ダブル洗顔不要のクレンジングは良い?悪い?メリットとデメリットを詳しく紹介

最近よく耳にするようになったダブル洗顔という言葉。
ダブル洗顔不要とうたわれたクレンジングまで出回り始めました。

なぜダブル洗顔不要のクレンジングが出回っているのか、ダブル洗顔する事のメリットとデメリット、さらに肌質別におすすめのダブル洗顔不要クレンジングを紹介します★







ダブル洗顔の意味は?

ダブル洗顔の意味はその名の通り、クレンジング+洗顔料の二つで顔を洗顔する事です。
メイクをしている限り、誰しもクレンジングは使った事があるのではないでしょうか?

クレンジングとはメイクを落とすもので、洗顔料とは顔の皮脂や汚れを落とすものなので需用が違います。

そもそもクレンジングとは?

クレンジングは洗顔料だけでは落ちにくいメイクアップ化粧品を落とすものです。
メイクをしている日はクレンジングを使う必要があります。

クレンジングは油性成分でメイクを落としています。
メイクした顔は液状の油性成分をぬる事で、メイクが顔から浮きます。

メイクが顔から浮いたところでふき取ればOK!これがふき取りメイク落としですね。
さらに液体のクレンジングには界面活性剤が入っています。

界面活性剤は水と脂を馴染ませるための成分です。
界面活性剤を配合する事で、クレンジングの脂分をお湯で洗い流す事が出来ます。

界面活性剤の水分部分がお湯とくっつき、脂部分が皮脂や汚れにくっつきます。
これにより脂をお湯で流す事が出来るんです!

脂汚れを落とすものには全て界面活性剤が入っている他、飲食にも多く使われています。
マヨネーズにも入ってるんですよ!

界面活性剤と聞くと体や肌に良くない、と思う人は多い様ですが、実は水と脂を仲良くさせるだけのものなんです。
食器洗剤などに入っているものは、完全に脂汚れを落とすものなので、濃度も濃く配合されています。

そのため、手に必要な油分が界面活性剤で洗い流されるので肌荒れするんです。
界面活性剤自体が肌を傷つけている訳ではなく、油分がなくなり無防備になった肌が外的刺激で肌荒れを起こしているんですよ!

水と脂が混ざって出来ている全てのものには界面活性剤が入っています!
クレンジングの話に戻します。

クレンジングは界面活性剤の量が多ければ多いほどメイクを落とせる洗浄力も上がります。
しかし界面活性剤の量が多ければ多いほど、肌への負担も大きくなります!

クレンジングには様々な種類がありますが、中でももっとも洗浄力が高いのが【クレンジングオイル】です。
クレンジングオイルは全てのメイクを落とす事が出来ますが、洗浄力が高すぎるため肌に必要な油分まで洗い流してしまうというデメリットがあります。

オイル以外にもジェルタイプやミルクタイプ、クリームやバームなど色々あります。
肌にもっとも優しいのはミルクとされていますが、その分洗浄力が弱く、ミネラルファンデーション程度しか落とせないというデメリットがあります。

メイク別!おすすめクレンジングタイプ

水タイプのジェル状クレンジング

クレンジング力【弱】
水溶性のジェルクレンジングは洗浄力は弱いですが使用後のさっぱり感に優れています。
油性成分の配合が少ない分、界面活性剤の量が多く配合されています。
一般的にオイルフリーと記載されているものは水タイプのジェルクレンジング。
オイリー肌やノーマルスキンの人におすすめ。

向いているメイク…ベースメイクのみだがBBクリーム・パウダー程度なら落とせる

油タイプのジェル状クレンジング

クレンジング力【普~強】
油性のジェルクレンジングは乳化あるいは液晶でジェル状にしたもので、クレンジング力に優れています。
一般的にオイルフリーという記載がない、もしくは成分表示の一番上が油性成分の場合、油タイプのジェルクレンジングです。
オイリー肌やノーマルスキンの人におすすめ。

向いているメイク…大抵のがっつりメイクは落とせるが濃いアイメイクは先にメイク落としシートなどで落としておくと◎!

液状・不織布含浸タイプ(メイク落としシート)

クレンジング力【弱~中】
非イオン性界面活性剤、アルコール、保湿剤の配合量が多いのが特徴。
ふき取りタイプのため、物理的なふき取り効果がプラスされる事で洗浄力が高くなりますが、その分肌への摩擦による負担が大きくなるので要注意。
オイリー肌やノーマルスキンの人以外にはおすすめ出来ません。
また、普段使いとしての使用も肌への刺激が強すぎるためおすすめしません。

向いているメイク…全てのメイクを落とす事が可能!

オイル状のクレンジングオイル

クレンジング力【強】
主成分の油性成分に界面活性剤が溶解されており、洗い流す時に乳化します。
オイルは分子が細かく、まつ毛の隙間に入り込むためマツエクに不向きとされています。
クレンジング力も高いため、肌への負担も一番大きいのがオイル系のクレンジング。
がっつりメイクもするんと落とす事が出来ます。
ノーマルスキンの人におすすめ。

向いているメイク…全てのメイクを落とす事が可能!

クリーム・ペーストタイプのクレンジング

クレンジング力【普】
クレンジングクリームはO/W型が主流で、肌に馴染ませるとW/O型に変わるものも。
O/W型とはオイル成分の中にウォーター成分が散布している状態の化粧品の事です。
油分が多いので乾燥しにくいのが特徴。
乾燥肌・インナードライ・ノーマルスキンの人におすすめ。

向いているメイク…ウォータープルーフなどのメイクは落ちにくいため先にメイク落としシートなどで落としておけば全てのメイクを落とす事は可能!

乳液タイプのミルククレンジング

クレンジング力【弱】
クレンジングクリームより水溶性成分の配合量が多く、洗い流しやすいさっぱりとした使用感です。
洗浄力がもっとも低い分、肌へのダメージも一番軽いです。
乾燥肌・インナードライ・ノーマルスキン、ナチュラルメイクの人にもおすすめ。

向いているメイク…ベースメイクのみでファンデーションはミネラルファンデーションなどのクレンジングがいらないものを使っている人

固体から液体に変化するバームクレンジング

クレンジング力【強】
クレンジングバームは手に取る前は固体ですが、手の平で広げると液体になります。
クレンジングオイルと同等の洗浄力を持っているにも関わらず、ミルクタイプのクレンジングと同じくらい肌に優しいのが特徴。
がっつりメイクをしているけど乾燥肌や敏感肌、インナードライの人におすすめ。

向いているメイク…全てのメイクを落とす事が可能!

洗顔料の種類は?

朝に行う洗顔は、夜の間に付着した汚れと寝ている間に分泌された汗や皮脂を落とす目的があります。
夜の洗顔は肌に残ったクレンジングや汚れ、残ったメイクを洗い流す他、肌の垢である古い角質を落とすという目的もあります。

洗顔料にも様々な種類がありますね!
それぞれの特徴を見てみましょう。

泡の洗顔料(エアゾール・ポンプ)

ボトルの中では液状をしていますが、出すと泡となって出てきます。
泡立てる手間が省けるほか、十分に粟立っているので汚れを落としやすいです。

洗浄力は弱~中程度。

粒状・粉末の洗顔料

洗浄力は中~強。
水分が配合されておらず、使う時に水を加えます。

そのため、水分があると活性が下がってしまう特徴のあるパパインなどの酵素を配合出来ます。
酵素洗顔の多くはこのタイプです。

クリーム・ペーストタイプの洗顔料

洗浄力は弱~強と様々。
使用感と泡立ちに優れており、手軽な泡立ちが可能。

アルカリ性から弱酸性で、目的に応じた選択が出来ます。

固形石鹸タイプの洗顔料

洗浄力は中~強。
固形石鹸は使用後、顔にツッパリ感を感じる事が多いです。

固形石鹸には機会製造(機械練り)と手作りの二種類あり、一般的に手作りの方が長持ちしやすく肌に優しいですが、少しお値段が高め。

液状・ジェルタイプの洗顔料

アルカリ性から弱酸性タイプの洗顔料。
一般的にアルカリ性は洗浄力が高く、弱酸性の方が洗浄力が低いです。

ヒトの肌は弱酸性なので、弱酸性が肌に優しいとされていますが、アルカリ性にはアルカリ性のメリットがあります。
洗浄力は弱~強と様々。

ダブル洗顔不要のクレンジングとは?

ではダブル洗顔不要のクレンジングオイルとはどういうものなのでしょうか?
簡単に言ってしまえばクレンジングの特徴と洗顔料の特徴、その両方があるものです。

ただ、ダブル洗顔不要のクレンジングの中にはメイクがしっかり落ちないものもあるので注意が必要。
がっつりメイクをするタイプの人や、オイリー肌の人にはダブル洗顔がおすすめですが、洗浄力の高いクレンジングと洗顔料を併用すると肌にダメージを与えるので注意が必要です。

クレンジングのおすすめはバームタイプ。
バームはクレンジングオイルと同等の洗浄力がありながら、ミルクタイプと同等に肌に優しいとされています。







ダブル洗顔って必要なの?

基本的にダブル洗顔はメイクをする以上は基本的には【必要】です!
逆にメイクをしていない場合は必要ありません。

しかしメイクをしていないからといって、洗顔料も使わないのはNGです。
お湯や水だけでは肌に付着している脂分の汚れをしっかり落とす事が出来ないからです。

メイクした日はダブル洗顔が必須!

メイクをするとどうしてもクレンジングだけでは落としきれない汚れが残ってしまいます。
クレンジングはメイクを浮かせて落とすものであり、顔の汚れをしっかり落とすものではないからです。

顔の汚れがしっかり落ちていないと、毛穴や肌の表面に皮脂や汚れが残り、酸化して肌荒れを引き起こすほか、エイジングにも繋がります。
さらに基礎化粧品を使っていくら浸透させようとしても、皮脂や汚れが邪魔してしまいます。

高い化粧品を使っている場合はかなり勿体ない事に!!
ニキビが出来やすい場合、皮脂で毛穴が封鎖されている可能性大です。

肌の表面に化粧品などの水分が乗っているだけだと、すぐに蒸発してしまう他、肌内部の水分も一緒に蒸発させてしまい、肌の乾燥も招きます。
洗顔のし過ぎも肌を乾燥させますが、しっかり汚れが落ちていなくても乾燥が進んでしまうんです!







ダブル洗顔が必要な肌と必要ではない肌

しかしダブル洗顔不要のクレンジングを使えばクレンジングと洗顔を一回で済ます事は可能です!
それでもダブル洗顔不要のクレンジングではなく、別々に洗顔した方がいい肌タイプの人と、ダブル洗顔不要のクレンジングで肌に負担をかけない方がいい肌タイプの人に分かれます

自分の肌質が何タイプなのか、しっかりと確認してみましょう★

あなたの肌はダブル洗顔不要?それとも必要?肌質チェック!

①ドライスキン
□洗顔後、何もつけないでそのままにしておくとつっぱる
□朝起きると肌がかさついている
□肌を少しひっかくと赤くなる
□小皺が目立つ…
□キメは細かい
□ニキビは出来にくい

ドライスキンのお手入れの仕方は?
洗顔では皮脂の落としすぎに注意し、水分と油分、両方をバランスよく与えるスキンケアを心がけて。
ドライスキンの人はセラミドやヒアルロン酸が配合されている基礎化粧品がおすすめ。
しっかりと乳液とクリームも使う様にしましょう。


②オイリースキン
□洗顔しても直ぐに皮脂が浮いてくる
□見た目で肌がてかっている
□毛穴が開いている
□肌が硬くゴワついている
□朝起きると肌がべたついている
□昼休みの化粧直しは絶対必要

オイリースキンのお手入れの仕方は?
油分を少なめに使い、日中もしっかりと皮脂ケアをする!
皮脂量も水分量もあるオイリースキンの人は油分を与え過ぎないスキンケアがおすすめ。
あっさりめの乳液やクリームを使う方がいいでしょう。
日中も浮いてきた皮脂はしっかりあぶらとり紙でオフする事で皮脂ケアになります。


③ノーマルスキン
□肌トラブルは起きにくい
□べた付かないくらいの適度な皮脂がある
□肌がみずみずしくしっとりしている

ノーマルスキンのお手入れの仕方は?
ノーマルの場合は今のスキンケアを続けながら保湿ケアをプラスする事で肌質がアップします。
理想的な肌状態なので基本的なスキンケアでOK。
しかし年齢が進むと乾燥しやすくなるので、少し肌が乾燥していると感じる時には保湿ケアをプラスするのがベスト。


④コンビネーションスキン
□Tゾーンはべた付くが目元、口元、頬は乾燥している
□30代になってから顎などのフェイスラインがべた付く
□胸元や背中の真ん中にニキビができやすい

コンビネーションスキンのお手入れの仕方は?
乾く場所とべた付く場所は分けてお手入れするのがマスト。
顔全体に保湿成分の入った化粧水を使い、乳液やクリームは乾く場所にだけ塗る様にしましょう。


⑤インナードライスキン
□洗顔直後にかさつく
□洗顔後、時間が少し経つとべた付く
□毛穴が開いている
□肌にハリがなく、細かなシワが多くある
□ニキビが出来やすい
□べた付くスキンケアはイヤ

インナードライスキンのお手入れの仕方は?
水分が逃げるのを防止してうるおいを補給し肌質を改善させよう。
皮脂量が多く水分量が少ないインナードライは、すっきりタイプの洗顔料は止め、化粧水はたっぷりめに使うのがマスト。
セラミド入りの美容液なども有効です。

肌質別!おすすめ洗顔料の種類

夜はメイクを落とすためダブル洗顔不要のクレンジングがおすすめですが、朝は顔の皮脂と汚れを軽く落とすだけでOK!
夜はダブル洗顔不要のクレンジングを使い、朝は肌質に合った洗顔料を使うのがおすすめ★

乾燥肌におすすめ洗顔料

石鹸…余分な油分をしっかり洗い落としてくれる
フォーム…しっとりもさっぱりもあるが乾燥肌の人にはしっとりがおすすめ

乾燥肌の場合、界面活性剤があまり多くない洗顔料がおすすめ。
石鹸の場合、枠練り石鹸と呼ばれる透明~半透明の手作り石鹸が肌に優しくておすすめです。

枠練り石鹸【マーシャ】公式サイト↓

脂性肌におすすめ洗顔料

石鹸…余分な油分をしっかり洗い落としてくれる
フォーム…しっとりもさっぱりもあるが脂性肌の人にはさっぱりがおすすめ
リキッド…石鹸に近い使い心地で、油分を残さずしっかり洗い落としてくれる

肌が弱くない人には粉末系の洗顔もおすすめです。
中でも植物性の酵素が肌に優しくてGOOD。

毛穴汚れが気になる場合は酵素洗顔を取り入れてみましょう★

くろあわわ公式サイト↓

インナードライにおすすめ洗顔料

石鹸…余分な油分をしっかり洗い落としてくれる
フォーム…しっとりもさっぱりもあるがインナードライの人にはしっとりがおすすめ
リキッド…石鹸に近い使い心地で、油分を残さずしっかり洗い落としてくれる
ムース…べた付きが気になる朝には泡で出てくる洗浄力のあるムースタイプがおすすめ

インナードライ肌も枠練りと呼ばれる手作り石鹸がおすすめ。
ムースタイプは洗浄力が高いので洗いすぎに注意しましょう。

美容成分たっぷりプラセンタ洗顔公式サイト↓

混合肌におすすめ洗顔料

石鹸…余分な油分をしっかり洗い落としてくれる
フォーム…しっとりもさっぱりもあるが混合肌の人には両方常備がおすすめ
リキッド…石鹸に近い使い心地で、油分を残さずしっかり洗い落としてくれる
ムース…べた付きが気になる朝には泡で出てくる洗浄力のあるムースタイプがおすすめ

混合肌の場合、その日の肌の状態によって洗顔料を使い分ける必要があります。
石鹸もべた付きが酷い朝には機械織りと呼ばれる不透明の石鹸を、乾燥が気になる朝には枠練りの手作り石鹸を。
ムースタイプもべた付きが気になる朝にだけ使う様にしましょう。

美容石鹸【ナチュラソープ】公式サイト↓

ノーマル肌におすすめ洗顔料

ノーマル肌の場合、基本的に何を使っても問題はりません。
ただし粉末タイプの洗顔料を朝に使うのはおすすめ出来ません。

粉末タイプは酵素が含まれており、ピーリング効果があります。
朝からピーリング効果のある洗顔料を使ってしまうと乾燥が進み、せっかくのノーマル肌が乾燥肌になってしまう事も。







ダブル洗顔によるメリットとデメリット

ではダブル洗顔によるメリットとデメリットを確認してみましょう。

ダブル洗顔によるメリット

ダブル洗顔のメリットは顔の皮脂や汚れ、古い角質までしっかり落とせるという点につきます。
顔に汚れや皮脂が残らない分、肌表面の酸化を抑える事が出来ます。

上で説明したとおり、皮脂や汚れが肌の表面に残ってしまうとあらゆる肌トラブルが引き起こされてしまうんです!
肌表面が酸化すると、なんと連鎖的に肌内部の酸化も進んでしまいます。

肌表面が酸化すると肌内部では活性酸素が発生!
活性酸素は20代など若い内は抗酸化酸素が除去してくれるのですが、加齢と共に抗酸化酸素の働きは弱くなっていきます。

除去しきれなくなった活性酸素は肌の細胞を攻撃し、酸化させてしまいます!
肌は酸化すると正常に機能出来なくなり、老化現象が進行すると言われています。

さらに細胞が一つ酸化すると、周りの細胞まで酸化するという自体に!!
活性酸素は紫外線を浴びたりストレスを感じたりしても発生してしまうもの。

ただでさえ発生しやすい活性酸素の量を増やさない為にも肌表面は清潔に保ちたい所です。

ダブル洗顔によるデメリット

ではダブル洗顔による肌へのデメリットとは何なのでしょう?
上でも説明しましたが、洗浄力の高いクレンジングオイル+洗浄力の高い洗顔料を合わせて使う事で肌の保湿成分と肌の細胞が剥がれおちてしまいます!

まずクレンジングオイルで肌に必要なセラミドが取れます。
さらに洗顔料によって肌の細胞も剥がれ落ちるんです!

セラミドとは肌の一番上の層【角質層】の角質細胞の隙間にある脂分です。
このセラミドが角質層の間で水分を抱え込み保持しています。

セラミドは水で顔を濯いだり、タオルで拭くだけでも取れてしまうので、クレンジングと洗顔のダブル洗顔により大量に失われてしまうんです!
さらに肌の細胞とは角質細胞の事で、角質細胞の中にも天然保湿因子と呼ばれる保湿因子があり、これらも失われます。

細胞が剥がれおちるとどうなるかというと、肌は怪我をしたのと同じ状態になります。
肌は怪我をするとターンオーバーを早め、怪我を負った部分を新しい細胞で埋め尽くそうとします。

すると未成熟な細胞ばかりで埋め尽くされてしまうんです。
未成熟な細胞では外部からの刺激や菌を完全にカットする事が出来ず、あらゆる肌トラブルを招きます。

肌が乾燥するのも勿論の事、炎症が起きやすくニキビも出来やすくなる他、エイジングも進みやすくなってしまうんです!
セラミドは肌のバリア機能にも一役買っています。

セラミドが大量に失われ、角質層にある角質細胞と角質細胞の間に隙間が出来る事によって紫外線などのエイジングの元が肌の奥に浸透しやすくなります。
セラミドは水分と共に層を作っており、この層を【ラメラ構造】とも呼びます。

通常は角質細胞間を水とセラミドが埋め尽くしているのですが、ダブル洗顔によってこの層は破壊されバリア機能が低下してしまうんです。
ダブル洗顔はこういったデメリットが大きく、だからこそダブル洗顔不要のクレンジングが多く出回る様になりました。







毛穴ケアにおすすめ!ダブル洗顔不要のクレンジング

ではおすすめのダブル洗顔不要クレンジングを紹介していきます★
ダブル洗顔不要のクレンジングを使う際、注意して欲しいのは落ちにくいアイメイクについて。

一度使ってみて、アイメイクが落ちにくいと感じる場合、アイメイクだけはふき取りのメイク落としで先に落としておくか、目元だけ別にクレンジングを使うようにしましょう。

毛穴におすすめ!ダブル洗顔不要クレンジング|ビフェスタ

ビフェスタ【毛穴クリアタイプクレンジングオイル】¥オープン価格
毛穴の奥に詰まったメイク汚れも皮脂もしっかりオフ★

・天然成分の美容成分配合
・毛穴ケアに特化したアーティチョークエキス配合
・毛穴に詰まったメイクと皮脂を除去しツルリン肌に
・洗い上がりはしっとりスベスベ

このクレンジングオイルのポイントは?

クレンジングオイルとしては珍しいダブル洗顔不要タイプのクレンジング!
オイルの洗浄力は欲しいものの洗顔料は使いたくない人におすすめ★

【マンダム】 ビフェスタ (Bifesta) クレンジングオイル ポアクリア 230mL 【化粧品】

価格:812円
(2020/3/11 16:14時点)

毛穴におすすめ!ダブル洗顔不要クレンジング|マナラ

美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】
肌にダメージを与えないダブル洗顔不要クレンジング★

・ホットゲルが優しくメイクと汚れをオフ!
・毛穴をがっつり洗浄できるクレンジング!
・クルクル洗いでしっかり洗浄!
・意外とさっぱりとした洗い心地!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

毛穴までしっかりケアしたいけど洗顔は一度で済ませたい人におすすめ!ゲルタイプだから洗浄力はわりと高くしっかり汚れを落とせる★

公式サイト↓

毛穴におすすめ!ダブル洗顔不要クレンジング|D.U.O

毛穴ケア【D.U.Oクレンジングバーム】通常¥3600 初回(定期購入)¥1800
毛穴の黒ずみ・毛穴のつまりに悩んでいる人におすすめのクレンジングバーム!

・毛穴つまりを解消して目立たなくする!
・ナノカプセルに洗浄成分と保湿成分が配合されているから肌の奥まで届く!
・洗い上がりはしっとりでつっぱらない!
・ダブル洗顔不要だからこれ一つでクレンジングも洗顔も終わり!
・よくすすがないと少し肌に残る感じがあるので注意
・しっとり洗いあげるのが好きな人におすすめ!
・モンドセレクションで金賞を受賞!
・アットコスメでもつねに上位!
・これ一つで角質ケアも出来ちゃう!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

安心感と満足度を得たいなら高評価のこのクレンジングバームがおすすめ★

公式サイト↓

毛穴ケアにおすすめダブル洗顔不要クレンジング|cocona

毛穴悩みとさよなら【coconaクレンジングバーム】¥6600
定期購入なら初回はなんと¥1980!!

・毛穴ケアを極めた肌リセットクレンジング
・毛穴が気になりだす30代のスキンケアにぴったり
・満足度はなんと脅威の96%です!!
・美容皮膚科医監修のもと作られたクレンジングバーム
・毛穴の構造が整うメカニズムに着目したクレンジングバーム
・毛穴・黒ずみをすっきり洗浄

このクレンジングがおすすめのタイプは?

肌の奥まで浸透する美容成分が毛穴を引き締め、高濃度ビタミンC誘導体が肌を還元力で再生する、ワンランク上のクレンジングバームを求める人におすすめ★

公式サイト↓

毛穴ケアにおすすめダブル洗顔不要クレンジング|HALENA

【HALENAオーガニックホットクレンジングジェル】¥3300(税抜)
公式サイト→【HALENA オーガニックホットクレンジングジェル】

・敏感肌用の毛穴ケアクレンジングジェル!
・天然由来100%のクレンジングジェル!
・日本初の国産オーガニック!
・ベビースキンケアブランドとの共同開発で肌への優しさはお墨付き!
・ほとんど擦らずオフできる優れもの!
・洗い上がりはモチモチ!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

敏感肌にもおすすめの保湿系クレンジング!毛穴までケア出来る肌に優しいクレンジングゲルです★

公式サイト↓

毛穴ケアにおすすめダブル洗顔不要クレンジング|リ・ダーマラボ

モンドセレクション最高金賞受賞クレンジング
【リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング】¥5696

公式サイト→W洗顔不要!濡れた手OK! リ・ダーマラボ

・濃厚美容クレンジングで毛穴レスも夢じゃない!
・こんちゃくスクラブが肌をツルツルに!
・凸凹毛穴にもしっかりアプローチ!
・引き締めも期待できるクレンジング!
・濡れた手で使える便利アイテム!
・42種類もの美容成分が配合!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

マツエクにも使えてしまうので脱帽!スーパーヒアルロン酸を始めコエンザイムQ10、天然ナノセラミドや高分子ヒアルロン酸などなど、肌の事を徹底して考えられた美容成分が沢山!弾むハリ・みずみずしさ・クリアな肌・輝くツヤをこれ一つで手に入れる事が出来ちゃいます!バリア機能も守ってくれるので、入浴後に急速に肌が乾燥する事もありません★

公式サイト↓

毛穴ケアにおすすめダブル洗顔不要クレンジング|スキンフレッシュ



【シェリーケア|スキンフレッシュ】2本セット¥1800(初回のみ)
これはオイル系でW洗顔不要なのでおすすめ★

・オイルだから確かな洗浄力!
・アルコールフリーで肌を乾燥させない!
・合成色素も不使用!
・毛穴もしっかりケア出来る!
・皮脂汚れをしっかり除去!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

安心の日本製!化粧ノリもアップするダブル洗顔不要のオイルクレンジング★

公式サイト↓

美肌作りに最適!ダブル洗顔不要のクレンジング

美肌へ導いてくれるおすすめクレンジング★

美肌におすすめ!ダブル洗顔不要クレンジング|mamacosme


mamacosmeクレンジグバーム 通常¥4800 初回(定期購入)¥1800
高級リゾートホテル【ハイアットリージェンシー】でも取り入れられている魅惑のクレンジングバーム★

・毛穴ケアとくすみまで払拭してくれる!
・古い角質も皮脂汚れもしっかり除去!
・パパイン酵素が肌のくすみを払拭!
・保湿成分も沢山配合!
・ダブル洗顔不要のクレンジングバーム!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

透明感のある肌を手に入れたいならこのクレンジングバームがおすすめ!

公式サイト↓

美肌におすすめ!ダブル洗顔不要クレンジング|ヴェレダ

日本限定のオーガニッククレンジングミルク★
モイスチャー クレンジングミルク 100mL \3,240(税込)

・日本人の肌に合わせて作られたクレンジングミルク!
・ダブル洗顔不要で肌にとっても優しい!
・少ない量でもしっかり洗いあげる!
・ミルククレンジングはもっとも肌に優しいクレンジングタイプ!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

ナチュラルメイクの人におすすめの肌に優しいクレンジングミルク★

公式サイト↓







肌の保湿を守る!ダブル洗顔不要のクレンジング

肌の保湿を守りながら洗いあげるからしっとりとした肌触りが特徴的なクレンジング★

保湿力の高いダブル洗顔不要クレンジング|ビューティークレンジング

大人の大本命【生クレンジング】通常¥3600 初回(定期購入)¥1800
とろけて溶かす!肌の上を撫でるだけでトローリ落ちる新感覚のクレンジングバームです★

・たった60秒でばっちり洗いあげてくれる!
・何度も顔をこする必要がなく肌に優しい!
・毛穴御の奥までバームが入り込みしっかり洗浄!
・ダブル洗顔不要のクレンジングバームだからこれ一つでお終い!
・保湿も毛穴洗浄も叶えてくれるだけでなく肌にハリも与える!
・隠しつけも出来るクレンジングバーム

このクレンジングがおすすめのタイプは?

とにかく早く綺麗にしたいならこのクレンジングバームがおすすめ★

公式サイト↓

保湿におすすめダブル洗顔不要クレンジング|バームオレンジ

RAFRA【バームオレンジ】¥3300(税込)
ロングセラーの人気ホットクレンジング★

・保湿力Maxのクレンジングバーム!
・洗うたびに肌がうるおう保湿クレンジング!
・洗いながらマッサージも出来るほど肌に優しい!
・オリーブオイルとオレンジのクレンジングバーム
・洗い上がりはとってもしっとり!
・ダブル洗顔不要で洗顔が一度で済む!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

とにかく肌に負担をかけたくないならこのクレンジングバームがおすすめ★

公式サイト↓

保湿におすすめダブル洗顔不要クレンジング|FUKUBISUI

福美水【クレンジングジェル】¥2530(税込)
柔らかなジェルクレンジングが優しく肌を洗いあげてくれます★

・保湿成分は全体の88%も配合!
・パラベンやアルコールフリーの天然のクレンジングジェル!
・洗い上がりはすっきりスベスベ!
・まつエクをしてても使える!
・ダブル洗顔不要のクレンジングジェル!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

ドラッグストアでも買えるお手軽さを求めるならこのクレンジングジェル★

福美水クレンジングジェル【正規品】

価格:2,530円
(2020/3/11 16:10時点)

保湿におすすめダブル洗顔不要クレンジング|minaru

 

黒ずみスッキリ!うるおい続くダブル洗顔不要なクレンジングゲル【ミナルクレンジング】
通常価格¥4980 定期購入初回¥926!!

・お客様満足度が脅威の100%!
・しっかりとメイクが落とせるクレンジングゲル!
・ダブル洗顔不要のクレンジング!
・肌のバリア機能をサポートしてくれる!
・毛穴汚れしっかり洗浄!
・肌トラブルの起きにくい肌へ!

このクレンジングがおすすめのタイプは?

保湿力もあり肌トラブルも起こしにくいクレンジングならこれがおすすめ★

公式ページ↓
黒ずみスッキリ!うるおい続くダブル洗顔不要なクレンジングゲル【ミナルクレンジング】








★関連記事★
クレンジングが丸分かり!種類によって落とせるメイクが違う事実!グラフあり
ダブル洗顔不要のミルククレンジングで美肌を作る方法とヴェレダの紹介
ダブル洗顔不要のクレンジングバームでツヤ肌を目指す!優秀クレンジングバームはこれ
インナードライを改善するならクレンジングと洗顔料の見直しから始めよう!

記事執筆にあたり参考にした専門書籍

『化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』著者…久光一誠
1997年、東京理科大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。

『おもしろサイエンス 美肌の化学』著者…福井寛
1972年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1974年広島大学大学院工学研究科修士課程修了。福井技術士事務所代表。受賞歴多数。

『いちばんわかるスキンケアの教科書』著者…高瀬 聡子
皮膚科医。ウォブクリニック 中目黒総院長。
慈恵医科大卒業後、同大に皮膚科医として勤務。2003年に化粧品「アンプルール」を開発。

『美容皮膚科ガイドブック第2版』著者…川田暁
1979年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部皮膚科医員。1988年防衛医科大学校皮膚科講師。1990~1992年カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。1997年帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授。

『化粧品成分検定公式テキスト』編…一般社団法人
化粧品成分検定協会

『スキンケアの化学』著者…田上八朗
1977年 – 1983年、浜松医科大学助教授。1983年- 2003年、東北大学医学部教授。皮膚科領域で多方面の研究を多数国際雑誌に発表し、皮膚科学にインパクトを与えた。

『美肌のために必要なこと』著者…北條元治
株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。

『日本化粧品検定1級対策テキスト』著者…小西 さやか
日本化粧品検定協会R代表理事。

『必要なのはコスメではなくテクニック』著者…長井かおり
ヘアメイクアップアーティスト。

『医者が教える食事法』著者…牧田善二
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です