫外線対策も重要な要素になります。
紫外線がもっとも強いのが日中ですが、朝日は浴びる事をおすすめします。

朝日には美白を維持する働きのあるメラトニンを活性化させる働きがあるからです。
紫外線を防ぐ大事な項目をまとめましたので参考にしてみて下さいね。

①朝日はなるべく浴びる
②日中に出掛ける際はノンケミカルの日焼け止めを塗る
③日傘・帽子はなるべく使う
④ノーメイクで日中外に出ない
⑤カーテンはUVカットの物を使う
⑥一年中紫外線対策をする

⑥の一年中紫外線対策をする、についてはハリ・弾力の項目で詳しく説明します。
②のノンケミカルとは紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めです。

日焼け止めには二種類あり、紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱として放出する働きのある日焼け止めなのですが、肌への負担が大きく人によっては刺激になるというデメリットがあります。
一方、紫外線反射剤と呼ばれるもう一つの日焼け止めはその名の通り、紫外線を反射してブロックしてくれます。

とはいえこちらにもデメリットがあり、顔に塗ると顔が白く見えてしまうという点がありますが、今は優秀な日焼け止めも沢山出ているので反射剤を使用している日焼け止め使う事をおすすめします。

スポンサーサイト

一年中しっかりと日焼け止めを使い、シミを増やさない様に予防する事がエイジングケアに繋がります。
美肌効果のあるスキンケア化粧品を使う事もおすすめです。

スキンケアで乾燥を見直して美肌を目指す

乾燥は、角質層が乾燥している状態で、そのままにしておくと小ジワの原因になったり、さらに深刻なエイジングの元になったり、肌のたるみの原因に発展してしまいます。
はっきり言って30代のスキンケアにもっとも重要なのは【保湿】です。

30代の肌は予想以上に乾燥しています。
メイクのノリが悪くなったり、すぐにメイクが崩れたり、何だかテカリが気になるという人も要注意です。

それらはすべて肌の乾燥が原因の可能性があります。
少なくとも私はそうでした。

肌が乾燥するとベースメイクがしっかり肌に密着しないので、メイクがすぐに崩れてしまう原因になるほか、乾燥している肌は慌てて皮脂を沢山分泌します。
結果、肌がテカるという原因になります。

とはいえひたすらに保湿にだけ気を付ければいいと言う訳でもありません。
保湿とは真逆に思える【スクラブ】【ピーリング】も重要です。

実は肌の汚れがしっかり落ちていないと、肌はゴワゴワの状態になり保湿成分がしっかり浸透しなくなってしまいます。
保湿成分の高いスキンケアを使っても肌が乾燥する場合、成分がしっかり肌に浸透していない可能性があります。

実は肌は乾燥すると、古い角質が肌から剥がれおちにくくなり、スキンケアの浸透の邪魔になってしまうのです。
角質ケアも保湿には重要なんです。

スクラブやピーリングが苦手…という場合には酵素洗顔がおすすめです。
くすみがちな肌にも打ってつけなので使った事がない人はぜひ試してみて下さい。

スポンサーサイト

乾燥した肌に良いスキンケアは?

古い角質をしっかり落とした後は乳液やクリームなど油が配合されているスキンケアを使う様にしみてみましょう。
普段オイル系を使わない人は肌の乾燥が進んでいる可能性があります。

ブースター系オイルが個人的には一番おすすめです。
オイルでしっかり肌を保湿して、尚且つブースター効果で次に塗るスキンケアの浸透率を高める事が出来ます。

化粧水は保湿クリームはアルガンオイルやセラミドが配合されているものも良いのですが、出来れば最先端技術を搭載した【次世代エイジングケア化粧品】がもっともおすすめです。
今は【ヒト幹細胞培養液】が配合されているものがもっともエイジングケアに優れています。

保湿でもっともすぐれているのはセラミドが配合されているものですが、保湿力の高さで言えばアルガンオイルやプラセンタオイルも悪くありません。
どれも使っていない場合はスキンケア化粧品を見直す事をおすすめします。

アルガンオイルを使うなら、アルガンオイルを研究し続けているメルヴィータが良いですよ!

公式サイト↓

私は実際にアルガンオイルを使っていますが、肌への密着感と保湿に優れており、ブースター効果もあるのでとっても良かったです。
他にもWアルガンを配合している保湿クリームもおすすめです。

美肌に近づく!?おすすめスキンケア化粧品|保湿クリーム

アルガン コンセントレイト ピュア オイルクリーム  7500(税抜)
メルヴィータ公式サイト★

メルヴィータのアルガン コンセントレイト ピュア オイルクリームは20代の頃には誰しもがもっていた筈の肌のふっくらとした立体感を取り戻し、自然で若々しい顔印象へ導くという特徴があるクリームです。

スポンサーサイト

乾燥した肌で起きている事とは?

実は乾燥した肌ではとっても恐ろしい事が起きているんです!
放っておくと抜け出せない負のスパイラルに!!

肌は乾燥する事で美肌から大きく遠ざかる!

肌が乾燥すると細胞に隙間が出来てしまい、その隙間から紫外線だけではなくアレルゲンや最近が肌の中へ侵入してしまいます。
これはエイジングだけでなく肌トラブルの原因にもなってしまうので要注意です。

さらに肌が乾燥するとバリア機能も低下してしまいます。
バリア機能とは角質層にあるラメラ構造の事で、細胞と細胞の間を埋め尽くす様に存在しています。

ラメラ構造は水と油が層になっていて、水分は体の中から半永久的に作られますが、油部分はそうはいきません。
油の部分はセラミドで出来ており、このセラミド、洗顔する度に剥がれおちています。

クレンジングを使ってさらに洗顔をするとWでセラミドを失い、さらに乾燥が悪化してしまうという事態に。

洗顔とクレンジングは乾燥肌の大敵なのですが、上でも説明したとおり、しっかり汚れが落ちていないと今度は肌のくすみの原因になり、肌表面が硬化して美容成分や保湿成分が浸透しなくなります。

美肌に大切なセラミドを守る為に必要な事とは?

ではどうすればいいのか、ポイントをまとめてみました。

POINT① W洗顔不要のクレンジングを使う
POINT② 泡で顔を洗う
POINT③ 顔を擦らない
POINT④ シャワーを顔にあてない

①のW洗顔不要のクレンジングは下で紹介するクレンジングゲルがそうですので見て見て下さい。
他にもW洗顔不要のクレンジングはありますので自分に合ったものを選んでみて下さい。

②の泡で顔を洗うとはどういう事かというと、洗顔料をしっかり泡立て、手で肌を擦らず泡を転がす様に顔を洗うという事です。
顔の皮膚はとても薄く摩擦によるダメージを受けやすく、摩擦によってセラミドを不要に失う事にもなります。

洗顔をする時は顔を直接手で洗わない様に気をつけましょう。
③のシャワーを顔にあてないは、一番危険です。

顔に直にシャワーをあてると、それだけでセラミドはどんどん失われてしまいます。
顔を濯ぐ時は手の平でお湯をすくい、なるべく優しく洗いましょう。

スポンサーサイト

スキンケアで毛穴を見直して美肌を目指す

毛穴が黒ずんだり開いてしまったりする原因は、古い皮脂汚れがつまっていたり、肌が乾燥する事が原因です。
まずはしっかり保湿する事が毛穴の開きを治す事にも繋がります。

そして毛穴の黒ずみですが、これはしっかりと顔の汚れを落とせていない事が原因になります。
上で紹介した酵素洗顔でも良いのですが、がっつり落としたい場合はピーリングか、あるいはクレンジングを見直す事が重要です。

これについては私の一押しのクレンジングがあります。
現在もっとも売れているクレンジングと言われている【マナラクレンジングゲル】です。

美肌スキンケアの強い味方【マナラクレンジングゲル】

マナラホットクレンジングゲル 27%オフ ¥2990(税込)
公式サイト→美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

クレンジング+洗顔をしてしまうと、クレンジングで必要な油分を奪われるだけでなく、角質層にあるセラミドも奪われてしまいます。
セラミドは角質層で潤いを閉じ込める働きと保湿の働きがあります。

油であるセラミドが流れ出てしまうと、セラミドによって留まっていた肌の中の水分も一緒に出て行ってしまうのです。
だからお風呂上がりは顔がつっぱるという感覚があるんですね。

クレンジングと洗顔という一連の流れの中で、肌には大きすぎる負荷がかかってしまっています。
そこでW洗顔不要のクレンジングを使う事で、ダメージを一度にする事が出来るのです。

さらにゴシゴシと擦るというよりは、クレンジングを乗せた顔の上を指でクルクルと馴染ませるという感覚なので、肌へのダメージをかなり軽減する事が出来るんです。
しかもmaNaraのクレンジングは91.3%が美容成分!

保湿ケアも出来てエイジングケアまで出来てしまうクレンジングです!
maNaraクレンジングはモンドセレクションでも最高金賞を受賞しており、今一番売れているクレンジングでもあります。
累計販売数はなんと1000万本を突破しています!

maNaraクレンジングは保湿成分で古い角質を柔らかくし、肌に負担をかけずに毛穴の汚れを除去します。
ピーリング系は頻繁にやり過ぎると毛穴が開き、逆に黒ずみの原因になってしまう場合もあります。

さらにゴシゴシと擦る行為は肌を引っ張ってしまい、たるみやシワの原因にも…。
クレンジングと洗顔はいかに肌に負担をかけずに行うかがかなり重要になってくるという訳です。

公式サイト↓
美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

maNaraクレンジングは図の様に毛穴の黒ずみを吸着してゲルと一緒に洗い流してくれます。
しかもmaNaraクレンジングはホットクレンジング!

お肌に付けるとポカポカ暖かです♪
ポカポカしたゲルが優しく肌に馴染み、汚れに吸着して優しく洗浄してくれるんです。

使い方もとっても簡単です。
乾いた手に取り、両手で優しく擦り合わせながらゲルを柔らかくします。

顔全体に広げた後、30秒から1分ほど顔全体に円を描く様にやさしくメイクと馴染ませます。
水に近いぬるま湯で洗い流して終了です★

まつエクをしていても大丈夫です!
優しく洗ってくれるので、まつエクにもダメージを与えずに洗い流してくれます。

maNaraクレンジングは7つの無添加!
無着色・合成香料不使用・鉱物油・パラベン不使用・石油系界面活性剤不使用・エタノール不使用・紫外線吸収剤不使用!

石油系の界面活性剤を使っていないのは嬉しいですね♪
ナチュラルな柑橘系の香りが漂います★

公式サイト↓
美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

スキンケアでハリ・弾力を見直して美肌を目指す

ハリや弾力が失われる最もな原因は紫外線です。
一番紫外線が強い時期は夏場だと思っている人が多いですが、夏場に強い紫外線は、正確に言うと紫外線B波だけです。

紫外線にはA波も存在しており、このA波は一年中同じ量が降り注いでいます。
シミを防止する場合は紫外線B波が重要になりますが、エイジングケアの観点から言うと紫外線A波の方が危険です。

紫外線B波はメラノサイトがある基底層にまでしか届きませんが、紫外線A波はコラーゲンやエラスチンがある真皮まで届いてしまいます。
真皮部分が紫外線によって破壊されると、肌はハリと弾力を失い、シワとたるみの原因になってしまうのです。

紫外線によるダメージをまとめるとこうなっています。

紫外線A波 真皮に影響 ハリや弾力が失われる
紫外線B波 基底層に影響 シミやくすみの原因になる


どちらの紫外線も肌に悪影響を与えるのは同じです。

エイジングケアをするならこのどちらにも気を付けなければなりません。
では既にたるんでしまいほうれい線などが出来てしまった肌を治す方法はあるのでしょうか?

結論から言うと、たるみを根底から治す事はできません。
しかし化粧品でケアする事は出来ます。

このケアとは、一時的にたるみを無くすという事です。
上でも説明しましたが、化粧品という分野において、治す事は出来ません。

あくまで補いケアする事が化粧品という分野に許された範囲です。
しかし補う事で見た目、ほうれい線をなかった事にする事は出来ます。

美容クリームを見ていると、よくハリを与える!ハリを実感!などというキャッチコピーを見かけます。
これは実際に肌にハリを与え、たるみを補うという事です。

しかしここで勘違いしてはいけないのは、決して治している訳ではないという事。
治してはいないけれど一時的にケアしてなかった事にして見せているだけという事です。

とはいえ24時間ハリが続くものなら、実質たるみ肌は治った事と同じともいえます。
肌をふっくらさせ、ハリを与えてくれる美容クリームを使う事が、たるみにもっとも良いエイジングケアという事になります。

上で紹介したメルヴィータのアルガン コンセントレイト ピュア オイルクリームは肌をふっくらさせ、立体的にみせてくれるクリームです。
こちらは実際に私も使っているクリームで、保湿力も高く肌をふっくらもっちりにしてくれるので重宝しています。

メルヴィータ公式サイト★

メルヴィータのアルガン コンセントレイト ピュア オイルクリームには【アルガンオイル】と【アルガンの果実】がWで配合されています!

まずはアルガンオイルの豊富な美容成分で肌を保護し、うるおいをぎゅっと抱え込んでキメの整ったふっくらとした肌へ導きます。

さらにアルガンの果実によって肌をキュっと引き締め、ふっくらしながらも引き締まった、メリハリのある立体感のある素肌へ!

立体感のある肌、【立体素肌】とは、きゅっと引き締まった肌、そして触れたくなる様なふっくらとしたハリ感のある肌の事。
どの角度から見ても美しい肌が【立体素肌】と呼ばれます。

スポンサーサイト

美肌スキンケアでは紫外線も意識しよう

ハリや弾力をケアする場合も、紫外線対策がかなり有効です。
しかし紫外線A波は波長が長いので家の中にいても影響を受けてしまいます。

カーテンをUVカットのものにする事がかなり有効なのでおすすめです。
マスクをした状態のノーメイクで外出する事も危険です。

口元は紫外線から保護出来ていますが、目元は確実に紫外線のダメージを受けており、目元のシワやたるみの原因になるので気をつけましょう。
とはいえ全く紫外線に当たらないのも良くありません。

日光に当たる事で、私たちは体にとって必要なビタミンEを作ります。
ビタミンEを体内で作るには日光に当たるしか手がありません。

ビタミンEは抗酸化作用があり、エイジングケアでかなり重要な働きをしますし、臓器の老化も防いでくれます。
人が何故死ぬのか…それは臓器が老いるからだって知ってましたか?

ビタミンEを作る事はエイジングケアには勿論の事、健康にも重要なのです。
ビタミンはE以外もエイジングケアにとても重要です。

ビタミンAの働き 皮膚を健康に保つ・体内の老化を防ぐ 卵・レバー・うなぎ・緑黄色野菜など
ビタミンB群の働き 酵素や体の働きを助ける 豚肉・魚・レバー・ほうれん草など
ビタミンCの働き 酸化から体を守る・コラーゲンに必要 赤ピーマン・黄ピーマン・ゆずなど
ビタミンEの働き 細胞の健康維持を助ける あんこうきも・すじこ・キャビアなど

スポンサーサイト

スキンケアでシワを見直して美肌を目指す

シワには二種類あり、一つは乾燥による小じわ、もう一つは肌のハリが失われた事によって出来るシワです。
乾燥による小じわを無くすのは実は簡単です。

角質層をしっかり保湿してあげれば消す事が出来ますし、小じわ用のクリームも沢山あります。
しかしたるみによって出来てしまったシワは簡単には消えません。

シワは肌で起きている致命的なエイジング

このシワもほうれい線と同じで真皮が破壊される事によっておきています。
角層と真皮の間には基底層がありますが、基底層も紫外線によるダメージを受け過ぎると破壊されます。

基底層が破壊されると角層が真皮に沈み込むので肌の表面にはシワが出来るのです。
ただ、このシワも一時的にスキンケア化粧品で補う事で見えなくする事は可能です。

今はCCクリームなどでも細かいシワを消す事が出来ます。
とはいえシワは医薬部外品のスキンケアを使う事をおすすめします。

シワで悩む女性は30代に限らず見ればかなり多いです。
悩んでいる女性が多いという事は、シワを改善するスキンケアも沢山あるという事です。

小じわについてはハリやたるみをケアする事で一緒に消えていく可能性が高いので、シワだけに悩んでいるという訳ではない場合はそこまで気にしてケアする必要はないでしょう。

スポンサーサイト→臨床試験で効果試験済み シワクリーム【LILA-リラ】

美肌スキンケアとエイジングケアのまとめ

30代の肌は一番皮脂が多くなる肌でもあります。
しかし逆に水分量は20代に比べて一気に低下しています。

皮脂量って実は30代がピークなんです、ちょっと意外ですよね?
皮脂は多いのに水分は少ない…30代でのスキンケアは一番難しい時期かもしれません。

さらに30代の肌は角質層が乾燥している状態ですが、40代になると真皮から乾燥が進みます。
30代の内にスキンケアでしっかり角質層を保湿する事が、40代になる前にできる一番のエイジングケアともいえます。

さらに30代はもっともストレスによる肌トラブルを起こしやすい年代とも言われています。
実はストレスによって肌の組織が壊れる場合もあるんです。

細胞と細胞を繋げるタントジャンクションという成分があります。
この成分が細胞同士をしっかり繋げている事でキメの整ったふっくらとした肌に見せてくれるのですが、体温が下がるとこのタントジャンクションがしっかり作用しない事が分かっています。

ストレスを感じると実は肌の温度って低下するんです。
肌の温度が低下する事によって細胞同士を繋げるタントジャンクションがバラバラになってしまい、肌細胞が綺麗に並ばなくなります。

ストレスについては人それぞれなのでスキンケアでどうこう出来る話ではありません……という訳でも実はなくて、ちゃんとストレスによる肌トラブルに着目して作られているスキンケアも存在します。

ストレスによる肌荒れをケアしてくれるスキンケア化粧品

ディセンシア【アヤナス】トライアルセット ¥1480(税込) 10日分
公式サイト→アヤナストライアルセット

アットコスメの口コミランキング第1位に輝いた事もあるディセンシア【アヤナス】のトライアルセットです。
アヤナスはポーラとオルビスグループから生まれたブランドなので、両社の技術が搭載されており、かなりハイレベルなエイジングケア化粧品です!

ハリ・弾力は脅威の170%アップ!!
効果の高い成分だけを厳選して使用しているので、沢山の美容成分が詰め込まれたスキンケア化粧品とは訳が違います。

実は美容成分って種類が沢山入っていればいいという訳ではありません。
よく美容成分50種類配合!なんて聞く事もありますが、実は美容成分の種類が多ければ多いほど、互いの成分同士が邪魔し合ってしまいますし、種類が多い分、ひとつひとつの美容成分の量がかなり少なく配合されており、ほとんど効果がなくなってしまっている場合もあるんです。
さらにセットになっているスキンケア化粧品は3stepのみで、肌に本当に必要なものだけを必要なだけ摂取する事が出来ます。
アットコスメでは口コミ部門で第1位に輝いた優秀トライアルセット★けど初回限定なら1480円で試せるというプチプラも嬉しいセット品です!
ディセンシアのアヤナスではこのストレスによるエイジングに着目し、必要な複合成分を作り上げました。
それが【ストレスバリアコンプレックス】と呼ばれる複合成分です。
POINT1. 健やかで美しい角質形成の為に、TJを活性化させる成分を配合
POINT2. 血行を促進し、皮膚の温度を上げる成分を配合
POINT3. GABAの生産を促進する成分を配合

GABAとはターンオーバーと肌のバリア機能にも大きく関わっている大事な物質です。
本来は神経伝達物質の一つで、主に精神抑制(リラックス効果)として知られていますが、最近になって【Kracie】が表皮細胞に対する作用、ターンオーバー促進に関わっている事を突き止めました。

実験の結果、化粧品としてでも効果を発揮する事が分かり、化粧品成分としても使われる様になっています。
つまりGABAの生産を促進する成分が配合されいているという事は、ターンオーバーの乱れも収め、肌を本来の健やかな状態へ還元してくれるという訳です。
POINT1の美しい角質形成においては【パルマリン】を配合する事によって実現しています。
パルマリンは保湿力と抗酸化力に優れており、エイジングケア効果があるとされています。
POINT2の血行促進については【ジンセンX】(朝鮮人参)を配合する事によって実現しています。
ジンセンXには血小板の凝血を防ぎ血液の流れをスムーズにし、細くなった血管を拡張する働きがあります。
POINT3ではブルーベリー葉エキスにより、GABA生産促進を実現しています。
これらと特許技術により、ディセンシア【アヤナス】ではコラーゲンを170%増加させる事に成功しました。
実はコラーゲンって、外から摂取しても意味はありません。
コラーゲン以外もそうですが、人の体にもともとあるコラーゲンなどの成分は、同じ成分だとしても外から入ってきたモノを受け取る事はあり得ませんし、浸透したとしても同じ役割はしてくれません。
つまり外からいくらコラーゲンを摂取しても、それはただの保湿成分でしかなく、元から肌にあるコラーゲンと同じ様に働く事はあり得ません。
これは肌から摂取しても、ドリンクとして摂取しても同じ事です。

コラーゲンを増やしたい場合、体の中でコラーゲンを増やして貰うしかありません。
ディセンシア【アヤナス】のトライアルセットはそれが出来ます!

要はコラーゲンを生みだしているのが繊維芽細胞なので、繊維芽細胞に働き掛ければいい訳です。
とはいえ繊維芽細胞を摂取してもコラーゲンと同様、意味がありません。

ポーラ・オルビスではオリジナルの成分【CVアルギネート】を使用しています。
これは繊維芽細胞に直接働きかける事によって、繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲン生産を促す成分なんです。

さらにディセンシア【アヤナス】は合成香料不使用!
天然植物成分で保湿効果とリラックス効果のあるゼラニウムとラベンダーが使用されています。

初回限定のプチプラ価格¥1480でこれらの高性能化粧品を試せるのはとってもお買い得です。
初回限定では送料も無料で、30日間の返品保証も付いています。

高性能エイジングケア化粧品をプチプラ価格で試せるチャンスですよ★

公式サイト→アヤナストライアルセット

スポンサーサイト


★こちらの記事も合わせて読む★
保湿の鬼と化した30代の私によるスーパースキンケア|保湿クリーム乱用編
30代のアンチエイジングに必要なスキンケア化粧品を徹底調査!実際に使用した感想も
美容ライターおすすめ保湿クリーム2019|アンチエイジングにも優れた優秀クリーム
30代からのスキンケア化粧品でバカを見ない為の正しい成分の見分け方を詳しく解説!
気になるほうれい線にはドクターコスメ!老け顔を回避する優秀コスメを発見!
ダブル洗顔不要のミルククレンジングで美肌を作る方法とヴェレダの紹介
UV対策するならナチュラグラッセ最強日焼け止めがおすすめ!危険な近赤外線とは?
おすすめ美容液は肌をふっくらとエイジングケアしてくれるrms!ハリ&弾力アップ!
アンチエイジングも出来る優秀美容オイルで老化とおさらばしましょう!
ホホバオイルでツヤ肌を作る方法!オイルパックや化粧直しの方法も詳しく図解
超可愛いおすすめ韓国コスメ|持ってるだけでアガるコスメ110選!スキンケアも
シアバターはガサガサ肌の強い味方|全身に使えるシアバターを徹底検証!
手作りコスメはアルガンオイルがおすすめ!エイジングケア成分を高配合したレシピも
スキンケアにおすすめ化粧品10選|これを正しく使っていれば美肌を手に入れられる!
アンチエイジングに適した美容液を美容ライターが厳選紹介!本当に良いのはこれ!
スキンケア化粧品まとめ|シワ・たるみ・くすみケアにいい化粧品を美容ライターが12選紹介
スキンケアでのツヤ肌の作り方|肌は保湿とオイルが命?ガサガサ肌と今日から絶縁
肌荒れに化粧水はダメ?間違ったケアしてるかも!肌荒れをおさめる正しいスキンケア
アンチエイジングの鬼と化した元ものぐさ女がしてきた3つの方法|老化原因も解説
おすすめオールインワン化粧品★エイジングケアも可能な優れもの5選を厳選紹介!
ターンオーバーとは?ターンオーバーを乱すNGスキンケアとおすすめ化粧品まとめ
肌荒れを起こす間違ったスキンケアまとめ|正しいケアでエイジングにストップ!
30代におすすめの基礎化粧品と美肌スキンケアまとめ|正しいケア方法も紹介★
韓国コスメのスキンケア化粧品がかわいいと話題【ドクタージャルト】のペンギンセット
美肌をスキンケアで手に入れる方法|美肌になりたいならやるべき5つの方法とは?
美容ライターおすすめヒト幹細胞コスメ!エイジングケア化粧品で最も優秀なのは?
おすすめ洗顔料10選|肌タイプ診断付きだから自分の肌に合った洗顔料が選べる!
ポリューションとは?実は老化を招く原因になる!おすすめ化粧品とケア方法も紹介
アンチエイジングならドクターズコスメ!優秀スキンケアコスメだけ厳選して紹介
ほうれい線は筋肉のたるみ!スキンケアだけでは消えないほうれい線に対策方法はある?
朝のスキンケアでメイク崩れを起こさない肌を作る!まだまだ乾燥する春先はどうする?
アンチエイジングに必要な成分は?エイジングケア成分が配合されている化粧品も発表!
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です