アンチエイジングの真実!老けない肌になれる!?老化を80%抑える方法はこれ!

“アンチエイジング”と聞くと、どういうイメージを持ちますか?
肌にいい事は何となくわかるけど、具体的には説明できない…。

女性でも多くの人のアンチエイジングの印象はそんな感じです。
でもちゃんと調べて見ると、意味は別にむずかしくありません。

今では髪や洗濯物にまでアンチエイジングという言葉が使われています。
では具体的にアンチエイジングの言葉の意味と美容に対する意味を見てみましょう。



そもそもアンチエイジングの意味とは

アンチエイジングの言葉の意味としては【抗老化】という意味になります。
肌や髪について使う場合は肌や髪の抗老化対策&再生対策になりますが、洗濯物など無機質のものに対しては主に“再生”という意味で使われているのではないかと思います。

つまりは傷んでしまった洗濯物を洗剤の力で“再生”する、という意味が含まれています。
化粧品においては肌を再生、あるいは若々しく保つ、という意味で使われます。

アンチエイジング化粧品とは?


化粧品においてアンチエイジングという言葉を使う場合、ほとんどが【エイジングケア】化粧品として使われ、アンチエイジングとは呼びません。

これは薬事法に則った言い方で、アンチエイジングという言葉は化粧品において、使ってはいけないと薬事法で定められているためです。

なので基本的にはアンチエイジング化粧品、というものはありません。
エイジングケアができる化粧品、が正しい言いまわしになります。

エイジングケアとは、“年齢に合ったお手入れ”であるとメーカーのPR記事に小さく注意書きが記載されています。
これも薬事法で決まっているので、わざわざ小さくこんな文言を乗せているんですね。

私がどこかのメーカーの商品を名指しで紹介する場合にも、薬事法が適用されるので同じ書き方になってしまう、という事でもあります。
では実際に【肌を再生】してくれる化粧品は存在しないのか、と聞かれると答えは“NO”で、実際に肌の再生を促してくれる化粧品は存在します。

ただ、薬事法に則っているからこの化粧品は肌が再生しますよ!とは書けないというだけです。
ここでポイントなのが、実際に肌を再生できる化粧品でも、ただお手入れするだけの化粧品でも、同じく“エイジングケア”化粧品、という文言が使われているという点。

何故そんな事になってしまっているのかというと、エイジングケア化粧品はこうでなければならない、という規定が存在していないからなんです。
では本当に肌が再生する化粧品と、年齢に応じたお手入れだけしか出来ないエイジングケア化粧品はどう見分ければいいのでしょう?

これはもう成分で見分けていくしかありません。
といっても、実際に肌の再生を促してくれる成分は多くありませんので覚えるのは簡単です。

アンチエイジングに繋がる成分と、実際に肌の再生を促す成分の両方が、今のエイジングケア化粧品と呼ばれるものです。
もちろんそのどちらの成分も入っているのが理想的ではあるので、出来ればいくつか覚えてしまった方が化粧品選びの時には効率的です。

では実際にエイジングケアと呼ばれる成分を紹介していきますので、自分が気になった成分名だけは覚えておきましょう!

ハリと弾力をアップしてくれる成分

・ビタミンC誘導体…コラーゲン修復
・ビタミンC誘導体APPSやAPIS…コラーゲン修復
・レチノール…別名ビタミンA。肌のハリアップや肌荒れを防止
・ナイアシン…血行促進でターンオーバー促進
・レスベラトール…ターンオーバー促進
・アロエステロール…コラーゲン分解抑制

ターンオーバーを促進する事で細胞を活性化出来るので、コラーゲンやエラスチンを作っている繊維芽細胞にも働きかけてくれます。

たるみ予防をしてくれる成分

・アスタキサンチン…抗酸化作用
・リコピン…抗酸化作用
・ビタミンE…抗酸化作用
・コウキエキス…抗酸化作用
・プラチナ…抗酸化作用
・ツモツケソウエキス…抗酸化作用
・フラーレン…抗酸化作用

抗酸化作用のある成分は、肌を酸化から守りあらゆるエイジングから肌をケアしてくれます。

抗酸化作用のある化粧品はこれ↓

肌を保湿してくれる成分

・加水分解コラーゲン…保湿と保護膜生成
・ヒト型セラミド…高い保水力
・ヒアルロン酸Na…保湿成分
・アセチルヒアルロン酸…高い保湿成分
・プラセンタエキス…高い保湿成分と血行促進、抗酸化作用

肌の弾力とハリのケアに合わせて保湿の高い成分が配合されている化粧品を選びましょう。
肌の乾燥はエイジングを加速させ、肌をたるませる原因になります。

肌を再生してくれる成分

・ヒト幹細胞培養液…幹細胞を活性化

ヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品は少しお値段は張りますが、肌を根本から再生する事の出来る成分です。
幹細胞を強制的に活性化させる事によってターンオーバーを理想的な周期に近付け、あらゆるエイジングをケアする事が可能です。

コラーゲンやエラスチンを作っている繊維芽細胞も幹細胞なので、ヒト幹細胞培養液によって活性化し、コラーゲン生成を促す事が可能です。


上で紹介した中で、肌の再生を促してくれる成分は【ヒト幹細胞培養液】が配合されている化粧品だけになります。
ただ、もっと細かくいうと、ヒト幹細胞培養液は成長因子であるたんぱく質の事で、成長因子の種類はいくつも存在し、その多くが含まれているのがヒト幹細胞培養液であり、成長因子の中の一つ、あるいは二つだけを配合している、という化粧品もあります。

アンチエイジングにおすすめ成長因子の種類

EGF 上皮成長因子 細胞と成長の増殖の調節に重要な役割
FGF 繊維芽細胞成長因子 真皮層を構成する繊維芽細胞に働き掛け、コラーゲンやエラスチンの組織を整える
HGF 幹細胞成長因子 肌組織の細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、形態形成誘導、血管新生などの組織再生に関わる
PDGF 血小板由来成長因子 損傷を受けた表皮細胞の再生を促進、コラーゲン合成促進に関わる
KGF ケラチン細胞成長因子 ターン―バーを正常な状態に戻し古い角質を除去する働きに関わる
VEGF 血管内皮細胞成長因子 新生血管を形成するための大きな役割に関わる






老化原因を知れば効果的なアンチエイジングができる

アンチエイジングに繋がる成分については大方説明しました。
けどアンチエイジングを効果的に行うには老化原因を知らなければなりません。

というか老化原因を知っていれば高い化粧品に頼らなくても自分でケアする事が可能です。
肌が老化する原因というと難しく感じますが、実はとっても簡単です★

肌が老化する原因はこれだけ!

肌が老化する原因は20%が加齢による衰え、では残り80%が何かと言うと、太陽による太陽光なんです!
太陽光とは【紫外線】【近赤外線】の事で、中でも近赤外線が肌にもたらすダメージは最近の研究により明らかになりました。

これまで、私たち人間は時間の経過と共に肌は衰え老化していくのだと考えていました。
しかし、実際にはそうではなく、太陽の光に当たり続けていたからこそ、肌はダメージを受け続け老化するという事が明らかになりました!

地球上には太陽光が長くあたる場所と、そうではない場所があり、その二か所に住む人の皮膚を調べたところ、老化スピードに大きな違いがある事が分かったのです。
それにより、人間の皮膚は加齢で老化が進むのではなく、太陽光によって顕著な老化現象が起こっている事が発見出来ました。

紫外線にはA派とB派の二種類が地上10%ほど達しており、近赤外線はなんと50%も地上に達しています。
実は近赤外線は皮膚の皮下組織にまで浸透してしまい、筋肉をたるませる原因に!

紫外線B派はメラニンを生成するメラノサイトがある基底層にまで達し、肌を黒く焼いてしまいます。
紫外線A派はコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力を司っている真皮にまで達し、コラーゲンやエラスチンを破壊するだけでなく、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生みだしている繊維芽細胞まで破壊してしまいます!

これら太陽光のダメージは、私たち人間の肌の80%もの老化原因になっていたんです。
そして紫外線や近赤外線は一年を通して降り注いでおり、紫外線が強く感じる時期以外にも地上に沢山降り注いでいます。

夏場に強く感じる紫外線は、主に肌を黒く焼く紫外線B派であり、A派や近赤外線は一年中同じ様に地上に降り注いでいるのでUVケアは実は一年を通して行わなければなりません。
夏場だけ日焼け止めなどでUVケアを行っても、肌が黒くならないだけで塗っていない間中、肌を老化させる太陽光は降り注いでいるんです!

さらに日焼け止めによっては紫外線A・B派だけはカット出来ても近赤外線まではカット出来ないものもあります。
日焼け止めを選ぶ時は、A・B・近赤外線・大気汚染までカット出来るものが一番望ましいです。

というのも排気ガスなどによる大気汚染も肌にダメージを与えているからなんです。
この三つをしっかりカット出来る日焼け止めはこちらがおすすめ。

ナチュラグラッセ【UVプロテクションベース】30ml ¥3200(税抜)
商品ページ→ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

何故ナチュラグラッセにおいて不動の人気を誇っているのか、その理由を徹底的に探ってみました!
まずUVプロテクションベースは紫外線吸収剤は使われていません!

配合されているのは紫外線散乱剤のみ!
実は紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めがハワイで使用禁止になったって知ってましたか?

詳しい事は分かりませんが、もしかしたら紫外線吸収剤の危険性を考慮しているのかもしれません。
紫外線吸収剤は肌に塗るととても見た目が良く使い心地に優れてはいるのですが、肌に合わない人も結構いて、肌トラブルを引き起こしてしまう人もいるんです。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱に変換して肌の外に放出するという機能があるのですが、熱に変換する際に化学反応が起きています。
化学反応を起こしている時に、肌に刺激を感じる人もいるとか。

さらに紫外線吸収剤はアレルギーを引き起こしてしまう場合もあるそうです。
ナチュラグラッセが採用する肌に優しい紫外線反射材は【酸化チタン】を使用しています。

酸化チタンは危険!という煽りブログもある様ですが日焼け止めとして使う分には特に問題はありません。
肌への刺激も少ないので敏感肌の人にもおすすめです。

ただ、紫外線散乱剤は効果が薄いとも言われています。
しかしナチュラグラッセのUVプロテクションベースはカット率がかなり高いのが特徴。

光ダメージの種類 カット率
紫外線カット SPA50+ PA+++
ブルーライトカット 97.2%カット
近赤外線カット 92.9%カット


SPAとは肌が日に当たりだした15~20分で肌が焼け始めるのに対し、何分肌が焼けるのを遅らせる事が出来るかを示しています。

SPA20なら日焼けにかかる時間を二倍にできるという意味なので、15~20分×2=日焼けまでにかかる時間となる訳です。

ナチュラグラッセのUVプロテクションベースはSPA50+なので5倍以上日焼けまでにかかる時間を延ばせるという訳です。
ちなみにSPAは紫外線B波に対しての効果ですが、PAは紫外線A波に対する効果になります。

*PAとは紫外線A波の防止効果を示す数値です。

PA+ 効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++++ 極めて高い効果がある

 

ナチュラグラッセの日焼け止め、UVプロテクションベースはPA+++なので非常に効果があるという訳です。
実際炎天下に長時間いる訳ではないので、PA++くらいあれば事足りるらしいですよ。

公式サイト↓

アンチエイジングで重要なのは2つ!!

アンチエイジングで重要な1つ目は、上で説明したとおり、一年中UVケアを行う事と、あともう一つ。
保湿ケアをしっかり行う事です!

アンチエイジングには保湿ケアが重要!

一番上のイラストが簡単な肌の構造です。
肌の構造の一番上の角質層は、死んだ細胞の層で出来ており、死んだ細胞が重なって出来た角質層の隙間には、水分と脂分であるセラミドの層が出来ています。

肌の薄皮だけが切れたり取れたりしても痛みを感じないのは、死んだ細胞の層で出来た角質層が取れているだけだからなんです。
死んだ細胞には神経が通っていないので痛みはありません。

髪や爪も死んだ細胞で出来ているので切っても痛くないのと一緒ですね。
そして角質層にはバリア機能が存在しています。

死んだ細胞である角質細胞の隙間にある水分と油分であるセラミドが、様々な菌や水滴、有害な太陽光の侵入を阻んでくれているんですが!
実はここが乾燥してしまうと干からびた大地の様にカラカラになる事によって、細胞間に隙間が出来てしまい太陽光などのエイジングの元となるダメージが肌の奥に侵入しやすくなってしまうんです!

紫外線により基底層を破壊されてしまうと、致命的なシワが出来てしまいます。
そうならない為には、肌をしっかりと保湿しバリア機能を向上させる必要があります。

角質細胞の隙間にある水とセラミドはキレイに層になっています。
水分は体の中からどんどん補填されていきますが、セラミドはターンオーバーの過程で作られます。

加齢とともに肌が乾燥する原因は、実はターンオーバーの遅れが原因なんです!
ターンオーバーとは基底層で生まれた細胞が最終的に死んで角質細胞となり、アカとして肌から剥がれおちるまでの一連の働きの事で、理想的な周期は28日間とされています。

このターンオーバーが理想的に働いていると、メラニンによって黒くなったりシミになってしまった肌も最終的に角質細胞となり肌の外に剥がれおちてなくなってくれるのですが、加齢と共にターンオーバーが遅れていくと、古い細胞がいつまでも肌に残ってしまい、何だかくすんでゴワゴワとした肌になってしまうんです。

それどころかターンオーバーと共に作られるセラミドの量も減ってしまう為、肌は徐々に保湿されなくなってしまいます。
水分は水分単体では肌に留まっている事が出来ません。

油分であるセラミドが水分を抱え込み閉じ込めているからこそ、肌は保湿され柔らかく動かす事が出来るんです。
つまり、肌をしっかり保湿しようとするなら、水分と油分、両方を補填する事が必要です。

セラミドが配合されている化粧水やクリームが中でもおすすめです。
天然のヒト型セラミドなら、肌に馴染みやすくしっかりと肌の水分を抱え込んでくれます。

アンチエイジングを行うには、まずこの保湿をしっかり行わなければいけません。
いくら肌の再生を促しても、肌が保湿されていなければエイジングは加速の一途をたどってしまいます。







アンチエイジング化粧品と呼べるのは2種類だけ

肌の再生に繋がるアンチエイジング化粧品として紹介できるものは、ヒト幹細胞培養液や成長因子が配合されている化粧品とコラーゲン生成を促してくれる化粧品だけです。
その中でも私がおすすめするヒト幹細胞培養液が配合されている、エイジングケア化粧品をいくつか紹介します!

まずはターンオーバーを促進し、若々しい肌を取り戻す手伝いをしてくれるヒト幹細胞培養液が配合された化粧品!
次にコラーゲン生成を手助けし、真皮層から肌のハリと弾力をケアしてくれる化粧品を紹介します★

ヒト幹細胞化粧品|ディアガイア

ディアガイア【ナイトリペアエッセンス】¥12,000(税抜)
公式サイト→【DEAGAIA ナイトリペアエッセンス】

美容液がフリーズドライになってる
・使う度に新鮮なヒト幹細胞を摂取する事が出来る
・目的の部位に必要な量、必要な時間送り込むナノカプセル【DDS】搭載
・完全無添加
・【エイジングケア】【透明感】【保湿】ケアが出来る
・プラセンタエキスやグリコシルセラミド、高品質コラーゲン、エラスチン配合
・肌の透明感を上げてくれる【ビタミンC誘導体】も配合

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

ビタミンC誘導体は抗酸化作用やニキビによる色素沈着の防止、メラニン抑制など美白に優れた働きもある成分です★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|トップ美容鍼灸院が開発した美容液

テレビや雑誌で話題の美容鍼灸院が開発したヒト幹細胞培養液配合美容液!
ハリッチプレミアムリッチプラス ¥13000

・行きたい美容鍼灸店NO.1の銀座HARRICHIが開発した美容液
・抗酸化作用のある【フラーレン】肌の保湿を司る【セラミド1.3.6】まで配合
・保水力がバツグンでお肌のプルプルが続く
・水溶性コラーゲン・リンゴ幹細胞エキス・ヒアルロン酸も配合

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

セラミド1は肌のバリア昨日をサポート、セラミド3はシワを防ぐ働きが、セラミド6には保湿環境を整える働きがあり、どれがかけても肌はエイジングを受けてしまいます。
さらに七つの潤い美容成分を贅沢に配合★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|目もと専用の美容液

ヒト幹細胞培養液が配合された目元ケア専用の美容液!
ココクリスタ【アイセラム】通常価格¥12600

目元のシミ・シワ・乾燥に徹底アプローチ★
美肌のための優れた美容成分がふんだんに配合された贅沢なアイ美容液です。

目元をケアするアイセラムの嬉しい6つのPOINT★

①気になる眉間のシワ、毛穴にもアプローチ!肌を引き締めてキメを整えてくれる!
②敏感な目元の皮膚を健やかにたもち、肌荒れを防いでくれる!
③乾燥によって目立ってしまう年齢肌にハリを潤いを与えてくれる!
④クマや気になるくすみにも!肌にツヤを与えてくれる!
⑤涙袋に潤いを与える事で弾力のあるプルプル涙袋にしてくれる!

目元の印象が若々しくなれば、顔全体も若々しい印象に★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|プチプラ美容クリームHAS

HASモイストクリーム ¥4700(税抜)
HASとはヒト幹細胞培養液をさらに浸透しやすい状態にしたもの★

・ヒト幹細胞培養液配合だけどリーズナブル!
・肌の再生を促してくれる保湿クリーム!
・βグルカンが幹細胞の浸透力をアップ!
・保湿成分もしっかり配合!
・肌にハリとうるおいを与えてくれる!

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

次世代アンチエイジング成分であるヒト幹細胞培養液がさらに浸透しやすくなった保湿クリーム!肌の再生を図りたい人におすすめのアンチエイジング保湿クリーム★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|HASモイストエッセンス

スパトリートメントHASモイストエッセンス ¥5400
HASシリーズの中でもヒト幹細胞培養液が最大配合されているエッセンス★

・一つ上でも紹介したHASの美容液バージョン
・HASとは、ヒト幹細胞培養液を肌に浸透しやすくしたもの
・肌のハリアップ、水分保持にすぐれた【βグルカン】も配合
・ヒト幹細胞培養液が大量配合

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

一時的なケアではなく、肌そのものの働きを助け補う事で肌そのものの質を向上させる美容液★

公式サイト↓

ヒト幹細胞コスメ|ハニプラ美容液


ファーストフレンズ【ハニープラセンタ美容液】¥7900

・プラセンタによるハリ・ツヤ
・肌にプルプル感
・まだら肌をケア
・高い保湿力

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

馬プラセンタとローヤルゼリーの贅沢配合で高い保湿力のある美容液。まだら肌のケアにおすすめ★

公式サイト↓

ヒト幹細胞化粧品|レナセル

DNAの検査結果を100%生かしたスキンケア【レナセル 】¥44600(税抜)

・遺伝子検査付きの人幹細胞培養液美容液!
・定期購入なら検査費は実質無料に!
・遺伝子から自分の肌のマイナス点が分かる!
・自分の肌に合った美容液が作れる!
・肌細胞を活性化する人幹細胞がターンオーバーを促進!
・最高峰のアンチイジング美容液!
・遺伝子検査はとっても簡単!

このヒト幹細胞培養液化粧品のポイント

自分の肌悩みに特化した専用の美容液が欲しい人におすすめ!遺伝子検査付きだから自分の肌だけに合った美容液を作って貰える★

公式サイト↓

コラーゲン生成を手助け!プラチナVC

APIS配合プラチナVCスターターセット ¥1800(送料無料)
シーボディが誇るAPIS配合のプラチナVCのスターターセットです!

●セット内容●
化粧水7包 美容液5ml クリーム7包 一週間分

・厳選された美容成分が20代の肌を取り戻す!
・過去・現在・未来のシミへ徹底アプロ―チ!
・浸透型ビタミンC誘導体が美白ケアとコラーゲン生成を促す!
・抗酸化作用のあるプラチナがお肌を錆びから守る!
・くすみをケアして透明感のある肌へ!
・ヒト型セラミド5が肌を保湿!

この化粧品がおすすめの人は?

肌荒れが気になる・美白ケア・アンチエイジングもしたい人におすすめのトライアルセットです★

公式サイト↓

コラーゲンを束ねて弾力アップ!ファンケルエンリッチ


公式サイト→無添加エンリッチ ハリ肌1ヵ月実感キット
ファンケルが発見した適応型コラーゲンαの働きである、コラーゲンを束ねて引き締める効果を体感できるスターターセット!

・1500円で一ヶ月分試せるお買い得セット
・コラーゲンの鮮度をキープする働きのある【月見草エキス】も配合
・とにかく肌に弾力を与える事を考えられた化粧品

この化粧品のポイントは?

適応型コラーゲンαによってコラーゲンをぎゅっと束ねる事で、肌の弾力をアップする事が可能!
もっちり肌とキメの整った肌に★

公式サイト↓

コラーゲンを守り育む!バランシングゲル

オールインワンゲルなら【バランシングゲル】¥5400
セラミドも配合されたオールインワン化粧品★

・セラミドで角質層をうるおしハリのある肌を実現!
・配合されているプロテオグリガンによってコラーゲン生成をサポート!
・コラーゲンを守る成分やコラーゲンを育てる成分も贅沢に配合!
・肌のバリア機能をサポート!
・濃厚で浸透性と持続性に優れたゲルタイプのオールインワン!

このオールインワン化粧品のポイント

浸透性と持続性にすぐれたオールインワンゲル!肌のバリア機能をサポートしてくれる!植物成分が多く配合されていてべた付かない★

公式サイト↓

コラーゲン生産率170%アップ!?ディセンシア

ディセンシア【アヤナス】トライアルセット¥980(税込)
ポーラ・オルビスグループから生まれたブランド【ディセンシア】★

セット内容
ローション20ml エッセンス10ml クリーム9g リンクルO/L 1回分 アイクリーム1回分
10日間分 送料無料 初回限定

・リピート率は脅威の93%!!
・乾燥肌や敏感肌でも使える肌に優しい低刺激!
・30代・40代のストレスを感じやすい肌をケア!
・肌のバリア機能を高めエイジングに負けない肌へ!
・セラミドナノスフィアが肌のすみずみまで保湿!
・アットコスメの口コミランキング【第1位】!

敏感肌・乾燥肌にも使いやすい肌の保湿を高めバリア機能をケアしてくれる保湿に優れたトライアルセット!

公式サイト↓

レチノール配合の無添加美容液!

不安定なレチノールをマイクロカプセルの内包する事でしっかり肌に届けてくれる★
スパトリートメント【ビタスパACEカプセル 通常価格¥9000

・レチノール(ビタミンA)がシワやたるみをケア
・ビタミンCやビタミンEもマイクロカプセルに配合
・肌にしっかり成分を届る
・ビタミンEには抗酸化作用があり肌荒れケアにも
・8時間後に違いを実感

この美容液のポイントは?

レチノール(ビタミンA)をスポンジ超微粒子マイクロカプセルにしみ込ませ、継続的に肌に働きかける★

公式サイト↓


★こっちの記事も合わせて読む★
アンチエイジングはヒト幹細胞が配合された化粧品を使うしかない!おすすめ化粧水
肌の構造を知ろう|保湿を司る肌の働きと肌のバリア機能について詳しく解説!
肌の構造|ターンオーバーと美肌の関係を知って効率的なスキンケアをしよう!
紫外線ケアにおすすめなスキンケア方法は?光老化を知ってアンチエイジング!
肌の構造|なぜ肌は日焼けするのか?シミとくすみの原因はターンオーバーの遅れ?







記事執筆にあたり参考にした専門書籍

『化粧品成分表示のかんたん読み方手帳』著者…久光一誠
1997年、東京理科大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。

『おもしろサイエンス 美肌の化学』著者…福井寛
1972年広島大学工学部醗酵工学科卒業。1974年広島大学大学院工学研究科修士課程修了。福井技術士事務所代表。受賞歴多数。

『いちばんわかるスキンケアの教科書』著者…高瀬 聡子
皮膚科医。ウォブクリニック 中目黒総院長。
慈恵医科大卒業後、同大に皮膚科医として勤務。2003年に化粧品「アンプルール」を開発。

『美容皮膚科ガイドブック第2版』著者…川田暁
1979年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部皮膚科医員。1988年防衛医科大学校皮膚科講師。1990~1992年カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員。1997年帝京大学医学部附属市原病院皮膚科助教授。

『化粧品成分検定公式テキスト』編…一般社団法人
化粧品成分検定協会

『スキンケアの化学』著者…田上八朗
1977年 – 1983年、浜松医科大学助教授。1983年- 2003年、東北大学医学部教授。皮膚科領域で多方面の研究を多数国際雑誌に発表し、皮膚科学にインパクトを与えた。

『美肌のために必要なこと』著者…北條元治
株式会社セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問、東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。

『日本化粧品検定1級対策テキスト』著者…小西 さやか
日本化粧品検定協会R代表理事。

『必要なのはコスメではなくテクニック』著者…長井かおり
ヘアメイクアップアーティスト。

『医者が教える食事法』著者…牧田善二
AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です