紫外線ケアにおすすめなスキンケアと日焼け止め!光老化を知ってアンチエイジング!

紫外線が肌に与えるダメージがどれほどのものか知っていますか?
紫外線ダメージを含む【光老化】について今回はスポットをあて、詳しく解説していきます★



エイジングの原因になる光老化

そもそも【光老化】って何か知っていますか?
紫外線による肌へのダメージは何となく知っていても、光老化となると知名度はまだまだ低いのが現状です。

実は老化の原因の80%が光老化だと言われています!
まずは光老化から詳しく解説していきます!

光老化とは何かを知ろう!

光老化の光とは【紫外線】【近赤外線】【ブルーライト】の事です。
この三つの光によって肌が老化する現象を【光老化】と呼びます。

まずは紫外線について。
紫外線は太陽光の一つでウルトラバイオレットライト、略してUVと言い、紫外線の種類には紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)紫外線C波(UVC)の三種類があります。

このうち地上にまで届いているのがUVAとUVBの二種類です。
この二つはそれぞれ波長の長さに違いがあります。

波長の長さに違いがあるという事は、肌のどこまで浸透するかにも違いがあるという事を意味します。
そしてブルーライトとはパソコンやスマホから生じている光で、性質はUVAに似ています。

さらに近赤外線についてですが、近赤外線の肌へのダメージは最近の研究でようやく解明されました。
実は近赤外線は太陽光の中で最も肌への浸透力が高く、肌を老化させる最もたる光でもあります。

三つの光のそれぞれの肌への浸透力は一番上のイラストの通りで、近赤外線がもっとも深く肌に浸透している事が分かります。
皮下組織には顔の弾力を司っている筋肉があり、近赤外線によって筋肉にダメージを受けてしまうとほうれい線やゴルゴ線、マリオネットライなどの致命的な深いシワが出来てしまうんです!

筋肉からたるみが起きてしまうので、スキンケアでたるみをケアする事がほぼ不可能になってしまいます。
さらに近赤外線は紫外線が10%程度しか地上に届いていないのに比べ、約50%も地上に降り注いでいます!

近赤外線は炎症性サイトカインを引き起こす事でMMPを活性化してしまいます。
MMPは活性化するとコラーゲンを破壊するので肌のハリまで損なう事になってしまうんです!

ブルーライトはUVAに性質が似ています。
UVAはUVBよりも深く肌に浸透し、コラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞がある真皮にまで達しこれらの細胞を攻撃・破壊してしまいます。

紫外線A波は主にシワやシミの原因になる紫外線です。
波長が長いので真皮にまで達し肌にダメージを与えます。

UVAによって日焼けをすると肌が黒く焼けます。
この現象を【サンタン】と呼びます。

紫外線B波によって日焼けをすると肌が赤くヒリヒリします。
この現象を【サンバーン】と呼びます。

UBVは基底層まで浸透し、肌に炎症を起こしたり、シミやそばかすの原因になったりします。
基底層にはメラニンを生成するメラノサイトがあります。

メラノサイトは紫外線から肌を守るためにメラニンを生成し、肌を黒くする事で防御力を高めようとします。
これにより肌が黒くなったり、シミやくすみが起きるんです。

通常は肌のターンオーバーによって焼けや細胞は肌から排出されます。
ターンオーバーについてはこちらの記事で詳しく解説しています→肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!







アンチエイジングは光老化ケアから

肌の老化原因の80%が光老化によるもの。
逆を言えば光老化さえ何とかしてしまえば肌老化の80%を遅らせる事が出来るという事です!

アンチエイジングと光老化は切り離せない

いくらアンチエイジング化粧品で肌をケアしても、光老化をしっかりケア出来ていないとイタチゴッコのまま、肌はいつになっても若々しさを取り戻せません。
まずは光老化をしっかりケアしない事にはアンチエイジングは始められません。

光老化の簡単なケア方法は日焼け止めを一年中塗る事です。
紫外線B波は5月から夏場に多く降り注いでいますが、紫外線A波や近赤外線は一年を通して同じくらい地上に降り注いでいます。

実は一年を通して日焼け止めを使わないと光老化はケア出来ないんです!
もっと言うと紫外線だけをカットする日焼け止めではなく、ブルーライトと近赤外線もカットしてくれる日焼け止めを一年通して使う必要があります。

さらに言うと紫外線A波とか近赤外線は部屋の中にいても侵入してきます、波長が長いので。
家から出ない日でも日焼け止めを使う必要が出てきてしまうんです。

つまり光老化を完全にカットする事はほぼ不可能に近く、だからこそ人間の皮膚は老化を止める事が出来ないともいえます。
もし日焼け止めに365日、しっかりと使ったとしても2.3時間おきに塗り直す必要があります。

これはどんな高性能な日焼け止めでも必要な事で、しっかり塗り直しをしないと太陽光をカットし続ける事が出来ないんです。
それなら日焼け止めを塗るより日焼けしないサプリを飲む方がいいかな、とも思うのですがサプリで近赤外線を防げるかどうかは甚だ疑問です。

では一体どうすればいいのか、完全に100%太陽光をカットする事は不可能ではありますが、日々のスキンケアで肌のバリア機能を高め、太陽光の侵入を軽減する事は可能です!







スキンケアで紫外線ケアをする方法

そもそもなぜ紫外線や近赤外線、ブルーライトが肌の奥にまで侵入してしまうのでしょうか?
実は肌にはもともとバリア機能があり、そのバリア機能が肌にダメージを与える可能性のあるものを遮断してくれるんですが、間違ったスキンケアや加齢によってバリア機能はどんどん低下してしまうんです!

バリア機能を整えて紫外線などの光をカットする方法

肌のバリア機能とは角質層にある角質細胞間脂質の事で、ここの構造をラメラ構造とも呼びます。

角質層の上にある皮脂膜も肌を守る大事な要素です。
角質細胞をアップで描くとこうなっています↓

角質細胞の中には天然保湿因子という水分を引き寄せる働きのある因子があります。
さらに細胞間脂質にはセラミドが存在し、油分であるセラミドが肌の水分を抱え込み閉じ込めています。

さらに皮脂膜によって肌の水分が逃げない様にフタをしています。
なぜこれほど肌を保湿する機能が備わっているのかというと、肌は保湿される事でバリア機能も向上するからなんです。

逆に言えば肌が乾燥しているとバリア機能も低下している事になります。
角質細胞間脂質がしっかりと水分とセラミドで満たされている状態がバリア機能が稼働する条件になるんです。

角質層で紫外線や近赤外線をしっかりカット出来ていないと、光によるダメージがダイレクトに肌に響いてしまいます。
ちゃんと毎日スキンケア使っているし、大丈夫だと思っていませんか?

毎日ちゃんとスキンケアを使っていても意外と肌は乾燥しています。
スキンケアを塗る時、どのくらい時間をかけて浸透させていますか?

ただ肌に塗っただけではスキンケアは肌に浸透しません。
時間をかけてじっくりと肌にしみ込ませる必要があります。

ブースター→化粧水→美容液→乳液→クリームが理想的なスキンケアですがこれらを5分程度で済ましてしまってはいませんか?
出来ればスキンケアだけで20分から30分は時間を使いたいところです。

というのも、高い化粧品では塗ってすぐ浸透するものはほとんどありません。
肌に均一に伸ばした後、手の平全体でぎゅ、ぎゅ、とゆっくり押し込む様にして化粧水を浸透させ、尚且つハンドプレスを用いてじんわりと成分を肌の奥に届ける必要があります。

化粧水が肌に浸透しないままで終わらせてしまうと、肌の内部に成分が浸透しないまま空気状に飛散してしまいます。
高い化粧品を使っていたら尚の事勿体ないですよ!

まずは化粧水をしっかり肌に浸透させましょう。







バリア機能を向上させる為に必要な成分

肌を保湿すればいいなら化粧水をたっぷり使えばいいじゃない!というのも間違い。
化粧水は水分なので水分だけでは肌に留まってくれません!

角質層の上部は確かに水分が少なくなっているので水分補給も必要ですが、水分と同時に油分も肌には必要なんです。
油分がなければ水分は肌に留まれません!

保湿におすすめの成分は?

保湿にもっともおすすめなのは【天然ヒト型セラミド】とセラミドを増やしてくれる成分です。
そもそも元から人間の肌にあるセラミドの形は決まっていて、植物セラミドや動物セラミドも保湿性には優れているものの、肌への馴染みは良くありません。

セラミドの形が違うので馴染みにくいんです。
セラミドが配合されている化粧品を使う場合はヒト型セラミドがおすすめです!

ヒト型セラミドは成分一覧にセラミド○と書かれているのですぐに分かります。
動物や植物のセラミドは一覧表にセラミドと記載出来ないんです。

化粧品の成分一覧表にセラミドと記載出来るのはヒト型セラミドだけです。
ヒト型セラミドは100%ヒトの肌にあるセラミドと同じ形をしているので直ぐに肌に馴染んでくれ、水分をしっかり保持してくれます!

肌のバリア機能を高めるならヒト型セラミドが配合されている化粧品を使うのが一番簡単です。
ヒト型セラミドが配合されているおすすめ化粧品はこちら★

セラミドを増やすライスパワーNo11配合!


こちらはセラミドそのものではなく、肌のセラミドを増やす働きのある医薬部外品【ライスパワーNo11】が配合されている化粧品のトライアルセットです。
セラミドを増やす事が出来れば肌は根本から保湿する事が出来ます。

ライスパワーNo11は基底層まで浸透するのでダイレクトに角質細胞を根本から改善する事が期待出来ます。
角質細胞がターンオーバーの過程でセラミドを作っているので、細胞が生まれる基底層に直接働きかけてくれるライスパワーNo11は効果的なんです。


おすすめセラミド入り保湿クリーム|ABI

超希少セラミド3が配合されているドクターズコスメ
【ABIモイストリペア】通常価格¥6000(税抜)

セラミド3が肌水分の約80%をコントロールし、水分が出ていきにくい肌を作ってくれます。
さらに肌表面をラップの様に保護してくれるから、バリア機能も上昇!

30代のエイジングケアには打ってつけの美容保湿クリームです。

ダメージを負った肌には紫外線の他にもアレルゲンや最近が入り易くなってしまいます。
これらをガードする事によってトラブルのない、丈夫な肌へと導いてくれるという訳です。

さらに肌の水分量が上がれば、紫外線を緩和してくれるラメラ構造が整うので、不要なエイジングを受けずにすみます。
肌が少しでも乾燥していると感じた時には、すでに肌内部は枯れ果てた状態かもしれません。

公式サイト↓

おすすめセラミド入り保湿クリーム|HAS

こちらはセラミドを作る働きをサポートしてくれる保湿クリーム。
HASモイストクリーム ¥4700(税抜)

この保湿クリームはセラミドを作る働きをサポートしてくれるヒト幹細胞培養液であるHASが配合されているクリームでとってもおすすめです。
HASとはヒト幹細胞培養液をさらに浸透しやすい状態にしたものです。

さらにβグルカンも配合されていて、こちらも浸透力を上げてくれる働きがあるほか、水分保持力にも優れているので肌にハリと潤いを与えてくれます。

他にも優秀な成分が配合されているのでおすすめの保湿クリームの一つです。

公式サイト↓

おすすめセラミド入り保湿クリーム|ディアフルラン

アイルミッド皮膚科学ラボ【ディアフルラン】通常価格¥11,000
公式サイト→ディアフルラン

皮膚科学生まれの乾燥小じわもケア出来る美容クリーム!
しかも効能確認がされているクリームなんです!

セラミドを増やす働きのある成分【ムラサキバレンギクエキス】が配合されている他、肌にハリを齎す成分も沢山配合されています★

ディアフルランに含まれる有効成分

【プロパンジオール】
保湿剤として高い保湿力をもつ成分で、安全性も高くグリセリンと併用するとさらに効果が高くなる成分。

【グリセリルグルコシド】
グリセリルグルコシドには優れた保湿力とリフトアップ効果もあるとされており、日本酒300mlに1gしか含有していない希少な成分でもあります。さらに肌の水分を一定に保ってくれる働きがあり、肌の中の水分を移動する事によって保湿が足りない部分にも水分を運んでくれます。これによりふっくらとしたハリが肌に生まれ、埃からも肌を守ってくれる優れた成分です。

【グリコシルトレハース】
世界最先端と揶揄されるバイオ技術による優れた艶潤いを持った成分で、肌のキメを整えツヤを向上させてくれる美肌に適した成分です。

【ヒアルロン酸na】
高い保湿力をもっており、油分とは異なるしっとりとした質感を引き出す事の出来る成分です。角質層の水分量を高め、肌にしっとり感やなめら感のある保護膜を作ってくれます。

【ユズ果実エキス】
柚子エキスはヒトのもつセラミドと似た構造の分子をしている為、肌に馴染みやすいという特徴があります。保湿力も高く血行促進も促してくれる上、角質剥離作用もあるのでピーリング効果も期待できる成分です。

【アロエベラ葉エキス】
繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす働きのある成分です。保湿力も高く、バリア機能を高めターンオーバーを正常にする働きもあります。

【ムラサキバレンギクエキス】
ムラサキバレンギクエキスは角質層にあるセラミドを効率よく生み出す働きを高める働きがあります。

【ヒマラヤンラズベリー抽出液】
繊維芽細胞によるコラーゲン、ヒアルロン酸生成機能に着目して配合されたヒマラヤンラズベリー抽出液。抗老化作用があり、繊維芽細胞によるコラーゲン生成の促進作用があります。さらにシワ改善作用もある成分です。

ディアフルランについてはこちらの記事で詳しく紹介しています→ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などのたるみ肌に特化した化粧品は?

公式サイト↓

即効ハリのあるうるおい肌を手に入れるオールインワン

しっとり肌になじむ感触【しろ彩 セラミドリッチクリーム】
天然ヒト型セラミド配合の無添加クリーム★

テレビでも紹介されて一躍話題となったクリームで、塗って直ぐに肌にハリを感じられる即効性に優れたセラミド入りのクリームです。
塗って直ぐに肌に馴染むほど肌へに親和性に優れています。

他にも必須アミノ酸が9種類全て含まれている【マリンプラセンタ】が配合されており、肌のキメを整えてくれます。
通常価格¥7400ですが定期購入なら初回は¥3700、二回目以降も¥5920で購入出来ます!

*税抜き価格

市販品でもセラミドが配合されているものがありますので、お近くのドラッグストアなどで見てみて下さいね★







紫外線ケアにおすすめ日焼け止め

日焼け止めの中でも近赤外線までしっかりカットしてくれるものだけを紹介★

近赤外線をカット出来るおすすめ日焼け止め

ナチュラグラッセ【UVプロテクションベースN】¥3456
うるおいで肌を満たして光ダメージから肌を守る日焼け止め!

配合されている紫外線反射剤成分は酸化チタンのみ。
オーガニックの日焼け止めです。

ホホバオイルやオリーブ果実油、グリセリンなどなど、ナチュラルな保湿成分が沢山配合されており、肌をしっとりと潤してくれます。
紫外線だけでなく、大気汚染・近赤外線・ブルーライトもしっかりカットしてくれます!

公式サイト↓


ペネロピムーン【エバーピンク】¥2750
天然由来の日焼け止め・化粧下地!

さらりとした付け心地でストレスなく使えます。
UVケアをしながらカラーコントロール・化粧下地・コンシーラー・美容液・毛穴カバーまでこなす欲張りクリーム★

紫外線だけでなく大気汚染・ブルーライト・近赤外線までカットしてくれる優れものです!
配合されている成分は酸化チタンと酸化亜鉛。

公式サイト↓



紫外線・近赤外線をカット&保湿までしてくれる日中用エイジングケアクリーム★
B.Aプロテクター 日中用クリーム・日焼け止め ¥11880

実は肌は紫外線にあたる事でも乾燥してしまう事に着目して、プロテクトしながらも肌を保湿してくれる高性能クリーム!
ポーラ独自の成分が肌を保護しエイジングケアも可能に★

公式サイト↓

光老化を防ぐ日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを塗っているのに日焼けした、なんて経験ありませんか?
実は日焼け止めは正しく塗れていないと日焼けしてしまうんです!

正しい塗り方をマスターして光老化をしっかりガードしましょう!

日焼け止めの正しい塗り方

①適量以上を使う様にする
適量より少し多めを手にとるようにしましょう。
少ないと塗っている意味がありません。

②顔全体に広げる
頬や額などの広い部分から内から外にむかって塗ります。
顔全体に塗り残しがないようにしっかりと!

③首とデコルテにも塗る!
露出が多くなる時期には首やデコルテもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

④焼けやすい部分は重ね塗り!
頬やTゾーンは顔の中でも高さのある部分なので一番日にあたりやすいです。
日焼け止めを追加して塗るのがおすすめ。

⑤手の甲もしっかりUVケア
手の甲は年齢が出やすい場所でもあります。
シミなどが出来ないようにしっかり日焼け止めを塗りましょう。

⑥耳と首の後ろもしっかりUVケア!
ショートカットやアップヘアをしていると意外と焼けやすいのがこの部分。
忘れずにしっかりと塗っておきましょう。

日焼け止めは肌が重くなるのを嫌ってつい少なめにしがち。
適量を塗らなければ日焼け止めの効果は発揮されません。

また、2.3時間置きに塗り直さなければ実は日焼け止めって意味がないんです。
面倒ですが日焼け止めは塗り直しがとっても大事ですよ!






★こっちも読んでみる?★
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めはこれ!成分で吸収剤と散乱剤を見分けよう
アリィーの顔用日焼け止め【エクストラUV】BBジェルの辛口レビュー・口コミ
日焼け止めだけでも大丈夫?クレンジングは?正しいUVケアと基礎化粧品の使い方







記事執筆にあたり参考にした専門書籍

『化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』著者…久光一誠
1997年、東京理科大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。

『おもしろサイエンス 美肌の化学』著者…福井寛
1972年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1974年広島大学大学院工学研究科修士課程修了。福井技術士事務所代表。受賞歴多数。

『いちばんわかるスキンケアの教科書』著者…高瀬 聡子
皮膚科医。ウォブクリニック 中目黒総院長。
慈恵医科大卒業後、同大に皮膚科医として勤務。2003年に化粧品「アンプルール」を開発。

『美容皮膚科ガイドブック第2版』著者…川田暁
1979年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部皮膚科医員。1988年防衛医科大学校皮膚科講師。1990~1992年カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。1997年帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授。

『化粧品成分検定公式テキスト』編…一般社団法人
化粧品成分検定協会

『スキンケアの化学』著者…田上八朗
1977年 – 1983年、浜松医科大学助教授。1983年- 2003年、東北大学医学部教授。皮膚科領域で多方面の研究を多数国際雑誌に発表し、皮膚科学にインパクトを与えた。

『美肌のために必要なこと』著者…北條元治
株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。

『日本化粧品検定1級対策テキスト』著者…小西 さやか
日本化粧品検定協会R代表理事。

『必要なのはコスメではなくテクニック』著者…長井かおり
ヘアメイクアップアーティスト。

『医者が教える食事法』著者…牧田善二
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です