スキンケアで最低限肌に必要なものを徹底調査!毎日のスキンケアを簡単にする方法

スキンケアって毎日朝と二回、時間がない時でもやらない訳にはいきませんよね?
たまにはサボりたくなる日もあります。

美容に気を使っていても、やっぱりどうしても面倒くさい時ってあるんです。
そういう時、スキンケア化粧品は何を省いて何を使えばいいのでしょう?

今回はスキンケアで絶対に必要なものと、必要ではないもの、毎日のスキンケアを簡単にする方法も紹介します★
まずは自分の肌質をチェックしてみましょう!



必要なスキンケアを知る為の肌質チェック

肌がテカリやすいから脂性肌かも…と思うのは実は間違い。
乾燥肌でも肌はテカる場合があります!

チェック項目を用意したのでまずは自分の肌質を確認してみましょう。

肌質チェックとそれぞれのお手入れ方法

肌の状態を見極める二大要素は皮脂量と保湿能力です。
皮脂量と保湿能力を見れば自分の肌質がおのずと分かってきます。

①ドライスキン
□洗顔後、何もつけないでそのままにしておくとつっぱる
□朝起きると肌がかさついている
□肌を少しひっかくと赤くなる
□小皺が目立つ…
□キメは細かい
□ニキビは出来にくい

ドライスキンのお手入れの仕方は?
洗顔では皮脂の落としすぎに注意し、水分と油分、両方をバランスよく与えるスキンケアを心がけて。
ドライスキンの人はセラミドやヒアルロン酸が配合されている基礎化粧品がおすすめ。
しっかりと乳液とクリームも使う様にしましょう。


②オイリースキン
□洗顔しても直ぐに皮脂が浮いてくる
□見た目で肌がてかっている
□毛穴が開いている
□肌が硬くゴワついている
□朝起きると肌がべたついている
□昼休みの化粧直しは絶対必要

オイリースキンのお手入れの仕方は?
油分を少なめに使い、日中もしっかりと皮脂ケアをする!
皮脂量も水分量もあるオイリースキンの人は油分を与え過ぎないスキンケアがおすすめ。
あっさりめの乳液やクリームを使う方がいいでしょう。
日中も浮いてきた皮脂はしっかりあぶらとり紙でオフする事で皮脂ケアになります。


③インナードライスキン
□洗顔直後にかさつく
□洗顔後、時間が少し経つとべた付く
□毛穴が開いている
□肌にハリがなく、細かなシワが多くある
□ニキビが出来やすい
□べた付くスキンケアはイヤ

インナードライスキンのお手入れの仕方は?
水分が逃げるのを防止してうるおいを補給し肌質を改善させよう。
皮脂量が多く水分量が少ないインナードライは、すっきりタイプの洗顔料は止め、化粧水はたっぷりめに使うのがマスト。
セラミド入りの美容液なども有効です。


④ノーマルスキン
□肌トラブルは起きにくい
□べた付かないくらいの適度な皮脂がある
□肌がみずみずしくしっとりしている

ノーマルスキンのお手入れの仕方は?
ノーマルの場合は今のスキンケアを続けながら保湿ケアをプラスする事で肌質がアップします。
理想的な肌状態なので基本的なスキンケアでOK。
しかし年齢が進むと乾燥しやすくなるので、少し肌が乾燥していると感じる時には保湿ケアをプラスするのがベスト。


⑤コンビネーションスキン
□Tゾーンはべた付くが目元、口元、頬は乾燥している
□30代になってから顎などのフェイスラインがべた付く
□胸元や背中の真ん中にニキビができやすい

コンビネーションスキンのお手入れの仕方は?
乾く場所とべた付く場所は分けてお手入れするのがマスト。
顔全体に保湿成分の入った化粧水を使い、乳液やクリームは乾く場所にだけ塗る様にしましょう。

*肌質チェック参照…皮膚科医【高瀬聡子】先生&予防医療コンサルタント【細川モモ】先生著書『いちばんわかるスキンケアの教科書』




化粧水はスキンケアに必要?

化粧水がスキンケアや美容に必要かそうではないかの論争は、ずっと続いてもいます。
どちらが正しいのか一概には言えませんが、化粧品の本質を知る事で自分に必要かどうかを判断する事は可能です。

自分の肌に化粧水は必要?

まずは化粧水は何のために使うか知っていますか?
多くの人は保湿と答えるのではないでしょうか?

実は化粧水にはほとんど保湿効果はありません。
化粧水の成分の99%近くは水で出来ています。

残り1%に美容成分や保湿成分が配合されているんです。
そもそも化粧水の働きとしては、肌の角質層に水分を与え皮膚を柔軟にし、みずみずしい滑らかな肌へ導いてくれるものです。

え?水分を与えてみずみずしい肌にしてるじゃん!?って思いますよね?
保湿の概念についてまずは説明する必要があります。

肌の保湿の概念とは?

肌が保湿されている状態って、どういう状態だと思いますか?
化粧水でたっぷり肌に水分を与えれば保湿されていると思いますか?

実はそれ、間違った知識なんです!
肌が保湿されている状態というのは、角質層にしっかり水分があり、尚且つ水分が逃げていかない様に油分でフタがされており、肌全体に水分が行き渡っている状態の事なんです。

つまり、化粧水だけをたっぷり使ったとしても、水分だけが補充されているだけで、肌を保湿した事にはなりません。
水分だけを肌に与えても、直ぐに蒸発し肌は乾燥した状態になってしまうんです!

化粧水にも水分を保持する保湿成分が配合されているものもありますが、化粧水のほとんどは水で出来ているので、どのみち化粧水だけの保湿成分では、肌をしっかり保湿する事は出来ないんです!
そもそも、化粧水に重きを置いているのは日本人だけです。

日本人は皮膚が薄く、肌が乾燥しやすいため化粧水に重きを置いてしまいがちですが、絶対に使わなければいけないスキンケアアイテム、という訳では決してありません。
ただ、インナードライや乾燥肌の人は化粧水で水分を補填してあげるのも大事です。

肌の水分はターンオーバーと共に角質層や顆粒層などの表皮に運ばれます。
しかしもともと乾燥肌の人はこの水分を保持する事が出来ず、肌の表面が乾燥しがちです。

また、加齢によってターンオーバーが遅れる事でも水分が角質層に行き渡らなくなります。
30代以上、または乾燥肌、インナードライの人には化粧水は必須アイテムと言えます。

肌の一番上の層にあたる角質層にある角質細胞の中には天然保湿因子というものがあり、これが外の水分を吸引してくれます。
その能力を利用して作られたものがスキンケアです。

つまり化粧水は美容成分が1%未満だったとしても、肌の水分量が足りない人には水分として肌には必要とも言えます。
また、5000円以上など、高額な化粧水の場合、美容成分が1%未満しか配合さていなかったとしても1%未満で美容作用を促せる成分が配合されている場合もあります。

美容成分や保湿成分が1%以下しか配合されていなくても、1%以下で事足りる成分であれば、化粧水を塗る事にかなり意義はあります。
ただ、プチプラと呼ばれる安い化粧水の場合、美容成分や保湿成分には期待出来ません。



乳液やクリームはスキンケアに必要?

乳液とクリームは肌にとっての役割としては同じです。
乳液よりもクリームの方が油分が多いのが特徴です。

乳液とクリームを使うべき肌質の人

こちらは角質層の拡大イラストです。
保湿を司るのは主に角質細胞の間にある細胞間脂質と呼ばれるセラミドと水の層です。

先ほど、化粧水で水分は肌に補填しました。
しかしそれだけでは肌は保湿された事になりません。

その為、乳液かクリームで油分を与える必要があります。
油分を与える事で、肌の表面にも膜を作る事ができ、水分が逃げるのを防げます。

乳液とクリームは両方を併用しても問題はありませんが、脂性肌の場合、どちらか一つにした方が良いでしょう。
脂性肌は油分が多いので、乳液の方がさらにおすすめです。

脂性肌だからといって乳液もクリームも使わないのはNG!
油分もちゃんと肌に与えてあげないと、インナードライや混合肌になってしまいます。

また、乾燥肌の人は乳液とクリームの併用、または保湿力の高いクリームを使うのがおすすめです。
保湿力が高いクリームというのは、油分が多いだけではなく、ヒト型セラミドが配合されているクリームという事です。

こちらは細胞間脂質にあるセラミドを拡大したイラストです。
セラミドは棒状で、先端がマッチ棒の様になっており、そこに水分がくっついています。

この肌にあるセラミドと全く同じ形をしているものを【ヒト型セラミド】と呼びます。
ヒト型セラミドが配合されている化粧品の何が優れているかというと、肌にあるセラミドと同じ形をしている事で親和性が高く、肌によく馴染み肌の水分が逃げていくのを阻止してくれます。

動物性セラミドや植物性セラミド、人工セラミドでは得られない効果です。
セラミド入りの化粧品を選ぶ時は、ヒト型かそうでないかを確認するのがおすすめ。

成分一覧表に【セラミド~】と書かれているものが、ヒト型セラミドが配合されている証拠です。
実はヒト型セラミドのみ、成分一覧表にセラミドと書く事が出来るので直ぐに分かります!



スキンケア化粧品で一番使いたいのは?

上の説明で行くと、では使うべきスキンケアは一体何なのか、という問題に戻ってしまいます。
結局のところ全部使わなければいけないのではないか、と。

はっきり言ってしまうと乾燥肌・インナードライの人は化粧水も乳液もクリームも使うべきです。
しかしそれ以外の肌質の人の場合、どこに一番重点を置くのがいいのでしょう?

一番使うべきスキンケアアイテム

美容の観点から言って、使うべきアイテムは【美容液】です。
一番お金をかけるべきなのも美容液です。

というのも、美容液には美容成分がたっぷり配合されているからなんです。
美容の事を考えるなら美容液はマストアイテムと言えます。

乾燥肌やインナードライではないのなら、乳液ORクリーム+美容液がおすすめ。
この場合、美容液を一番最初に使う事になります。

もちろん化粧水+美容液+乳液ORクリームが日本人の肌には理想的です。
しかしどうしても毎日そんな事していられない!たまにはサボりたい!

という時にはとにかく美容液と乳液ORクリームは使う様にしましょう。
言うまでもありませんが、洗顔については絶対に行って下さい。

顔を洗顔しないと菌や皮脂が除去出来ず、肌荒れやニキビ、毛穴目立ちの元になるので要注意です!
洗顔だけはどんなに疲れていても絶対に行う様にしましょう。



スキンケアに必要な成分は?

では化粧水や乳液、クリームや美容液に配合される大事な成分とは何なのでしょう?
とにかく肌を保湿できる成分が重要です!

水分が肌から逃げていくのを阻止してくれる成分が配合されている化粧品を選ぶ様にしましょう!

肌の保湿に必要な成分

ヒト型セラミド

セラミドとはもともと人の肌に存在する脂性成分で、肌の水分を抱え込み閉じ込めて肌のバリア機能を高める働きのある成分。
セラミドにはセラミド1・セラミド2・セラミド3が存在し、これらがヒト型セラミドと呼ばれる天然のセラミドで、ヒト型の天然セラミドが配合されている場合、配合一覧成分には【セラミド○】と記載されているのですぐに分かります。

乾燥肌や敏感肌の人は、先天的、あるいは後天的にセラミドが著しく不足している人の事です。

ヒアルロン酸・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

通常のヒアルロン酸にも高い保水力がありますが、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムはさらに高い保水力があります。
さらに肌なじみもいいので肌との親和性を高めながらしっかりと肌を保湿出来ます。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは資生堂が特許を取っており、資生堂化粧品によく配合されています。

グリセリン

多くの化粧品に配合されている広く知られた保湿成分です。
乾燥の他にも、シワやたるみにも効果的とされており、保湿化粧品とうたっているものの多くはグリセリンが含まれています。

スクワラン

スクワランには動物性と植物性があり、現在では植物性が多く使用されています。
べた付きが少なく保湿力に優れており、乾燥による肌荒れにも効果的です。

尿素・ウレア

肌の水分を保持し、肌を柔らかくしてくれる保湿成分です。
もともと肌に存在する【天然保湿因子】の一つなので、こちらも肌に馴染みやすいです。

肌をしっとりと保湿し、硬くなってしまった肌を柔らかくしてくれます。

レチノール

レチノールとは別名でビタミンAの事。
エイジングケアとしても名の知れた、アンチエイジング成分の王様ともいえる代表的な成分です。

肌をしっかり保湿し柔らかくたもち、尚且つ肌荒れを防ぎ肌にハリを与えてくれます。

ワセリン

ワセリンはリップクリームやハンドクリームにも多く使われている医薬品でもおなじみの成分です。
皮膚の上にバリア膜を生成してくれ、肌から水分が逃げていくのを阻止してくれる働きがあります。

コラーゲン

コラーゲンを肌に使う場合、ハリや弾力ケアではなく保湿成分として使用されます。
コラーゲンは口径摂取する事で、体内部でコラーゲンを生成するシグナルを増やす事が最近の研究で分かりました。



簡単スキンケアにはこれが一番!

スキンケアを簡単に済ませるなら、何を置いても【オールインワン化粧品】を超えるものはありません。
オールインワン化粧品には肌に必要な成分がどっさり配合されているので、それ以外のスキンケアは必要ありません。

ただ、乾燥肌の場合、最初に化粧水を使ってからクリームタイプのオールインワンを使うのがおすすめです。
人気&優秀なオールインワン化粧品をいくつか紹介していきます★

ヒト型セラミド配合!トリニティライン

大正製薬ドクタープログラム【トリニティライン】通常価格¥3800(税抜)
定期コース申し込みなら初回はなんと50%OFFの¥1900(税抜)!!

公式サイト→【トリニティーライン】

オールインワン化粧品の中でも高い優秀さを持つジェルで、モンドセレクションも9年連続で最高金賞を受賞しています!
トリニティラインは大正製薬のドクタープログラムが開発しており信頼性も高いオールインワン化粧品です。

トリニティラインの凄い所はセラミド2と言われる人の肌にもある高い水分保持力を持ったセラミド成分が高配合されている事!

トリニティラインの凄い所はこれだけではありません。
なんといってもナノ化技術が凄い!!

独自に作り上げたナノカプセルにセラミドなどの美容成分を閉じ込め、肌の奥に浸透してからカプセルの中から美容成分が出てくる事によって、保湿したい場所をしっかり保湿する事ができるんです。
実は私もトリニティラインは実際に使いました。

塗った瞬間肌がツルツルになるんです!
直ぐに肌に浸透していくのも分かります。

あのツルツル感は人生初の体験でした。
トリニティラインは美容成分を何と全体の95%も配合しているので水を一滴も加えていません!

水であった部分を全て美容成分に置き換える事で、保湿だけではなくエイジングケアまで出来てしまうオールインワン化粧品になっています!

乾燥肌と敏感肌にもおすすめ美白化粧品!セシュレル

7日で美肌へ導いてくれるオールインワン化粧品&サプリセット!
お得なお試し用がお手軽に試せます。

公式サイト→【セシュレル】

外側と内側をW美白する事でたった7日間で美白を実感できるというオールインワン化粧品★
こちらはテクスチャーがクリームなのですが、そこにもこだわりが。

敏感肌の人はジェルタイプを使うと肌への刺激が強過ぎてしまうそうです。
一番肌への刺激が少ないクリームタイプにする事で、敏感肌の人でも美白ケアをする事が出来るんです!

もちろん無添加だから安心して使う事が出来ます。
しかもこちらは定期購入ではなくお試し購入なのでお気軽に一回だけお試しする事が出来るのが嬉しいですね!

現在5分に一件の頻度で注文が入っているらしく、品薄状態になってしまっています。
再入荷はする様なのでそのチャンスを逃さずゲットしたいですね。

32種類の植物成分が肌に優しく働きかけてくれるので、敏感肌でも安心して美白ケアが出来るんです。
サプリメントには内側から自ら保湿出来る肌作りを手伝ってくれる成分が凝縮して詰め込まれています。

この表は使用を始めて七日までに変化を実感しているパーセンテージです。
七日間でなんと92.7%もの人が違いを実感しています。

内側と外側から働きかけるスキンケアだからこそ、七日間で実感する事が出来るんですね!
スキンケア化粧品では美白が思う様にいかない…という人も内側と外側から美白するセシュレルを試してみてはどうでしょうか?

セシュレル曰く、まず肌がしっかり自ら保湿出来る様な状態にしなければスキンケアをいくらしてもダメだそう…。
まず内側から肌をケアし、整ってきた所で外側から美白ケア!という感んじですね。

アンチエイジングも出来る!ライゼ

ライゼエッセンスセラム乳液 通常価格¥5616(税込)
次世代エイジングケア成分【卵殻膜】配合!

公式サイト→オールインワン化粧品ならライゼ

今話題の次世代エイジングケア成分とも言われている卵殻膜が配合されたオールインワン化粧品です!
卵殻膜とは文字通り、卵にある膜の事で、私たちも日常的に目にする事ができます。

生卵を割ると身が出てくる前に薄い膜が殻に張り付いていますよね?あれが卵殻膜なんです。
水に溶ける卵殻膜には驚くべき肌への効果が沢山あります!

私が一番驚いたのは繊維芽細胞を増やす働きがある事。
繊維芽細胞とはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作ってくれる細胞の事で、肌の弾力の元ともいえる大事な細胞です。

繊維芽細胞は年齢や紫外線によるダメージによって徐々に失われてしまい、肌の弾力も同時に失ってしまいます。
25歳くらいから繊維芽細胞が減少していくと言われています。

卵殻膜はなんと繊維芽細胞を2倍に増やしてくれる働きがあります!
さらに若々しい肌のハリの元となりコラーゲン3の生産も促進してくれるんです!!

コラーゲン3は、実は外から体内へ取り入れる事の出来ない成分なんです。
食べ物やドリンクでも摂取出来ないコラーゲンなので、体の中で作るしかありません。

ですが上でも説明したとおり、コラーゲンを作ってくれる繊維芽細胞の働きが悪くなってしまっていると、肌は若々しい弾力を維持する事が出来なくなってしまいます。
だから繊維芽細胞の働きを促進してくれる卵殻膜は次世代エイジングケア成分として注目されているんですよ!

ライゼの優れている点はこれだけではありません。
三種のセラミドを一緒に配合する事によって、肌に潤いを与えふっくらとさせてくれるんです。

さらに新製法の崩壊ゲルでしっかりと成分を肌に馴染ませてくれます。

ゲル崩壊とは、肌に塗った時にゲルが崩壊し、ゲルの中にある肌をふっくらさせてくれるオイルが肌の上に広がるシステムで、崩壊と同時にゲルに囲まれていた美容オイルが肌の中に浸透していきます。

肌の中に浸透したオイルはゆっくりと肌の中に広がるため、保湿継続に優れています。
意外と高いスキンケア化粧品を使っても塗って少しすると何だか肌が乾燥している様な気がするというか実際してるんですけど、それを防ぐ働きがあるんです。

こちらはオールインワン化粧品なのでこれだけでもOKなのですが、他の化粧品と併用して使う事もできます。
もっと保湿したい!という場合には他の化粧品を追加して使う事も可能ですよ!

シワを改善!ディアフルラン

抗シワ効能評価試験済みディアフルラン 通常価格¥11000
ゴルゴ線・マリオネットライン・ほうれい線専用のオールインワン美容クリームです。

公式サイト→ディアフルラン

満足度はなんと93.7%!!
ディアフルランはほとんど知られていないランガー線に着目して作られたオールインワン美容クリームなんです。

ランガー線とは皮膚組織にある境目の事で、このランガー線にそって深いシワが刻まれるとされています。
実際にゴルゴ線やマリオネットライン、ほうれい線が出来る場所にはランガー線が通っているんです。

ナノ化技術を搭載したディアフルランは、しっかりと肌に浸透し角質細胞間へ成分を届けてくれます。
ディアフルランに高配合されている10種の成分がこちら★

【プロパンジオール】
保湿剤として高い保湿力をもつ成分で、安全性も高くグリセリンと併用するとさらに効果が高くなる成分。


【グリセリルグルコシド】
グリセリルグルコシドには優れた保湿力とリフトアップ効果もあるとされており、日本酒300mlに1gしか含有していない希少な成分でもあります。さらに肌の水分を一定に保ってくれる働きがあり、肌の中の水分を移動する事によって保湿が足りない部分にも水分を運んでくれます。これによりふっくらとしたハリが肌に生まれ、埃からも肌を守ってくれる優れた成分です。


【グリコシルトレハース】
世界最先端と揶揄されるバイオ技術による優れた艶潤いを持った成分で、肌のキメを整えツヤを向上させてくれる美肌に適した成分です。


【ヒアルロン酸na】
高い保湿力をもっており、油分とは異なるしっとりとした質感を引き出す事の出来る成分です。角質層の水分量を高め、肌にしっとり感やなめら感のある保護膜を作ってくれます。


【ユズ果実エキス】
柚子エキスはヒトのもつセラミドと似た構造の分子をしている為、肌に馴染みやすいという特徴があります。保湿力も高く血行促進も促してくれる上、角質剥離作用もあるのでピーリング効果も期待できる成分です。


【アロエベラ葉エキス】
繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす働きのある成分です。保湿力も高く、バリア機能を高めターンオーバーを正常にする働きもあります。


【ムラサキバレンギクエキス】
ムラサキバレンギクエキスは角質層にあるセラミドを効率よく生み出す働きを高める働きがあります。


【ヒマラヤンラズベリー抽出液】
繊維芽細胞によるコラーゲン、ヒアルロン酸生成機能に着目して配合されたヒマラヤンラズベリー抽出液。抗老化作用があり、繊維芽細胞によるコラーゲン生成の促進作用があります。さらにシワ改善作用もある成分です。

コラーゲンを守る!プロジェマックス

クリームとアイクリーム美容液がセットになったエイジングに特化したオールインワン化粧品。
クリームなのに高保湿で顔全体にアプローチしてくれる優秀過ぎるオールインワン化粧品です!

公式サイト→【プロジェマックススターターセット】

欲しい機能をほぼ全て兼ねそろえているのにオールインワンなのが凄い。
まずクリームタイプはジェルに比べ保湿力が低いという問題があるのですが、プロジェマックスはそのデメリットを克服し、クリームにしか配合する事のできない有効成分を高配合しています。

中でも私が気になったのは【プロジェリン】
プロジェリア症候群で知っていますか?通常の10倍の速さで老化してしまう現象の事で、プロジェリンはそのプロジェリア症候群の研究中に発見された老化たんぱく質に着目して作られた成分なんです。

コラーゲンとエラスチンを強力にサポートする世界にも認められているエイジング成分です。
実は肌が老化したり紫外線などのダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンを攻撃するコラゲナーゼやエラスターゼが活性化してしまいます。

プロジェリンはこのコラゲナーゼやエラスターゼの働きを抑えてくれるんです。
コラーゲン、エラスチンは真皮で肌の弾力を司る非常に大事な成分です。

これらが失われる事で肌は弾力を失いたるんでしまうんです。
プロジェリンでしっかりコラーゲンやエラスチンを守ってあげる事が大きなエイジングケアになります。

コラーゲンはただでさえ30代になると一気に減ってしまうんです。

さらに紫外線などの影響でコラーゲン、エラスチンを減らさない様に予防しましょう。
プロジェマックスには他にも【SWT-7】が配合されています。

SWT-7も世界的に認められているエイジング成分で、7日間で眠っていた美貌が目を覚ます成分として、肌にハリや弾力を与えてくれます。
他にもケイ素(シリカ)が豊富な銀河水が配合されています。

ケイ素よりシリカの方が美容業界では聞く事が多いかもしれません。
シリカとはコラーゲンやエラスチンを束ねる働きがあります。

コラーゲンやエラスチンに束ねられる事で肌に弾力を与えているので、両方が十分に肌の中にあったとしても、エラスチンがコラーゲンを支えていなければ弾力は生まれないのです。
シリカはこの二つを束ねてくれる働きがあるので、肌にハリと弾力を与えてくれる成分として人気です。

他にも世界的に話題となったエイジング成分【シンエイク】も配合されています。
シンエイクはボトックス効果があり、肌に塗るボトックスとまで言われています。

ボトックスとは筋肉によるシワ、いわゆる笑いジワなどの表情筋によるシワを目立たなくさせる効果の事です。
笑いジワによるほうれい線もこれにあたります。

ハリ肌を実現!フィトリスト


公式サイト→フィトリフト オールインワンゲル
肌のハリをキープしてくれる凄いゲル!

ハリと弾力、うるおいUPにエイジングケアまで出来ちゃう優れもの!
肌を元気な状態へ導いてくれるフィト発酵エキス配合。

フィト発酵エキスはなんと30年を得て完成した美容成分なんです!
ヒアルロン酸の6.1倍の潤い力・コラーゲンの3.1倍の弾力・プラセンタの2倍のハリを実現してくれる高性能美容成分なんです。




スキンケアでアンチエイジングを考えるなら?

スキンケアでアンチエイジングを考えるなら、手抜きは出来ません。
オールインワンを使うにしても、美容液も併用する事をおすすめします。

また、アンチエイジングにおすすめの成分も紹介しておきます!
自分の肌悩みに合った成分が配合されている化粧品を選ぶのがいいですよ★

シミ・くすみをケアしてくれる成分

成分名 表示名 効能
アルブチン アルブチン・α-アルブチン シミを予防
トラネキサム酸 トラネキサム酸・m-トラネキサム酸 シミを予防
エナジーシグナルAMP エナジーシグナルAMP メラニンの排出促進
ビタミンC誘導体 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)・3-O-グリセリルアスコンビン酸(3GA) シミを予防・薄くする

シワ・たるみをケアしてくれる成分

D-アミノ酸 アミノ酸 酸化防止・コラーゲンを増やす
D-グルタミン酸 グルタミン酸 バリア機能の回復
コエンザイムQ10 CoQ10・ユビキノン 抗酸化作用
コラーゲン コラーゲン 食べる事でハリと弾力
酢酸レチノール 酢酸レチノール コラーゲンの生成を促進
シカクマメ種子エキス シカクマメ種子エキス 弾力繊維の再生促進
セラミド セラミド1・セラミド2・セラミド3 バリア機能を保つ
パルミチン酸レチノール パルミチン酸レチノール ハリと弾力をもたらす
レチノール 純粋レチノール 肌荒れを防ぎ、ハリとしなやかさを齎す

毛穴・ニキビをケアしてくれる成分

成分名 表示名 効能
グリシルグリシン グリシルグリシン キメを整え毛穴を小さくする
アクアインプール PEG・PPG-14・7ジメチルエーテル 毛穴を小さくする
グリチルチン酸ジカリウム グリチルチン酸ジカリウム 炎症を抑え肌荒れやニキビをケア
パルミチン酸レチノール パルミチン酸レチノール ハリと弾力を齎す
ボタンボウフウ 長命草 血行促進・くすみ改善など

肌の酸化を防止してくれる成分

代表的な成分はフラーレン!

フラーレンとは?

フラーレンは同素体で出来た同一元素の分子で宇宙にも存在する分子です。
ビタミンCやビタミンEが特定の活性酸素を除去するのに対し、フラーレンは全ての活性酸素を抑制する働きがあります。

抗酸化作用はなんとビタミンCの約172倍とも言われています。
活性酸素は紫外線にあたったり、大気汚染に触れたり、ストレスを感じたりすると肌の中に発生し、肌を錆び付かせてしまいます。

肌細胞が錆び付くと、働きが悪くなりシミやシワ、たるみやくすみ等のエイジングが進んでしまうんです。
フラーレンには抗酸化作用の他にも、アクネ菌を除去する効果があるので、ニキビ予防にも役立ちますし、メラニンも抑制してくれるので美白にも役立ってくれます。

フラーレンを高配合している化粧品には【R.S】というロゴが記載されています。
またフラーレンが配合されている化粧品を選ぶ時は浸透力の上がるAPPSが一緒に配合されているものを選ぶと良いですよ。

フラーレンの他にも【プラチナ】【アスタキサンチン】【月桃エキス】【ビタミンE】などがあります!
中でも【ムラサキシキブエキス】は敏感肌の人でも使える抗酸化作用のある成分なんですよ!

肌を再生するのに役立つ成分

①ヒト幹細胞培養液
②グロスファクター
③ビタミンC誘導体APPS
④DDS

ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とは、ヒトの細胞を培養する際に出る液体の事で、細胞そのものの事ではありません。
ヒト幹細胞培養液は大きく分けるとグロスファクターに入りますが、配合されている化粧品は大抵ヒト幹細胞培養液と記載されています。

普通のグロスファクターと違う点は、500種類以上のグロスファクターがヒト幹細胞培養液の中には含まれている事です。
ヒト幹細胞培養液の中には上の表に記載した【EGF】【FGF】【IGF】【TGF】【PDGF】などが含まれています。

これらのグロスファクターがそれぞれの細胞に働きかける事によって、若々しさを保つために必要な細胞を活性化する事ができます。

グロスファクターとは?

成長因子であるグロスファクターの種類が沢山ある事は上で説明しました。
成長因子やグロスファクター配合と記載されている化粧品の場合、様々なグロスファクターが含まれているヒト幹細胞培養液とは違い、特定のグロスファクターが含まれています。

中でも多いのは【EGF】と【FGF】で、EGFは上皮成長因子とも言い細胞と成長の増殖の調節に重要な役割を果たしてくれます。
たいしてFGFは繊維芽細胞成長因子とも呼ばれ、真皮層を構成する繊維芽細胞に働き掛け、コラーゲンやエラスチンの組織を整える働きのある成分です。

このどちらも配合されている化粧品もあります。
ヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品よりは安価に手に入れる事が出来ます。

ビタミンC誘導体APPSとは?

ビタミンC誘導体って聞いた事ありませんか?
ビタミンC誘導体は普通のビタミンCを肌に浸透しやすくした成分で、他にも様々な種類がありますが、中でもビタミンC誘導体APPSは飛び抜けた浸透力を持っています。

そもそもビタミンCが肌にとってどう良いのでしょうか?
ビタミンCは身体の中で作る事の出来ないビタミンですが、体に必要な成分でもあります。

通常は食べ物からビタミンCを摂取しますが、大抵は臓器などに使われてしまい、肌まではビタミンCが巡ってきません。
ビタミンCはメラニンを抑制したりコラーゲンの生成を助けたり、抗酸化作用で肌の酸化を抑制したりターンオーバーを正常化したり皮脂分泌も抑制してくれます。

APPSは浸透力が高いので、ダメージを受けた真皮にまで到達し、ケアしてくれる成分なんです。
紫外線などでダメージを受けたコラーゲンなどの修復を手伝ってくれます。

DDSとは?

DDSとは医療業界では常識になりつつある薬のナノカプセルの事で、肌に例えると肌の欲しい個所までしっかり届け、カプセルが徐々に溶けだす事で長い時間効果を持続させる事の出来る技術です。

カプセル型の薬と同じ要領で肌にも長時間、欲しい場所に投与する事が出来るという訳です。
成分だけだと肌の中ですぐに散ってしまいますが、カプセルに入れる事で奥深くまで成分を届ける事が出来る技術なんですよ★






★こちらの記事も合わせて読む★
アンチエイジングにコラーゲンは本当に良い?2019最新!コラーゲンを増やす化粧品も紹介
アンチエイジングは基本が大事!直ぐに実践できる簡単ケアと押さえたいポイント
肌の老化を防止する食べ物と化粧品の成分まとめ|もう老けたくない人必見!
リフトアップに効くアンチエイジング|自分で出来るたるみを解消術とおすすめ化粧品
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めはこれ!成分で吸収剤と散乱剤を見分けよう
すぐに肌荒れを治したい!肌荒れの原因と美肌をキープする方法まとめ
日焼け後の正しいケアが美肌を作る!冷やすだけじゃ足りない?美白を取り戻す方法
肌が老化する原因は?医学的観点からみる肌老化の原因と今日から出来る対策まとめ
紫外線対策2019最新版|正しいUVケアと知識で肌にダメージを与えない!
APPSとは?肌への効果をイラスト付きで詳しく解説!APPS配合の化粧品も紹介
OLがやるべきスキンケア方法とメイク直しの方法!エアコンによる乾燥から肌を守る!
エイジングケアを始めるのにおすすめのスキンケア化粧品の紹介とレビューまとめ
ほうれい線を消したいなら使うべきスキンケア化粧品!実際に使用したレビューも
ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などのたるみ肌に特化した化粧品は?
すぐ始めたいエイジングケア!基礎化粧品の選び方とエイジングケアに欠かせない成分は?
エイジングケアは今すぐ始めるべし!トライアルセットのアットコスメ第1位はこれ!
オルビスユーで大人のエイジングケア!プチプラ優秀トライアルキットの口コミは?
エイジングケアに一番大事なのは?失敗するとエイジングが加速するスキンケアとは?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です