アンチエイジング化粧品にはヒト幹細胞がおすすめ!老化原因とヒト幹細胞コスメ紹介

今回はアンチエイジングの極意について詳しく解説していきます!
知っているようで知らないアンチエイジングについて、一歩踏み込んだ深いところまで解説していきます。

アンチエイジングしてるのに思った様な効果が得られない人はぜひ参考にしてみて下さいね!



アンチエイジング化粧品とは?

そもそもアンチエイジングの意味は知っていますか?
何となく肌にいい事は分かるけど、具体的な意味って意外と説明出来ないものです。

アンチエイジングの意味は?

アンチエイジングとは肌や美容に関しては【抗老化】という意味になり、そのまま老化に抗い肌を再生する事を目的としています。
今は髪や洗濯物にまでアンチエイジングという言葉を使っていますね。

髪の毛については肌と同じ意味で使われていますが、洗濯物などの無機質な物質に使う場合はおもに【再生】を意味していると思います。
衣類を傷つけず、尚且つ再生する様に洗いあげるアンチエイジング洗剤、という感じ。

肌や美容においては抗老化になり、老化に抗い肌の再生を試みるという意味なのですが、よく化粧品のPR文などの下の方に小さく「*年齢にあったお手入れの事」などの注意書きを目にしませんか?

え?年齢にあったお手入れじゃアンチエイジングにならないんじゃない?って思いますよね?
これは【薬事法】に引っかからない為の記載であって、実際には肌の再生は出来るけども、肌が再生するとは書けない・肌が再生するかの様な文言は使えないからなんです!

だからわざわざ下に小さく注意書きをしてある訳ですが、この注意書きがないと薬事法に触れてしまい、商品を販売する事が出来なくなる危険性があるんです。
では、実際肌を再生してくれる化粧品は存在するのでしょうか?

肌の再生を促す次世代アンチエイジング成分

肌を再生、とまではいきませんが肌の再生を促す事の出来る成分は存在します。
それが今回紹介する【ヒト幹細胞培養液】です。

このアンチエイジング成分を紹介する前に、肌が老化する現象について説明しなければなりません。
面倒かもしれませんが、ぜひ下の項目に目を通して下さい。

肌が老化する原因を知っていれば、自分でどう肌をケアすればいいのかもおのずと分かっていきます。
肌の再生を促す化粧品=アンチエイジング化粧品となる訳ですが、明確なジャンル訳はされておらず、メーカーがこれはアンチエイジング化粧品です!と告知を出せばそれがアンチエイジング化粧品となってしまい、本当に肌を若々しく再生してくれる化粧品かどうかは分かりません。

肌の老化現象を知る事で、ヒト幹細胞培養液がもっともアンチエイジングにおすすめな訳が分かると思います^^







なぜ肌は老化(エイジング)が進むのか

はぜ肌が老化するか、考えた事はありますか?
美容に敏感な女性の多くは恐らく知っているかと思うので読み飛ばしてもらっても構いません。

具体的になぜ肌が老化するのか詳しくは知らない…という人にはぜひ目を通してほしい項目です。

肌が老化するメカニズム

まず、なぜ子供や赤ちゃんの肌は老化せずツルリとしたキレイな状態を保っていられると思いますか?
子供はまだ成長途中のため、成長因子が沢山分泌されています。

実はこの成長因子が細胞を活性化させるのに必要不可欠なんです!
細胞が活性化すると、細胞は分裂を繰り返しどんどん生まれ変わります。

この細胞の生まれ変わりがいわゆる【ターンオーバー】です。
子供の肌ではターンオーバーが活発に行われています。

ターンオーバーが行われる理由は、常に皮膚を新しい状態に保つ事で、肌に受けたダメージを再生する事にあります。
そう、肌の再生を担っているのはターンオーバーであり、ターンオーバーを促しているのが成長因子なんです。

成長因子は細胞にある凹みにスポっとハマる事が出来、成長因子がハマった細胞は活性化し、自ら分裂を行います。
この分裂が活発に行われている限り、肌は常に新しい状態に保たれ老いる事はありません。

しかし残念ながら成長因子は年齢と共に減少してしまい、それに伴い細胞の分裂も低下していきます。
これにより理想的な周期が28日間であるターンオーバーの周期は、30代では40日以上かかる様になってしまうんです。

このターンオーバーは真皮でも行われており、真皮で行われるターンオーバーは繊維芽細胞によるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成です。
繊維芽細胞の働きが加齢により減少すると、コラーゲンなどの肌の弾力を維持している成分が減少し、肌はハリを失ってしまいます。

ターンオーバーが遅れる原因は、成長因子の減少にあるんです。
そこでヒト幹細胞培養液の登場です★







アンチエイジングにおすすめヒト幹細胞培養液とは?

ではヒト幹細胞培養液とは一体なんなのか説明していきます。
ヒト幹細胞培養液は主に医療業界で使われている成分で、肌の再生を促し怪我を治療するものです。

肌は全て細胞で出来ている!

私たちや生き物の体が細胞で出来ている事は多くの人が知っていると思います。
虫の中には【単細胞生物】と呼ばれる、たった一つの細胞から出来ている虫もいますが、私たち人間はいくつもの細胞で作られており、これらの生き物を【多細胞生物】と呼びます。

なんと私たち人間は37兆もの細胞で出来ているんです!
この細胞はみな一つ一つ生きており、人間や動物は小さな生きた細胞が幾つもくっついて出来ている生き物なんですね。

細胞が一つしかない単細胞動物の場合、そのたった一つの細胞が死んでしまえば生命はそれでおしまいです。
しかし私たち人間や動物の様に沢山細胞があれば、一つの細胞が駄目になったとしても他の細胞達が助けてくれます。

もし一つ細胞がダメージを受けたとします、するとダメージを受けた細胞をリカバリーする為に新たな細胞が作られます。
この新たな細胞を作っているのが【幹細胞】なんです!

細胞とは肌や筋肉、内臓などなど、全ての機能の事であり、肌の細胞にももちろん幹細胞が存在します。
幹細胞には大きく分けて二種類存在します。

一つは自ら分裂し、自分の完全なるコピーを作り出す事の出来る【組織幹細胞】、つまり血液なら血液しか生み出せない幹細胞の事です。
そしてもう一つが自分とは違う役割をする、違った細胞を生みだす事の出来る【多能性幹細胞】別名【万能細胞】と呼びます。

万能細胞は耳にした事のある人もいるのではないでしょうか?
ノーベル賞を受賞した京都大学、山中伸弥教授の【iPS細胞】の事でもあります。

iPS細胞とは人工的に作られた細胞【人工多能性幹細胞】の事でどんな細胞も作り出す事が出来る事から、マウス実験では既に人工的な肝臓や腎臓を作り出す事に成功しているんです!
そうなんです、様々な種類の細胞を作り出せるという事は、最終的には人間そのものも作り出す事が出来る可能性があるという事。

そしてこの人工性多能性幹細胞はいわゆる【再生医療】の事であり、この再生医療を取り入れたアンチエイジング化粧品の事を【幹細胞コスメ】と呼びます。
つまり肌そのものを人工的に作り出す事も可能であり、医療業界ではすでに火傷や深い怪我などを負った肌を再生するのに使われているんです★

ヒト幹細胞培養液に含まれる美容成分…成長因子の種類

ヒト幹細胞培養液とは、人の細胞を培養するときに出る液体の事で、細胞そのものではありません。
医療で使われるくらいなので安全面についてはかなり気を使っています。

傷の再生を促すヒト幹細胞培養液を美容にも使えないかという研究が進んだ結果、ヒト幹細胞培養液が配合された化粧品が誕生しました。

細胞を活性化させる美容に重要な成長因子には4種類あり、ヒト幹細胞培養液にはその全てが含まれています。

①EGF(へパリン結合性EGF様成長因子)
表皮細胞に働き掛けてターンオーバーに欠かせない表皮細胞(ケラチノサイト)を作り出す成長因子です。
上で説明したターンオーバーによって生み出される細胞の事ですね。
②FGF(繊維芽細胞成長因子)
真皮層にある真皮細胞に働き掛け、繊維芽細胞を増やす働きのある成長因子です。
繊維芽細胞とは真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作っている細胞なので、これがないと肌の弾力を維持する事ができません。
③IGF(インスリン様成長因子)
傷を受けた細胞を再生する事を促す為の成長因子です。
IGFにより細胞が活性化すると、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も生成されるので肌の弾力やハリをアップする事が出来ます。
④TGF(トランスフォーミング成長因子-a)
コラーゲンやエラスチンを構成するのに必要な成長因子です。
肌のうるおいを高める効果の他、抗炎症作用もあるので肌トラブルを鎮静してくれる働きもあります。

 

この四つだけをまとめた総称が【グロスファクター】で全ての成長因子を総称すると【サイトカイン】になります。
美容においてはグロスファクターという言葉がよく使われています。

成長因子が含まれているヒト幹細胞培養液が配合された化粧品を使う事で、ターンオーバーが遅れだした肌の細胞を強制的に活性化する事が出来るので、年齢に関係なく肌の再生を促せるという仕組みなんです!

ヒト幹細胞培養液には、これら成長因子が30種含まれているんです★

ヒト幹細胞以外の幹細胞とは?

植物幹細胞とは?

植物の幹細胞コスメに使われているものの多くは【リンゴ】【アルガン】【カミツレ】など。
中でもリンゴが多い印象が強いですね。

というのも幹細胞コスメでリンゴが使われている場合、「腐らないリンゴ」と呼ばれる酸化し色の変わらないリンゴの幹細胞が使われている場合が多いからなんです。
このリンゴ【ウトビラー・スパトラウバー】の幹細胞培養液が配合されたコスメは高い抗酸化作用や保水力があり、アンチエイジングコスメとしても注目されています。

動物幹細胞とは?

動物性幹細胞は人のもつヒト幹細胞と似た形をしており、高い美容効果が期待できます。
動物プラセンタと呼ばれるものも動物幹細胞コスメの一種です。

プラセンタとは豚や馬の胎盤の事を差します。
人のもつ幹細胞と似ている事からコスメにも多く配合される様になりました。

美容効果としては高い保湿力や、保湿による弾力アップが期待できます。
中でも羊由来のものはヒトの幹細胞に形が似ており、肌に馴染みやすいと言われていますが、馴染んだとしても保湿としての働きしかありません。







アンチエイジングにおすすめヒト幹細胞コスメ

ヒト幹細胞培養液が配合された化粧品はいくつかありますが、中でも管理人が一押しするヒト幹細胞培養液配合の化粧水を紹介します!
こちらは実際に使わせてもらったのでレビューになります。

ヒト幹細胞コスメ|オバジX

オバジXエイジングベースケア【リフトローション(右)リフトエマルション(左)】各¥5000
ドラッグストアで買える最高級化粧水★

・肌を老化から守るプラチナナノコロイドが配合!
・ドラッグストアで買えるお手軽さ!
・しっかり浸透させると肌が発光する様なもっちり感に!
・ドラッグストア化粧品の中ではぴかいちの化粧品!
・リニューアルされヒト幹細胞培養液も配合!

この化粧品のポイント

間違いなくお値段以上の化粧品!保湿もアンチエイジングも叶える優れもの。
肌質も選ばず使いやすく化粧水と乳液の両方を使う事で他のお手入れ一切不要と断言できる程の優秀さ!

ドラッグストアで買えるのも高ポイント!この値段でデパコスなどの高級化粧品に並ぶ実力はお見事!
ちなみに私もこれを使っています、格段に肌のキメも整い、べた付きもなくしっとりと顔を潤してくれます★

2019年9月にリニューアルした際、最先端アンチエイジング成分である【ヒト幹細胞培養液】が配合され更にパワーアップ!
医療機関で再生医療として用いられるヒト幹細胞培養液を惜しみなく化粧水にも配合★

ヒト幹細胞コスメ|DDS配合ディアガイア

ディアガイア【ナイトリペアエッセンス】¥12000
次世代アンチエイジング成分が配合された一歩先を行く美容液★

・細胞を増やすヒト幹細胞
・成長因子がたっぷり配合
・必要な分だけ液体化
・いつも新しい美容液
・ナノ化技術でしっかり浸透
・ビタミンC誘導体も配合
・プラセンタも配合

この美容液がおすすめの人

欲張り美容液。次世代エイジング成分のヒト幹細胞だけに留まらず、高い保湿力のあるプラセンタ、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体も配合★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|プチプラ美容クリームHAS

HASモイストクリーム ¥4700(税抜)
HASとはヒト幹細胞培養液をさらに浸透しやすい状態にしたもの★

・ヒト幹細胞培養液配合だけどリーズナブル!
・肌の再生を促してくれる保湿クリーム!
・βグルカンが幹細胞の浸透力をアップ!
・保湿成分もしっかり配合!
・肌にハリとうるおいを与えてくれる!

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

次世代アンチエイジング成分であるヒト幹細胞培養液がさらに浸透しやすくなった保湿クリーム!肌の再生を図りたい人におすすめのアンチエイジング保湿クリーム★

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|HASモイストエッセンス

スパトリートメントHASモイストエッセンス ¥5400
HASシリーズの中でもヒト幹細胞培養液が最大配合されているエッセンス★

・一つ上でも紹介したHASの美容液バージョン
・HASとは、ヒト幹細胞培養液を肌に浸透しやすくしたもの
・肌のハリアップ、水分保持にすぐれた【βグルカン】も配合
・ヒト幹細胞培養液が大量配合

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

一時的なケアではなく、肌そのものの働きを助け補う事で肌そのものの質を向上させる美容液★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|ハニプラ美容液


ファーストフレンズ【ハニープラセンタ美容液】¥7900

・プラセンタによるハリ・ツヤ
・肌にプルプル感
・まだら肌をケア
・高い保湿力

この美容液がおすすめの人

馬プラセンタとローヤルゼリーの贅沢配合で高い保湿力のある美容液。まだら肌のケアにおすすめ★

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|REプラセンタ美容液

2019年モンドセレクション最高金賞 REプラセンタ マッサージ美容液 ¥8640
ヒト幹細胞培養液+プラセンタエキス+3GFが贅沢配合!!

超保湿美容成分、馬プラセンタとヒト幹細胞培養液も配合された美容成分がギュっと詰め込まれた美容液です!
3GFとはグロスファクターの事で【FGF】【EGF】【IGF】を指します。

①EGF(へパリン結合性EGF様成長因子)

表皮細胞に働き掛けてターンオーバーに欠かせない表皮細胞(ケラチノサイト)を作り出す成長因子です。
上で説明したターンオーバーによって生み出される細胞の事ですね。

②FGF(繊維芽細胞成長因子)

真皮層にある真皮細胞に働き掛け、繊維芽細胞を増やす働きのある成長因子です。
繊維芽細胞とは真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作っている細胞なので、これがないと肌の弾力を維持する事ができません。

③IGF(インスリン様成長因子)

傷を受けた細胞を再生する事を促す為の成長因子です。
IGFにより細胞が活性化すると、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も生成されるので肌の弾力やハリをアップする事が出来ます。

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|アイセラム

ヒト幹細胞培養液が配合された目元ケア専用の美容液!
ココクリスタ【アイセラム】通常価格¥12600

目元のシミ・シワ・乾燥に徹底アプローチ★
美肌のための優れた美容成分がふんだんに配合された贅沢なアイ美容液です。

目元をケアするアイセラムの嬉しい6つのPOINT★

①気になる眉間のシワ、毛穴にもアプローチ!肌を引き締めてキメを整えてくれる!
②敏感な目元の皮膚を健やかにたもち、肌荒れを防いでくれる!
③乾燥によって目立ってしまう年齢肌にハリを潤いを与えてくれる!
④クマや気になるくすみにも!肌にツヤを与えてくれる!
⑤涙袋に潤いを与える事で弾力のあるプルプル涙袋にしてくれる!

目元の印象が若々しくなれば、顔全体も若々しい印象に★

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|ライフラインベーシックモイスチャー

日本ライフ製薬【ライフラインベーシックモイスチャーセラム】¥8690

・保湿
・肌環境を整え健やかに保つ
・グロスファクター配合
・肌本来のハリと弾力、瑞々しさを取り戻す
・キメを整える

この美容液のポイントは?

ヒト卵子幹細胞エキスが配合された、保湿と肌環境を整えてくれる美容液。成長因子であるグロスファクターが細胞に働きかける★

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|美容鍼灸院が開発した美容液

テレビや雑誌で話題の美容鍼灸院が開発したヒト幹細胞培養液配合美容液!
ハリッチプレミアムリッチプラス ¥13000

・行きたい美容鍼灸店NO.1の銀座HARRICHIが開発した美容液
・抗酸化作用のある【フラーレン】肌の保湿を司る【セラミド1.3.6】まで配合
・保水力がバツグンでお肌のプルプルが続く
・水溶性コラーゲン・リンゴ幹細胞エキス・ヒアルロン酸も配合

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

セラミド1は肌のバリア昨日をサポート、セラミド3はシワを防ぐ働きが、セラミド6には保湿環境を整える働きがあり、どれがかけても肌はエイジングを受けてしまいます。
さらに七つの潤い美容成分を贅沢に配合★

公式サイト↓

おすすめヒト幹細胞コスメ|セミオーダーの次世代美容液

DNAの検査結果を100%生かしたスキンケア【レナセル 】¥44600(税抜)

・遺伝子検査付きの人幹細胞培養液美容液!
・定期購入なら検査費は実質無料に!
・遺伝子から自分の肌のマイナス点が分かる!
・自分の肌に合った美容液が作れる!
・肌細胞を活性化する人幹細胞がターンオーバーを促進!
・最高峰のアンチイジング美容液!
・遺伝子検査はとっても簡単!

この美容液がおすすめの人

自分の肌悩みに特化した専用の美容液が欲しい人におすすめ!遺伝子検査付きだから自分の肌だけに合った美容液を作って貰える★

公式サイト↓







★こっちの記事も合わせて読む★
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?







記事執筆にあたり参考にした専門書籍

『化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』著者…久光一誠
1997年、東京理科大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。

『おもしろサイエンス 美肌の化学』著者…福井寛
1972年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1974年広島大学大学院工学研究科修士課程修了。福井技術士事務所代表。受賞歴多数。

『いちばんわかるスキンケアの教科書』著者…高瀬 聡子
皮膚科医。ウォブクリニック 中目黒総院長。
慈恵医科大卒業後、同大に皮膚科医として勤務。2003年に化粧品「アンプルール」を開発。

『美容皮膚科ガイドブック第2版』著者…川田暁
1979年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部皮膚科医員。1988年防衛医科大学校皮膚科講師。1990~1992年カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。1997年帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授。

『化粧品成分検定公式テキスト』編…一般社団法人
化粧品成分検定協会

『スキンケアの化学』著者…田上八朗
1977年 – 1983年、浜松医科大学助教授。1983年- 2003年、東北大学医学部教授。皮膚科領域で多方面の研究を多数国際雑誌に発表し、皮膚科学にインパクトを与えた。

『美肌のために必要なこと』著者…北條元治
株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。

『日本化粧品検定1級対策テキスト』著者…小西 さやか
日本化粧品検定協会R代表理事。

『必要なのはコスメではなくテクニック』著者…長井かおり
ヘアメイクアップアーティスト。

『医者が教える食事法』著者…牧田善二
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です