ほうれい線は筋肉のたるみ!スキンケアだけでは消えないほうれい線に対策方法はある?

こんにちはdokuzyoです。また来ましたほうれい線の回です。私の中で永遠のテーマなので何回でもやります!ほうれい線ケア方法を更新したのでまとめ記事をまた作ってみました!




整形・注射に頼らずほうれい線対策する方法

ほうれい線を完全に消すとなるとやっぱりヒアルロン注射とか整形になってしまいます。
しかし実際そこまでしてほうれい線を消そうと思う女性は少ないのが現状…。

怖いし費用も嵩むしそこまでしてケアするのはちょっと…と二の足を踏んでしまいます。
実際私もそうで、整形外科やエステに行ってまでほうれい線を消そうとは中々思えません。

なので自分で出来るほうれい線が消えるケア方法を常に模索している訳です。
30代も半ばに近付いてくると、スキンケアとマッサージだけでは中々ほうれい線は消えてくれません。

とはいえまだ30代…自分でほうれい線ケアを出来る年代でもあるので、まだまだ諦めずケアを続けていきたいです。

ほうれい線が消えると話題の注射だけど実は…

今はやりのヒアルロン酸注射…確かに効果はあります。
ただし一時的にです。

一度手を出してしまうと永遠に続けなければいけない方法ともいえます。
それは何故か。

実はヒアルロン酸を直に真皮に注入したとしても、時間が経つと肌の中で飛散して結局は元のたるんだ肌に戻ってしまうんです。
ヒアルロン酸は肌の中に物理的に液体を注入する訳ですから、内側に液体を入れた事によって肌を強制的に膨らませている訳です。

つまり肌の弾力が戻る訳ではない!!
という事をまずしっかり認識しなければなりません。

そんな都合のいいものではないんです。
整形になると肌の中に糸を入れて引っ張る、なんて方法もありますが、それも強制的に頬を引っ張り上げているだけで弾力が戻る訳ではありません。

肌の弾力は表皮の更に下、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の現象と崩壊によってハリが失われます。
たるみについては真皮の更に下、筋肉が衰える事で皮下組織から肌がたるんでいる状態です。

では何故肌はたるみ、ほうれい線が出来てしまうのか、そのメカニズムを知って根本からほうれい線をケアしていきましょう!!

何故筋肉のたるみでほうれい線が出来るのか

ほうれい線が出来る一番の原因は【光老化】と呼ばれる老化現象が原因です。
光老化とは【紫外線】【ブルーライト】【近赤外線】の三つの光が肌にもたらす老化現象の事で、なんとこの光老化は加齢が進む原因の80%にもなるんです!

加齢による老化はたったの20%!!
つまり光老化さえなんとかすれば肌は通常よりも長くエイジングによるダメージを受けずに済むという事でもあります。

他にも肌がたるむ原因としてあげられるのが【光老化】【乾燥】【加齢】【重力】【急激なダイエット】【表情癖や噛み癖】【マッサージのやり過ぎ】など。
ほうれい線の大敵とも言える【光老化】を具体的に解説していきます。

ほうれい線の大敵!光老化の正体とは?

光老化について詳しく図解したので見てみて下さい。

紫外線には紫外線A波と紫外線B波の二種類があるって知っていましたか?
A波の方が波長が長い分、肌の奥まで浸透しコラーゲンやエラスチンを破壊します。

B波は基底層までしか届かないとはいえ、基底層にはシミやくすみの元になるメラニン生成場所であるメラノサイトがあります。
メラノサイトに紫外線があたる事によって、メラノサイトは紫外線から肌を守るためにメラニンを沢山作ります。

そしてブルーライトは紫外線A波と似た波長である事から、同じく真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊します。
そして近赤外線ですが、これがもっとも肌の奥まで届いてしまいます。

その波長はなんと真皮の更に下、皮下組織にまで到達し、筋肉を衰えさせてしまうんです。
これにより肌はたるみほうれい線が出来てしまいます。

しかも紫外線が地上に降り注いでいるパーセンテージは10%に対し、近赤外線は50%も地上に降りそ沿いんでいるんです。
個人的には肌のたるみの原因のほとんどは近赤外線なのではないかと考えています。

コラーゲンなどがある真皮までのケアなら、ドクターズコスメなどの最新技術が搭載された基礎化粧品でケア出来るのですが、皮下組織まで老化原因が到達してしまうと、基礎化粧品ではどうしようもありません。
皮下組織まで浸透する化粧品はまず無いからです。

つまりほうれい線を消したい場合、この皮下組織まで何とかしてケアしなければ根本から肌の弾力を取り戻す事は出来ないという事なんです!

ほうれい線は真皮と表皮の結びつきが弱くなる事でも起きる

真皮と表皮の結びつきが弱くなる事で起こるエイジングは【ほうれい線】【マリオネットライン】【ゴルゴライン】【首のたるみ】【目元のクマ】などがあります。
肌はふっくらとさせる担当を司る真皮とうるおいを保つ係である表皮によって構成されており、この二つの結びつきが弱くなる事で重力によって下にずれてしまい、肌がたるんでしまうんです。

特に目元は皮膚が薄くたるみやすい傾向にあり、ゴルゴラインと呼ばれる致命的なシワやたるみが原因で起きる黒クマも目立ってしまいます。
これらのたるみにはコラーゲン生成を促進するレチノールが配合されている化粧品がおすすめです。

ほうれい線は筋肉のボリュームダウンでも起こる!

肌は表皮と筋肉によって支えられる事によって、ふっくらとした弾力を維持する事ができます。
筋肉が年齢と共に減少してしまう事は皆さん知っていると思います。

筋肉の衰えは、体だけでなく顔でも起きているんです。
特に頬がたるみやすい傾向にあります。

上でも説明したとおり、近赤外線による筋肉へのダメージ+加齢によっても筋肉は衰えてしまいます。
丸顔の人、頬の面積が広い人は頬が頬が下がりほうれい線が目立ってしまいます。

筋肉のボリュームダウンをケアするには、表情筋のトレーニングとリンパマッサージがおすすめ。
口を大きく開けたり、目を見開いたりして普段はあまり動かさない筋肉をケアしましょう。

リンパマッサージで首元をケアする事によって、たるみやすいフェイスラインのケアにも繋がります。

実はピーリングでもほうれい線対策が出来る!?

ピーリングをする事でターンオーバーを促進する事が出来ます。
ターンオーバーを促進する事で、コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞の働きを活性化させる事が出来るんです!

ほうれい線対策にはピーリングも取り入れよう!

肌が自ら生まれ変わる力=ターンオーバーの事を差します。
肌の最も外側にある表皮の細胞は、古い細胞を排出し、どんどん新しい細胞が作られています。

細胞が常に新しく生まれ変わる事によって、使い古されたくすんだ細胞は剥がれおち、新しく元気な細胞が表皮を健康的に、美しく保ってくれています。
細胞が自ら生まれ変わる働きの事を【ターンオーバー】と呼びます。

通常ターンオーバーは28日間で行われるのが理想的とされています。
肌の水分保持能力やバリア機能にも深く関わっているため、ターンオーバーが乱れると肌の水分量が低下したり、刺激も受けやすくなってしまうんです。

加齢や紫外線、ホルモンの影響などで乱れてしまうターンオーバーを正常に保つ事こそ、美肌を作る上でもっとも重要な要素になります。
ほうれい線ケアにもターンオーバーを正常にする事はとっても重要です。

ターンオーバーは上で説明したとおり、細胞が次から次へと生まれる事によって、どんどん上へ移動していく働きの事です。
基底層の基底細胞から生まれた細胞は、表面に上がっていく度に有棘細胞→顆粒細胞→角質細胞と姿を変えながら移動していきます。

この移動中に肌のうるおいをキープする為のヒアルロン酸、フィラグリンといった天然保湿因子の元や、セラミド、コレステロールなどの表皮の隙間を埋める細胞間脂質を放出していきます。
これにより肌は自ら潤う事ができ、同時にバリア機能も備わるんです。

しかし加齢によりターンオーバーの周期が長くなってしまうと、これらの潤いの元が生成されにくくなり、結果乾燥し、バリア機能も低下した肌になってしまいます。
細胞が上に押し上げられる力も弱まる事によって、肌表面にはつねに古い角質が敷き詰められた状態に陥ってしまいます。

乾燥により角質の間に隙間ができ、セラミドの量が減り表皮がスカスカになってしまいます。
隙間が出来た表皮は紫外線などのダメージを肌の奥に通しやすくなってしまうので、エイジングが加速したり肌トラブルが絶えない肌になってしまうんです。

古い角質が肌表面を覆う事で、基礎化粧品も浸透しにくくなるばかりか、肌はくすみ、シミが出来てしまう場合もあります。
だからこそ、古い角質を除去し、ターンオーバーを促進してくれる角質ケアが必要なんです。

ターンオーバーの理想的な周期は28日。
どれだけこの理想的な日数にターンオーバーを近づけられるかが、美肌への鍵となります。

20代をピークに30代では約40日、40代では45日、50代ではなんと55日もターンオーバーにかかってしまうんです!

毎日使っても大丈夫なピーリングやスクラブが肌に優しくおすすめです。
中でも刺激の少ない角質ケア用の酸であるAHAが配合されているサンリットのピーリング石鹸がおすすめ!

今なら4種類の洗顔石鹸がセットになったお得なトライアルセットを¥1200で購入する事が出来ます。
公式サイト→美肌に導くピーリング石鹸サンソリットのスキンピールバー

対策①いつものスキンケア+ローラーでほうれい線を消す

いつものスキンケアと言っても、実際には光老化ケアに着目して作られている化粧品や、リフトアップ効果のある基礎化粧品を使ったスキンケアという事です。
ただ保湿するだけの基礎化粧品ではほうれい線を消す事は不可能だからです。

私が使っている光老化に着目して作られている美容液はこちら。

ドクタージュ【パーフェクトセラム】¥6482(税抜)
公式サイト→ドクタージュ

ビタミンC誘導体って聞いた事ありますか?
浸透率が高く、肌に馴染みやすい成分で、美白化粧品にもよく配合されている成分です。

そもそもビタミンCによる肌への効果はメラニン生成の抑制や抗酸化作用、コラーゲンの生成促進、皮脂分泌抑制など美肌に欠かせない効果があります。
しかし往来のビタミンCは皮脂を突破する事が出来ず、肌に塗っても効果がないとされていました。

そこで浸透力の高いビタミンC誘導体が開発されたんです。
皮脂を突破し肌の奥にまで浸透しやすくなったビタミンC誘導体ですが、それでもまだ不十分でした。

そこでドクタージュが美容液に配合したのが【浸透型ビタミンC誘導体Fundos C-IS】です。
肌のバリア機能と保湿を司っているラメラ構造に馴染みやすく、水分保持を手伝ってくれるのでふっくらとしたハリのある肌に導いてくれます。

こういった効果のある基礎化粧品を使う事はとっても重要なのですが、さらにローラー型の美顔器と併用する事でさらなる効果を期待出来ます!

リフトアップクリームとローラーでほうれい線対策!

基礎化粧品では筋肉の衰えをケアする事は出来ません。
だからこそローラーによる筋肉のケアが必要なんです!

ローラー美顔器と言っても5万も10万もする様な美顔器はいりません。
それなら美容整形できるレベルの出費になってしまいますからね。

大体1万から2万程度のローラー美顔器で大丈夫です。
私が使っているのもドクターシーラボの1万くらいのローラーです。

基礎化粧品を使う時はとにかく頬を下に引っ張らない事!
常に上へ上へ持ち上げるイメージで化粧品を付けましょう。

しかし引っ張り過ぎは厳禁です!
肌の組織は繊細なので引っ張り過ぎると皮膚が伸びてほうれい線が濃くなってしまうので気を付けましょう。

さらに基礎化粧品を使う場合はハンドプレスする事をおすすめします!
顔を温める事で成分が浸透しやすくなります。

光老化ケアやリフトアップ効果のある基礎化粧品+ローラーでかなりほうれい線をケアする事が可能です。
ローラーは出来ればゲルマニウムを配合しているものがおすすめです。

私が今欲しいのはこれです。
イラストにも描いてある【リファ プラチナゲルマニウムローラー】¥19800現在¥15800で購入可能。

公式サイト↓

ゲルマニウムはもちろんの事、プラチナコーティングもされており、肌が酸化しにくい仕様になっています。
プラチナって抗酸化作用があるんです。

肌が酸化するって聞いた事ありませんか?
肌が酸化すると肌細胞の働きが悪くなり、美肌が維持できないどころかエイジングを進める原因になると言われています。

ゲルマニウムは肌に触れると微弱な電波を発し、肌の電位を正常化してくれるので、不要な物質を取り除いてくれます。
さらに良いのがこの形!

この形はプロのエステティシャンに顔をぎゅっと引き上げてくれる設計になっているんです。
これでエステに行く必要もありません!

ただローラーを使う上で気を付けたいのは【やり過ぎ】です。
コロコロし過ぎるとアザになる事もあるらしいので気をつけましょう。

公式サイト↓

マッサージとヘアブラシでほうれい線対策!

マッサージはほうれい線ケアに重要です!
衰えた筋肉をケア出来るのはローラーによるマッサージと手によるマッサージです。

マッサージする事によって筋肉のコリをほぐし、リンパを流したり血行を促進する事ができます。
衰えた筋肉はマッサージでケアしてあげるのが一番です。

ほうれい線は筋肉をほぐして消す!

上のイラストに続き下記のイラストによるほうれい線ケアも行いましょう。

③は頬のたるみを引き締めるマッサージで、リフトアップクリームや保湿クリームを塗った直後、顎にも親指を添えながら、親指と人差し指の間で頬を持ち上げる様に上へ滑らせていきます。

クリームを塗っていないと肌に摩擦を与えてしまうので気をつけて下さい。
他にも丁度ほうれい線が目立つ小鼻の両サイドを指先でグリグリとほぐすのも効果的です。

一か所5秒くらいで指を上へ移動しながら目頭まで三か所ほどをグリグリほぐします。
これを3セットやると良いですよ。

④は肌の広いヘアブラシで髪を両サイドから掻き上げる様にとかすケア方法です。
ブラシをイラストの様にしっかりと持ち、左右と中心を後ろへとかします。

これにより皮膚が上へ引っ張られるのでほうれい線に効果的です。
体の皮膚は全て繋がっているので、髪の毛を後ろへ流す様にとかすのはほうれい線のケアにも繋がります。

他にも全然関係ないと思える足の裏のマッサージもほうれい線に効果的なんです。
椅子に座りテニスボールくらいの大きさのボールを足の裏でコロコロ転がす事もほうれい線ケアに繋がるんですよ!

頭皮マッサージでたるみを解消!

気づいたときにこめかみをマッサージするのも効果的!
手の平で左右のこめかみをぐっと圧迫し、後ろへ引っ張ります。

10秒を3セットで一日三回くらいが目安です。
これも顔が後ろに引き上げられている感じがして気持ち良いですよ!

★POINT★
顔と頭皮の皮膚は当たり前ですが繋がっています。
顔のたるみは頭皮からも来ているので頭皮マッサージって意外と効果的なんですよ!

コンシーラーとハイライトでほうれい線対策!

ここまではほうれい線のケア方法を紹介しましたが、もちろんメイクでもほうれい線を上手に目立たなくする事も可能です。
美肌をメイクで作る際、実はツヤがある方が綺麗に見えます。

しかしほうれい線の事を考えると、マットな肌の方が目立ちません。
それには光の反射が関係しています。

ツヤ肌は肌に光沢を作る事で顔に奥行きを出せて立体的に見せる事が出来るのですが、ほうれい線の凸凹を目立たせる事になってしまう場合もあります。
マットに肌を作り、ハイライトで目元や鼻筋を目立たせる方が無難かなと思います。

あと顔がテカってきてもほうれい線が目立つ傾向にあります。
小まめにあぶら取り紙でケアしつつ、パウダーでメイク直しするようにしましょう。

とはいえ気づくとテカッってる!という事も多々あります。
オイリー肌の場合、皮脂コントロールしてくれる基礎化粧品がおすすめです。

乾燥肌でテカるタイプもあります。
私はこのタイプで、肌が乾燥する事によって慌てて皮脂を分泌してしまうんです。

メイク前に保湿クリームやオイルなどを使ってしっかり保湿する事によってテカリを防止する事も出来ます。

ほうれい線を目立たせない為にはコンシーラを仕込む!

もう一つの方法がコンシーラです。
コンシーラには沢山の種類がありますが、私がほうれい線におすすめするのは光りでくすみを飛ばすタイプのコンシーラです。

一番ほうれい線が目立つ小鼻の両脇にコンシーラを仕込む事で、ほうれい線に付きものの頬の影を緩和する事ができます。
ほうれい線の何が嫌って小鼻の両脇に影が出来る事ですよね?

小鼻の影を光でくすみを飛ばす系のコンシーラで目立たなくします。
とはいえ日々のほうれい線ケアも欠かさず行いましょう。

ほうれい線はメイクで隠すのが非常に難しいエイジングなので…。
ちなみに私がおすすめするほうれい線隠しにおすすめのコンシーラーはこちら★

エスティローダ【ダブルウェアマキシムカバーメークアップ】¥4000
光でくすみや影を払拭!肌にぴったり密着し自然な仕上がり★

こちらのコンシーラーは割りとマットに仕上がりますし、めちゃくちゃ伸びます!
カバー力も結構高くてシミやそばかすも隠せますよ♪

ファンデーションとの密着性も高いので、メイク崩れもしにくいという特徴が。
光で影を飛ばすタイプのコンシーラーなのでほうれい線を隠すのに打ってつけです!

どうすればほうれい線ができずに済むのか

そもそもほうれい線が出来なければこんなに気にする必要はないんですよ…。
でも出来てしまう…それは何故か。

長年蓄積された光によるダメージ、さらに肌の酸化、肌は老化する様に作られているんです。
とはいえ加齢による老化は20%程度なので年齢は気にする必要はありません。

問題なのはやっぱり光老化なんです。
上で説明した三つの光をブロックしてくれる肌に優しい日焼け止めを紹介しておきます。

紫外線や近赤外線は夏だけではなく冬場も降り注いでいて、実は一年中しっかり日焼け止めでケアする事が大事なんです。
もっと言えば家の中にいても日焼け止めは必要です!

特に近赤外線と紫外線A波は波長が長いので余裕で家の中に入ってきています。
しかもしっかり保湿が出来ていない場合、肌のバリア機能が低下しているので光によるダメージを受けやすくなっています。

出来れば家から出なくても毎日日焼け止め効果のある化粧品を使う事をおすすめします!
肌に優しくあまり塗っているという感覚がない日焼け止めはこちら。

ほうれい線対策には日焼け止めが最も有効

ナチュラグラッセ【UVプロテクションベース】30ml ¥3200(税抜)
商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

まずUVプロテクションベースは紫外線吸収剤は使われていません!

配合されているのは紫外線散乱剤のみ!
実は紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めがハワイで使用禁止になったって知ってましたか?

詳しい事は分かりませんが、もしかしたら紫外線吸収剤の危険性を考慮しているのかもしれません。
紫外線吸収剤は肌に塗るととても見た目が良く使い心地に優れてはいるのですが、肌に合わない人も結構いて、肌トラブルを引き起こしてしまう人もいるんです。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱に変換して肌の外に放出するという機能があるのですが、熱に変換する際に化学反応が起きています。
化学反応を起こしている時に、肌に刺激を感じる人もいるとか。

さらに紫外線吸収剤はアレルギーを引き起こしてしまう場合もあるそうです。
ナチュラグラッセが採用する肌に優しい紫外線反射材は【酸化チタン】を使用しています。

酸化チタンは危険!という煽りブログもある様ですが日焼け止めとして使う分には特に問題はありません。
肌への刺激も少ないので敏感肌の人にもおすすめです。

ただ、紫外線散乱剤は効果が薄いとも言われています。
しかしナチュラグラッセのUVプロテクションベースはカット率がかなり高いのが特徴。

光ダメージの種類 カット率
紫外線カット SPA50+ PA+++
ブルーライトカット 97.2%カット
近赤外線カット 92.9%カット


SPAとは肌が日に当たりだした15~20分で肌が焼け始めるのに対し、何分肌が焼けるのを遅らせる事が出来るかを示しています。

SPA20なら日焼けにかかる時間を二倍にできるという意味なので、15~20分×2=日焼けまでにかかる時間となる訳です。

ナチュラグラッセのUVプロテクションベースはSPA50+なので5倍以上日焼けまでにかかる時間を延ばせるという訳です。
ちなみにSPAは紫外線B波に対しての効果ですが、PAは紫外線A波に対する効果になります。

PAとは紫外線A波の防止効果を示す数値です。

PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある

ナチュラグラッセのUVプロテクションベースはPA+++なので非常に効果があるという訳です。
実際炎天下に長時間いる訳ではないので、PA++くらいあれば事足りるらしいですよ。

さらにナチュラグラッセは独自の処方で紫外線錯乱剤が肌に均一に付着する様に作られています!
均一に付着する事によって、ムラを無くし、白浮きを防止する事に成功!!

紫外線散乱剤ベースオイルを一緒に配合する事によって均一に肌に付着し、ベースオイルは潤い成分として肌に浸透し、肌を通り抜けない紫外線散乱剤だけが均一に肌の上に残るという仕組みです。
肌が潤うとバリア機能が向上するのでさらにダメージを受けにくい肌になるんです。

一般的な日焼け止めは美容成分と一緒に配合されていない為、紫外線錯乱剤がUVに負け、揮発性が上がってしまいます。
紫外線錯乱剤の効果が弱いと言われる所以でもありますが、ナチュラグラッセはモイストエッセンス処方を施す事でこの揮発性を回避!

さらに均一に付着する事で自然と肌がトーンアップするという優れものです!

商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

こちらの記事で近赤外線をカット出来る日焼け止めを沢山紹介しています→光老化とは?正しいケアでアンチエイジングになるケア方法と光による老化原因

公式サイト↓

ほうれい線が消えれば-10歳も夢じゃない!

今回のほうれい線ケアまとめはどうでしたか?
無理してローラー美顔器を買わなくても、マッサージでも十分ほうれい線ケアに繋がります。

まあ、ただ…余裕があればローラーは買う事をおすすめします。
コロコロすると結構目に見えて分かったりするので…。

ほうれい線は日々の積み重ねで消す!
特に光によるダメージには気をつけよう!

今日は紫外線を沢山浴びてしまった…という日は抗酸化作用のある基礎化粧品をいつもより多めに使ってケアしましょう。
おすすめは上で紹介したドクタージュやフラセラ。

これですね。

抗酸化作用化粧品ででエイジングをケア!

雑誌でも注目されているドクターズコスメ【フラセラ】のトライアルセット ¥1800(税抜)
公式サイト→【92%実感】フラセラ化粧品トライアルセット1,800円+税【送料無料】

フラセラは雑誌やテレビなどで多数紹介されている「美容皮膚科 わかばクリニック(六本木)」院長 工藤さやかが100%開発したドクターズコスメなんです!
なんと7年以上もの歳月をかけて作り出された化粧品なんです。

ハリ・ツヤ・保湿の三大要素を叶える事の出来るフラセラをお得なトライアルセットでお試し出来ます。
フラセラには名前の由来にもなっている【フラーレン】が高配合されています!
その証にフラーレンを高配合していないと記載出来ないロゴマーク【R.S】がしっかり入っています。

フラーレンは活性酸素を除去する働きのある最先端成分で、アンチエイジングには欠かせない成分でもあります。
さらにAPPSも配合されているフラセラはもはや前後左右敵なし!

もっと言うと【アスタキサンチン】まで配合されていて、フラセラを使っていればあらゆる肌トラブルとエイジングを回避する事が出来ると言っても過言ではありません。
アンチエイジングをするならまずはこちらのフラセラ、トライアルキットを試す事をおすすめします!

アスタキサンチンも抗酸化作用のある成分で、アスタリフトにも高配合されいてる優秀成分です。
さらにハリ・保湿の二役をこなしてくれる【グリセリルグルコシド】も配合!

まずはお試しでトライアルセットを使ってみると良いですよ!
ほうれい線ケアにも勿論おすすめです!!

筋肉のたるみをケアする美容クリーム!

アイルミッド皮膚科学ラボ【ディアフルラン】通常価格¥11,000
公式サイト→ディアフルラン

皮膚科学生まれの乾燥小じわ専用美容クリーム!
しかも小じわへの効能確認がされているクリームなんですよ!

抗シワ効能評価ガイドライン規定は20項目あり、全てをクリアするのはかなり難しいのですが【ディアフルラン】はlこの項目を全てクリアしている乾燥小じわ専用のクリームなんです。

ディアフルランはほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴ線専用のクリームでもあります。
これらの深いシワは筋肉のたるみから来ている事に着目し、筋肉のたるみをケア出来る細心の皮膚科学より開発された美容クリームなんです!

さらに厳選された10成分が高配合されています!
その中に【ムラサキバレンギクエキス】というものがあり、これがアシルセラミドを増やす手伝いをしてくれる重要な成分です。

アシルセラミドとは普通のセラミドよりも長い棒状のセラミドで、この長いセラミドが下の層のセラミドと重なり合う事でラメラ構造を安定させています。
アシルセラミドがなければラメラ構造は簡単に崩れてしまうのです。

10つの配合されている成分を順番に説明していきます。


【プロパンジオール】
保湿剤として高い保湿力をもつ成分で、安全性も高くグリセリンと併用するとさらに効果が高くなる成分。


【グリセリルグルコシド】
グリセリルグルコシドには優れた保湿力とリフトアップ効果もあるとされており、日本酒300mlに1gしか含有していない希少な成分でもあります。さらに肌の水分を一定に保ってくれる働きがあり、肌の中の水分を移動する事によって保湿が足りない部分にも水分を運んでくれます。これによりふっくらとしたハリが肌に生まれ、埃からも肌を守ってくれる優れた成分です。


【グリコシルトレハース】
世界最先端と揶揄されるバイオ技術による優れた艶潤いを持った成分で、肌のキメを整えツヤを向上させてくれる美肌に適した成分です。


【ヒアルロン酸na】
高い保湿力をもっており、油分とは異なるしっとりとした質感を引き出す事の出来る成分です。角質層の水分量を高め、肌にしっとり感やなめら感のある保護膜を作ってくれます。


【ユズ果実エキス】
柚子エキスはヒトのもつセラミドと似た構造の分子をしている為、肌に馴染みやすいという特徴があります。保湿力も高く血行促進も促してくれる上、角質剥離作用もあるのでピーリング効果も期待できる成分です。


【アロエベラ葉エキス】
繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす働きのある成分です。保湿力も高く、バリア機能を高めターンオーバーを正常にする働きもあります。


【ムラサキバレンギクエキス】
ムラサキバレンギクエキスは角質層にあるセラミドを効率よく生み出す働きを高める働きがあります。


【ヒマラヤンラズベリー抽出液】
繊維芽細胞によるコラーゲン、ヒアルロン酸生成機能に着目して配合されたヒマラヤンラズベリー抽出液。抗老化作用があり、繊維芽細胞によるコラーゲン生成の促進作用があります。さらにシワ改善作用もある成分です。


*アシルセラミドを増やす働きを手助けしてくれる『ムラサキバレンギクエキス』はお肌の保湿にとっても重要な成分なんですよ!

公式サイト↓






★こっちの記事も合わせて読む★
朝のスキンケアでメイク崩れを起こさない肌を作る!まだまだ乾燥する春先はどうする?
アンチエイジングに必要な成分は?エイジングケア成分が配合されている化粧品も発表!
ターンオーバーとバリア機能を整えて美肌になる方法!素肌力を高めて肌をキレイに
30代の美肌はスキンケアだけでは作れない!食べ物と基礎化粧品を見直して美肌美人に
乾燥肌はエイジングのサイン!乾燥肌を治すスペシャルケアとおすすめ化粧品&食物
日焼け止めだけでも大丈夫?クレンジングは?正しいUVケアと基礎化粧品の使い方
中々消えないシミ…消し方は種類によって違う?消えないのは対処法が違うからかも
サンソリットのピーリング石鹸を使ったらニキビと毛穴が驚くほど気にならなくなった!
アンチエイジングまとめ|おすすめスキンケア方法と基礎化粧品8選を詳しく紹介!
アンチエイジングと食べ物の関係とは?肌が若返るおすすめ食べ物を一挙に紹介!
アンチエイジングの意味は?肌のハリを保つ方法・食べ物・化粧品も紹介
フリーラジカルとは?アンチエイジングとも関わりがあるフリーラジカルの対処法
お金をかけずにアンチエイジング!すぐに出来るお手軽ケア方法10選で若返り
アンチエイジングにアスタキサンチンが良い訳|おすすめ化粧品や食べ物も紹介
アンチエイジングには医薬品がいい?医薬部外品&アンチエイジング化粧品7選
アンチエイジングにはヒト幹細胞を使うべし!美容ライターおすすめ化粧品3選
アンチエイジングの美容オイルはどれがいい?本当にいい美容オイルだけを紹介
美容ライターおすすめのアンチエイジングスキンケアはこれ!若返り化粧品の最高峰
30代美容ライターが本気で推す【たるみ・毛穴】に効く化粧品&ケア方法2019
アンチエイジングで若々しい肌を保つ!化粧品・食べ物・運動・マッサージ方法まとめ
30代・40代のアンチエイジングと美容ライターおすすめ化粧品30選|2019
30代から始めたい美肌作りまとめ【2019】美容ライターおすすめ化粧品30選
アンチエイジングは何からすればいいの?エイジングケアの前にお肌の準備をしよう
意外と知らないアンチエイジングの真実!これさえ知っていれば老けない肌になれる!?
アンチエイジングはヒト幹細胞が配合された化粧品を使うしかない!おすすめ化粧水
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です