インナードライは下地を使う前にスキンケアでしっかり保湿するのが一番重要!

インナードライは肌表面は過剰に分泌される皮脂に覆われベタベタしていますが、肌内部は乾燥してカサカサしている状態。
そんなインナードライに合う下地は果たしてあるのか、今回はインナードライ肌と化粧下地についてまとめました!

インナードライの特徴は?

まずは自分の肌が本当にインナードライなのか確認してみましょう。
インナードライはオイリー肌と見極めるのが難しく、意外と違っていたりもします。

チェックリストを用意したので確認してみて下さいね★

インナードライの特徴チェックリスト

インナードライスキン
□洗顔直後にかさつく
□洗顔後、時間が少し経つとべた付く
□毛穴が開いている
□肌にハリがなく、細かなシワが多くある
□ニキビが出来やすい
□べた付くスキンケアはイヤ

インナードライスキンのお手入れの仕方は?
水分が逃げるのを防止してうるおいを補給し肌質を改善させよう。
皮脂量が多く水分量が少ないインナードライは、すっきりタイプの洗顔料は止め、化粧水はたっぷりめに使うのがマスト。
セラミド入りの美容液なども有効です。

オイリー肌の特徴チェックリスト

オイリー肌
□洗顔しても直ぐに皮脂が浮いてくる
□見た目で肌がてかっている
□毛穴が開いている
□肌が硬くゴワついている
□朝起きると肌がべたついている
□昼休みの化粧直しは絶対必要

オイリースキンのお手入れの仕方は?
油分を少なめに使い、日中もしっかりと皮脂ケアをする!
皮脂量も水分量もあるオイリースキンの人は油分を与え過ぎないスキンケアがおすすめ。
あっさりめの乳液やクリームを使う方がいいでしょう。
日中も浮いてきた皮脂はしっかりあぶらとり紙でオフする事で皮脂ケアになります。

インナードライに合う下地について

インナードライだと皮脂を抑える下地だと肌への刺激が強すぎ、トラブルに繋がってしまいます。
かといってナチュラル系の肌に優しい下地だと、皮脂分泌をカバー出来ずメイク崩れの元に…。

ではインナードライはどの様に下地を選べばいいのか…。
一番手っ取り早いのはインナードライを改善してしまう事です。

インナードライになる理由

インナードライの人の多くが間違ったスキンケアによって、肌内部の乾燥を招いてしまっています。
間違ったスキンケアを止め、正しくケアする事でわりと直ぐに改善する事が可能なんです。

インナードライになってしまう理由としては、過剰な皮脂ケアが原因に挙げられます。
洗顔を過剰に行ってしまったり、乳液やクリームを使わない、あるいは少々しか使用していないなど、さっぱりとケアしたいが為に行っているスキンケアの所為でオイリー肌からインナードライになってしまう場合が多くあります。

さっぱり系のケアを止め、正しくスキンケアをしてあげればインナードライは改善できます。

インナードライの改善方法

インナードライを改善してしまえば、どんな下地でも自由に使う事ができます。
インナードライにおすすめの化粧品の種類をまとめたので参考にしてみて下さい★

インナードライにおすすめクレンジング&洗顔

インナードライの場合、粉末タイプの洗顔料は使わない様にしましょう。
粉末タイプは酵素で洗うものが多く、ピーリング効果が付いています。

酵素でのピーリングを続けると乾燥肌に陥ってしまう事も。
それ以外の洗顔料なら問題はありません。

インナードライにおすすめ化粧水

インナードライの場合、保湿力に優れた化粧水がマスト。
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されているとろみのある化粧水を選ぶ様にしましょう。

セラミドはヒト型セラミドと呼ばれるセラミドが配合されているものが好ましいです。
動物や植物性のセラミドでは、人の肌に元からあるセラミドと分子の形が異なるため、肌に馴染みにくいというデメリットがあります。

化粧水は適量より多めに使うようにしましょう。
二度付けでもOKです。

インナードライにおすすめ美容液

インナードライの場合、美容液を使うのもおすすめ。
保湿力の高いプラセンタやアルガンオイルなど、肌をしっかり保湿してくれる美容液を選びましょう。

二種類以上の美容液を使う場合は、水分が多く柔らでシャバシャバしているものから順に使う様にしましょう。

インナードライにおすすめ乳液・クリーム

乳液とクリームには肌に油分を与える保湿効果と化粧水などの水分が肌から逃げていかない様にフタをする役割があり、インナードライの人には必ず必要な基礎化粧品です。

今までべた付きやテカリが気になるあまり使ってこなかったという人はインナードライに陥っている可能性が高いです。
顔がつっぱる感じがする場合、高確率で肌の水分は足りていません。

乳液やクリームを選ぶ際も保湿効果の高い成分が配合されているものを選ぶ様にしましょう。
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、尿素、グリセリンなどなど。

テカリが気になる部分がある場合は、その個所には薄く塗り、ニキビがある場合はニキビ部分には塗らない様にしましょう。

インナードライで下地を使う場合

改善するのは分かったけど、改善するまでは下地はどうすればいいの?
という問題にあたると思います。

これはもうナチュラル系の下地を使うしかありません。
ただ、インナードライでも肌荒れなどのトラブルがない場合には皮脂ケアの配合されている下地を使っても問題はありません。

インナードライで下地を使う時の注意点

インナードライでも、敏感肌になってしまっている人は要注意!
ナチュラル系の下地やファンデを使う様に心がけましょう。

テカリが気になるけど特に肌トラブルがない人は、下地を塗る際に特に気になる小鼻にしっかり下地を塗り込むのが重要。
肌をテカらせない為には上下左右から下地を塗る必要があります。

ようは指先でしっかりとクルクル塗りをすればOK!
皮脂吸着系の下地なら、この塗り方で十分メイク崩れを防止できます。

汗やテカリが気になる場合は下地を塗る前にこちらの化粧品を使うのがおすすめです!

脅威の制汗ジェルでテカリ知らずの肌へ

サラフェプラス ¥8480
顔用の制汗ジェルでもうテカらない!

こちらは汗によるテカリが気になる人におすすめのジェルです!
メイク前の化粧下地として使用する事で、制汗作用によってテカリを抑えます。

汗と皮脂をしっかり抑えてくれる優れもの!
他ブランドの制汗剤と比べてもその優秀さはぴかいち!


これからの季節、汗や皮脂によるメイク崩れは避けらない…。
今年こそは制汗クリームでテカり知らずの肌へ!

インナードライのメイク前ケア方法

インナードライのメイク前の効果的なケア方法を紹介します!
インナードライは肌内部の水分が足りていない状態。

そのままメイクをすると過剰に分泌される皮脂でメイクが崩れ、乾燥した肌にはファンデが上手く密着しません。

インナードライのメイク前スキンケア方法

そもそもインナードライは肌の内部が乾燥している事によって、肌を潤そうとして沢山の皮脂が分泌される事でテカってしまうんです。
つまりメイク前にしっかり化粧水や乳液で肌を水分で満たしてあげれば、皮脂を抑制する事にも繋がりますし、ファンデの密着度も向上させる事が出来ます。

肌は乾燥しているとキメが乱れ凸凹した状態に…。
その上にいくらファンデを塗ってもうまく定着してくれず、すぐにメイクが崩れてしまいます。

インナードライの場合、メイク前のスキンケアで化粧水を二度付けする事をおすすめします。
出来れば保湿効果の高い化粧水を使うのがいいでしょう。

保湿効果のない化粧水では、いくら肌に浸透させてもなかなか肌に馴染んでくれず、結果すぐに肌から蒸発してしまいます。
肌なじみがよく、保湿効果の高い化粧水を二度づけし、尚且つ乳液や美容液もしっかり使いましょう。

さらに化粧水や乳液を塗るごとにハンドプレスするのもおすすめ。
ハンドプレスする事で化粧品の浸透力をアップさせる事が可能。

さらにブースター系のスキンケアを使うのもおすすめです。
ブースター&化粧水としても使えるおすすめはこちら!

アルージェ【ローションしっとりタイプ】
アルージェを一番最初に使う事で、その後のスキンケアも浸透力がアップするんです!

アルージェは水分をしっかりと肌の中に浸透してくれる技術が凄いんです。
さらに色々な成分を配合せず、シンプルに纏める事で敏感肌でも使う事の出来る、刺激の少ない化粧水です。

アルージェには天然セラミドが配合されています。
セラミドとは本来肌の角質層の角質細胞間に存在している脂性の成分で、肌の水分を抱え込み外へ逃がさない働きをしている大事な成分なんです。

こちらは角質層を拡大したイラストです。
ラメラ構造と呼ばれる肌の大事なバリア機能に、セラミドは存在しています!

このラメラ構造にあるセラミドが不足する事で、肌は乾燥したり敏感肌になったりしてしまうんです。
ただ、セラミドが配合されている化粧水って実は沢山存在しています。

その中でもアルージェが飛びぬけて高い浸透力を持っている理由は、アルージェ独自の【ナノモイスチャーテクノロジー】のお陰!
高浸透性と高親和性を兼ねそろえているから、しっかり肌に浸透し、さらに肌へしっかり馴染むんです。

セラミドをナノ化する場合、どうしても界面活性剤を使用する事になり、その微量の界面活性剤で刺激を覚えたり、肌トラブルを引き起こす場合もあります。
しかしアルージェのナノ化セラミドは界面活性剤を一切使用せず、ナノ化する事に成功!

肌のトラブルの元となるものがほとんど含まれていない化粧水なんです★
ナノ化セラミドがしっかり肌に浸透し馴染む事で肌のバリア機能を回復させ、刺激に強い肌を作り、尚且つ他の化粧品の馴染みも上げてくれるんです。

馴染みと浸透性の高いアルージェを最初に使う事で、水分の通り道が肌の中にでき、その後に使うスキンケア化粧品の浸透力もアップするという仕組みなんです!

 




★こっちの記事も合わせて読む★
【2019/6/発売】テカリ防止の優秀アイテム|コーセー新作コスメを試したのでレビューまとめ
インナードライの化粧水は保湿力で選ぶ!保湿力が高いおすすめ化粧水10選|2019
アンチエイジングは何からすればいいの?エイジングケアの前にお肌の準備をしよう
意外と知らないアンチエイジングの真実!これさえ知っていれば老けない肌になれる!?
アンチエイジングはヒト幹細胞が配合された化粧品を使うしかない!おすすめ化粧水
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です